■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神がまた・・・

衝撃的な事実を告げてきました。

87 : ◆EizHb38XPU :2009/02/02(月) 01:17:23 ID:6/AIC2FY0
小ネタ
・11 アスクレout
 その上3つ まいすた、ネウロ、ぬらり
・12巻頭OP C黒子、読切松雪ヨウ

in情報まだナシ



アスクレピオス、遂に無念のリタイアだそうです。

そしてマイスターが後ろから2番目ということで、おそらくこのまま行くと・・・

新連載陣の中では最初の離脱となるのではないかと予想されます。

他の2つは、とりあえずサバイバルレースからは少しはなれたところに居るようです。


今現在、outである流れのものはかなり多い気がします。

個人的に終り臭がするものを挙げてみると・・・

・アスクレピオス(11号で打ち切りほぼ確定)

・マイスター(今回の試合後に打ち切りと勝手に予想)

・ネウロ(シックスの話が終ったら円満終了)

・アイシールド21(アメリカ戦が終ったら円満終了)

他にも一般的に打ち切りが怪しいといわれているものは

・ぬらり

・サイレン

・とらぶる

などがありますが、これらはまだしぶとく生き残ってくれるのではないかと思います。


■■■トリコ■■■

ココが表紙+最初に出てきました。

表紙にはグルメ四天王が全員載っており、まだ出てきていないもう1人の出現フラグと思われます。


先週はサニーと小松さんが出てきました。

今週はトリコとリンの話です。

ソロでGTロボを見つけていたテリーは一体どうなっているのでしょうか・・・


さて、超危険区に飛ばされモンスターに囲まれていたトリコとリンですが

トリコがバトフレを浴びての威嚇を行いました。

トリコヤバイ

うっわ!鬼だ・・・

確かトロルコングのあたりでも同じような描写がありました。

どうもコレがトリコの本性のようです。

いずれにせよトリコは物凄い潜在能力を持っているということがこのスタンドからも分かります。


■■■PSYREN■■■

うう・・・ 雨宮ァァ・・・
朝からなんてハレンチな格好してるんだァい


この寝言を聞いていた雨宮が物凄く可愛い件。


さて、連載順が随分と前のほうに来ました。

これはやはり・・・

影虎イカス
慣れねェ事はするもんじゃねえな

影虎さんのカッコよさの賜物ですかね!

今週号だけでもホレそうになりましたよ。

自分は良いのかいこんなに簡単にホイホイフォイフォイ漢にホレちまってノンケ以下略


そして・・・

書き換えられた未来。

セフィロト”ゲブラー”を弥勒が使っていたので

前にアゲハたちが見ていたDVDにも弥勒が登場しているとは思うのですが・・・

登場人物たちが変わっているのでしょうか。

1人もヴェールをかぶっていません。

ただ、グラサンをかけている奴はアホ毛の具合からして弥勒であるように思われます。


■■■アイシールド21■■■

速攻でアメリカ戦に突入しそうな勢いの世界戦です。

これは来週か再来週にはアメリカ戦突入と見て間違いないでしょう。


さて・・・

ジャンプ作品の登場人物の年齢についてはツッコんではいけないというのが暗黙の了解ですが

ちょっとこれは我慢ならないので、ツッコみをさせてください。

18歳・・・
世界最強のラインマン 通称Mr,ドン・・・!!

この、ワンピの色々な登場人物を彷彿とさせる男ですが・・・

今週号を見る限り、どうも18歳のようです。

もうね・・・


■■■魔人探偵脳噛ネウロ■■■

シックスの力が遂に描かれました。

最も硬く、最も軟らかく、最も強い金属と・・・
数万人を実験台に完成した強化細胞とのハイブリッド


万全のネウロですら手こずるパワーのようです。

もう死亡フラグしか見えません・・・


しかし、意外な事実が判明しました。

意外な事実
あの娘は・・・
我が輩の魔力を回復する体質の持ち主なのだ


弥子はどうも、身体にダメージを受けることで魔力を放出するようです。

一体どんな人間なのかと。

まあ、これはネウロの嘘である可能性も否定できませんが

いずれにせよ特殊な人間であることは間違いなさそうです。


■■■黒子のバスケ■■■

婦女子に大人気を誇ると、既に各所で謳われているこの作品ですが

ヘタレ攻め?

これは黒子強気ヘタレ攻めの火神ツンデレ受けってところですかね!

まあ、自分で言っていて意味が良く分からないわけですが・・・


いずれにせよ個人的には面白く読んでます。

主要登場人物意外をミスディレクション並に薄めているのは

どうも作者が意図してのことであるということが少しずつ分かってきました。


きちんと設けられた設定の中で、話を広げていく。

JOJOやハンターなどの展開と共通するところがあるように思えます。


■■■めだかボックス■■■

原作が西尾維新先生の読みきりです。

西尾先生は所謂ラノベの作者であり、有名なところでは戯言シリーズなどがありますが

一般の方はおそらく知らないですよね・・・

というか、自分もそれくらいしか知りません。


さてこの作品ですが

良くも悪くもラノベのような雰囲気に仕上がっています。

まず、完全無欠・容姿端麗のヒロイン。

現実に居たら確実に避けたくなるような、某ハルヒのようなキャラです。

そして、幼馴染のごく普通の一般人の主人公。

まさに普通であり某キョンのようなキャラに見えます。

ラノベはハルヒくらいしか読んだことが無いのは内緒です。


そして激しく匂い立つラブ臭。

めだかボックス
ありがとう善吉

これ・・・ぱふぱふじゃね・・・?


個人的には連載も読んでみたいのですが、流石に厳しいですかね・・・

多くのファンが居るラノベのほうの本業をおろそかには出来ないでしょう。


■■■ToLOVEる■■■

随分とあざとい1話でした。

犬によるしっぽのヒャクレツ舐めやら、タオル越しのチクビやら、ミニスカ警察やら・・・

まさにやりたい放題でした。


そして極めつけはこちら。

最初見えたもの
おおっスペシャルイベント発生だー!!
同じマスに止まったお二人でヤッていただきまぁす


お二人でヤッていただきまぁす

なん・・・だと・・・?

一体少年誌で何をヤるというのか!

まあ、上の画像は少々いじくったもので

基の画像はこちら。

正確には
おおっスペシャルイベント発生だー!!
今回の指令は同じマスに止まったお二人でヤッていただきまぁす


「今回の指令は」という文章を削除していました。

いずれにせよ

ヤるというカタカナ表記は卑猥すぎませんか?


■■■■■■■

さて、ちょっと長くなってしまいました。

とにかくアスクレの打ち切り予告の件が衝撃的だったかと思います。


マイスターはまたやってしまった気がしました。

「このクソがあああ!!」

これも全くついていけないセリフでした。

また、作者がサッカーをほとんど知らないのではないかと思わせる描写が多いのも

この作品のツッコみどころかと思われます。

手、出すぎです・・・


バクマンは相変わらず面白いです。

エイジが随分と良い味を出しています。


そしてぼっけさんにもラブ臭キタァ!



参考記事:
2009年9号ジャンプ感想 っていうかドラゴンボール映画は無いッス
2009年8号ジャンプ感想 アイシールド21で「死」を見た
2009年6・7号ジャンプ感想 うはwwwリング破壊wwwおkwww


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

イクシャー
IXR | URL | 2009/07/24/Fri 19:20 [編集]
■IXR氏
ボグシャー(゚ロ゚;)
さぎん | URL | 2009/07/24/Fri 22:32 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。