■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べるぜバブが新連載で始まりました。

読みきりのときは、微妙に面白いかなという程度だったのですが

連載に入り、結構面白いかなという印象に変わりました。

中身の何が変わったのかということは分からないのですが・・・


来週は2つ目のバスケ漫画です。

黒子はどれだけ期待されていなかったのだ、と思わざるを得ない連載ですが

中身を見てみない限りまだなんとも言えません。


■■■べるぜバブ■■■

新連載第1弾です。

ちょっと前にジャンプ誌上でやっていた金未来杯の受賞作です。

読みきりの頃は、正直消去法でこの作品が良く見えていたという感が否めなかったのですが・・・

この連載は中々面白そうです。


読みきりの頃と何が変わったのかは分かりませんが

面白くなっている気がします。

何となくですけど・・・


物語は、最強のヤンキーが赤ん坊を拾うところから始まります。

拾った赤ん坊はどうも時期魔王だそうで、人間を滅ぼすために現魔王が送り込んできたようです。

べるぜ連載開始

その魔王に最強のヤンキーが気に入られ、ヤンキーが赤ん坊(魔王)を育てることになるようです。


この魔王ですが

泣くと周囲に激しい電撃を放ちまくるという非常に迷惑な体質ですが

それを抑えられるのが最強のヤンキーだという設定です。


今後どのようになっていくかは分かりませんが

とりあえず今後に期待したい作品です。


■■■魔人探偵脳噛ネウロ■■■

もりあがってきました!

今週は弥子とイレブンの対決が描かれています。

弥子は 

サイ自我思い出す
・・・思い出した

イレブンは元々サイであり、サイはアイと一心同体であったことを思い出させることに成功します。


これが成功したということは・・・

自分の半身のアイを殺されたということ、そしてアイを殺したのはシックスである

ということを思い出させたということなのです。


今週の最後では弥子及びネウロの死亡フラグが立っていますが

これは魔人をも、親であるシックスをも欺くイレブンの罠であると思われます。

見えましたよ、エンディングが・・・


■■■トリコ■■■

ヤバめのGTロボがトリコ達に近づいてきました。

GTロボ強し

トリコが苦戦した、捕獲レベル30の怪鳥ルバンダを瞬殺したようです。


なお、このGTロボですが・・・

先々週あたりで、見たことのある動きをしていました。

砂浜GT

覚えている人は覚えていると思いますが

このクセ(?)は、フグ鯨のときにトリコとココがお世話になったあのGTロボのクセと同じです。
参考記事:2008年度43号ジャンプ感想 今後の打ち切りの流れについて

ただ、毛並みが少々違うのが気になりますが

その点は、使っているGTロボが新型であるということが予想されます。

つまりフグ鯨の時のGTロボと、中の人が同じであると考えられるわけですよ。

こいつぁヤバいっす!


■■■黒子のバスケ■■■

キセキの世代、一人目の黄瀬を撃破しました。

寂しげ黒子

超喜んでいる火神とは対照的に、寂しげな表情の黒子が印象的でした。

寂しげな理由は・・・よく分かりません。


そしてもう1人キセキの世代が出てきました。

1人目が

2人目は間でした。

で、シックスマンは子。

カラーレンジャイ決定ですね。


■■■バクマン。■■■

コンビ解散してしまいました。

しかしサイコーはシュージンに対して

「仕事場の鍵は持ってて良い」

などと言ったり、未練たらたらなようです。

サイコ迷う
どうしたらいいのかまだわかりません

そこを名士、服部さんが攻めるようです。

1.サイコーにキャラ設定+絵の完成度を高めさせる

2.シュージンにトリックやその他細かい設定をやらせる

3.双方に対して、「組んで欲しい相手が居るんだ」と持ちかける

4.ウホ


ほぼ間違いなくこの流れだと思います。


■■■ToLOVEる■■■

バレンタインの話ですが

メインヒロインであるはずのララと春菜の話は特に描かれずに終ってしまいそうです。

ララは難なく渡せることは予想がつくのですが

春菜はもう少しこう・・・見ていて楽しい葛藤を描けたのではないかとも思ってしまいます。


しかしその代わり唯の葛藤が描かれていてオッケーイ!

唯も渡すときは意外なほどすんなりと渡していましたが、その後の展開がでした。

唯テラツンデレ
また余計なこと言っちゃった・・・
もう・・・私どうしてこうなの!!


天才的なツンデレです。

・・・で

ここで先週号でも自分が言っていたように

某ハヤテのヒナギクと、被る点がある気がするのです。
参考記事:唯がヒナギクトレス疑惑? 2009年12号ジャンプ感想


再びトレス疑惑
はっ!!だめよヒナギク!!
そんな冷たい態度をとるから嫌ってるって思われるんじゃない!!


天才的なツンデレです。


ここで注目したいのは・・・

二人とも自分のツンデレをあまり理解しておらず、その破壊力に自覚がないという点です。

全く狙わずに素でツンデレしている二人に乾杯。


やはり唯とヒナギクは似ている点が非常に多いです。

作者様達が、同系列のマンガ家としてお互いの漫画を読んでおり

すくなからず影響を受ける点があるということでしょうか。


■■■■■■■

最近ぼっけさんが下の方を這っています。

そして、とらぶるが最下位に定着してしまいました。

とらぶるはコミックは売れており

そしてネット上では一番ブログのテーマにされている作品だと思われるのですが
(特に調査はしていませんが・・・)

果たしてジャンプはこれを打ち切ってしまうのでしょうか。

まあ、個人的にはそろそろ物語の結末を見たいという気持ちもあります。


今現在、個人的にOUTが近いと予想しているものは

・ぼっけさん(うちきり)

・アイシールド21(円満終了)

・ネウロ(円満終了)

・とらぶる(円満終了)


特にネウロはこのまま行くと、あと2~3週でシックスを倒すのではないかと予想されますので

まさに物語の終わりが近いという感じです。



トラックバック先:
さりげなくが一番難しい To LOVEる -とらぶる- トラブル137 「甘い気持ちはチョコの味」タカヒナの日常境界線
トラブル137 古手川の「くぱぁ…」に唖然…!To LOVEるな美少女達のバレンタインデー!To LOVEる -とらぶる- 考察

参考記事:
唯がヒナギクトレス疑惑? 2009年12号ジャンプ感想
2009年11号ジャンプ 打ち切り及びIN情報のみ
2009年10号ジャンプ感想 止まったお二人でヤッていただきまぁす


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。