■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

超ギリギリ(場所によっては既にアウト)ですが、今週は何とか更新できました。


掲載順の最下位を爆走していたバリハケンが、ついに終わりを迎えました。

なんだかんだ言って、これまでで随分と楽しませてくれたように思います。


最近多くのマンガで主要キャラが死亡していっている気がするのですが

ジャンプ自体が死なないかどうかが心配です。


今回は、個人的に好きなサイレンについての考察を盛り込んでみました。


■■■■■■■

バクマン。

赤マルジャンプでの対決はちょっと予想外でしたが

物語は大体予想通りの方向に向かっていくようです。

エイジに勝利?
面白いな・・・ 僕たちのはネームから何百回って読んでるから面白いのかどうかもうわからない
いや、俺達の方が面白いよ


赤マルで直接対決して、新妻エイジにわずかながらの差で負ける。

そしてサイコーたちの作品が新妻エイジの目にとまり、彼の嫌いな作品となる。

サイコーたちと新妻エイジがジャンプで共に連載を始め

新妻エイジの言う「気に入らない連載を一つ終らせる権利」という伏線に入っていくわけですね。


■■■■■■■

トリコ

これまではまだバトル漫画とは言いきれない感じの流れだったトリコですが

トリコがついにバトル化

ついに完全にバトル漫画化したと言える描写が出てきました。

まさか、これほどまで某テニスマンガと重なるコマが出てくるとは・・・


そういえばリーガルマンモスを完全に忘れている気がするのですが

一体いつ出てくるのでしょうか。


■■■■■■■

アイシールド21

これはもう、終るどころの話じゃないですね。

しかしこの現状以上にインフレが起こるとしたら、今度はもう・・・

セナがムキムキになることくらいしか思いつきません。


日本選抜の話なのですが、予想通り一瞬でバイオレンスが登場しました。

進が最強

そしてそのバイオレンスを1人で止める進さん。

峨王と阿含の攻撃を、両方とも片手で止める進さん。

そういえば、泥門が数人掛かりで止めに行って結局止めることができなかった大和を

なんと1人で止めているという進さん。


もう、進さんが最強選手で良いような気がしてきました。


■■■■■■■

PSYREN-サイレン-

ついにネメシスQとアゲハが接触しました。

未だに謎だらけのネメシスQですが、今回はその正体について少々考察してみます。


1.ネメシスQはPSIエネルギーの塊である
 →ネメシスQを作った人物は、相当なPSI使いであると考えられる。

2.ネメシスQはワイズの計画を阻止しようとしている
 →ネメシスQを作った人物は、ワイズに真っ向から対立しようとしている。

3.ネメシスQを作った人物は、その肉体が時空転移に耐えることが出来ない
 →ネメシスQを作った人物は、心臓等の障害もしくは老体等であることが考えられる。

4.ネメシスQを作った人物は、その声がどうも女であるらしい


自分が重要だと思う点は、以上の4点です。

そして今現在で、これらの条件に当てはまりそうな人物といえば・・・

ネメシスQの正体は・・・
・・・どうすれば・・・
どうすればあの悪夢を回避できるんじゃ・・・?


天樹院エルモアではないだろうか?

と、考えたのですが・・・

残念ながら大きな穴がありました。


5.ネメシスQは世界の崩壊の10年後に作られた
 →エルモアは世界の崩壊の前に死亡している(らしい)。


つまりネメシスQが作られた(と思われる)時代には、エルモアは生きては居ない(と思われる)。

これを覆すためには、(と思われる)という仮定が誤りであったという事実が出てくるか

もしくはエルモアのヴィジョンズが、何年後の世界で起こったことであるかが分かるものであるか。

このようなことが必要となります。


結局ネメシスQの正体は分かりませんでしたが、エルモアの能力だという線が濃厚な気がします。


■■■■■■■

いぬまるだしっ

バクマンのパロ
幼稚園は面白ければいいんだ
面白いからかよう 当たり前だ



ここでまさかのバクマンパロ。


■■■■■■■

HUNTER×HUNTER

モラウ死亡フラグ
じゃあな
今のこいつなら、殺られてもいいか・・・って思っちまってる


モラウに死亡フラグがビンビンですが・・・

ちょっと前に復活したノヴによって助けられる、と予想してみます。


■■■■■■■

バリハケン

数々の伝説を残してきたバリハケンが・・・ついに終わりを迎えました。

9割の人の予想通り、団吾がヲタバレして

ヤンキーとヲタが仲良くなって、すっきりとした終り方をしました。

ヤンキーがオタク化
コラァ 御宅田テメェきたねぇぞ フフフ火讐殿勝負に綺麗も汚いもないですぞ
アイテムいただきぃ みんなケンカはやめてよぉ


まあ、この最後のコマを見る限りでは・・・

ヤンキーたちがオタク化しただけにしか見えません。

良く見ると、覇権組の看板に「萌え」という単語がくっ付いています。


■■■■■■■

さて・・・

新連載が3つ、次号予告に載りました。

ムヒョロジの西先生には期待しているのですが

残り2つのスポーツマンガ、特に黒子のバスケは・・・

絵を見る限り全く期待できないように思われます。


しかしそれでも期待してしまうのは・・・

未だにジャンプを離れられない人間の悲しい性ってやつでしょうか。



参考記事:
2008年度50号ジャンプ感想 冷静と情熱の笛吹
2008年度49号ジャンプ感想 3つの物語の終焉
2008年度48号ジャンプ感想 バクマンの岩瀬が可愛い件
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

またバスケか・・・と思うと同時に、ジャンプでサッカーは新鮮だなとも思いました。

最近のジャンプのスポーツマンガは、この前のバスケや、キックボクシング、ハンドボールなど本筋に行く前のグダグダが長く、その間に打ち切られる傾向があるので自分も期待してます、どういう話でくるのかを。

アイシールドもやっとジャンプのバトル漫画っぽくなってきましたね。
上がデビルバットダイブ、横は何か分身するやつ、後ろにも戻れるので残るは下に潜るのかな~とか思ってます。

イトケン | URL | 2008/11/30/Sun 22:42 [編集]
■イトケンさん
バスケは確かに・・・ この前打ち切られたばかりですからね(゚ロ゚;)
サッカーはホイッスルと、あとはリベロの武田くらいしか思いつきません。
最近のジャンプのスポーツ漫画はあまり続く気がしないのは何故なのでしょう・・・

アイシールドは確かにバトル漫画になる予感がします。
峨王と阿含がメインで出てくる時点で既にバトルの予感だらけですしw
さぎん | URL | 2008/12/01/Mon 00:04 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...