■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回HUNTER×HUNTERが連載したのは、14号~24号の10話でした(22・23号は合併号)。

期間にして、11週間=77日。

で、今回連載が再開されるのは45号からとなります。

休載したのはというと、25号~44号の18話分です(37・38号は合併号)。

期間にして19週間=133日。


なんだ、結構連載されているじゃないかという感想を抱きました。


週休2日制の会社で祝日に休みを取らないとすると、年間の休日は105日程度。

休日に休みを取ると、年間の休日は123日程度。

つまり、3日に1日程度休みが取れるということです。


それと冨樫を比較してみると、労働日数が77日に対して休日が133日ということは

つまり、3日に2日程度休みが取れるということです。

なるほど・・・

冨樫は一般企業に勤めているサラリーマンの2倍くらい休んでいる程度ということです。


さて

冨樫が普通のサラリーマンの2倍くらいしか休みを取っていないことが判ったとしても

やはり、約4ヶ月間休載があったということで進行状況を忘れている人が多々いるかと思います。

自分はもうほとんど忘れていました。

ということで、前回の連載期間における主要キャラの現状をまとめてみました。

キャラの登場順は、時系列順となっています。


■ネテロと王

ネテロと王
ドオォンン

ゼノの龍頭戯画によって、タイマンが出来る場所に運ばれました。

龍を良く見ると、前に王、後ろにネテロが居ることがわかります。

ガチのタイマンが始まる・・・のでしょうか。

冨樫のことだから、この蟻編は普通に予想される終わり方はしないように思うのです。


■ゴンとピトーとコムギ

ゴンとピトー
一時間 ここで待つ!!

ゼノの龍星群により瀕死の傷を負ったコムギを治療するピトー。

爆発寸前まで膨れ上がった怒りが矛先を失い、自失寸前のゴン。

まあ、ピトーを王から遠ざけるという目標は達成しているのですが

ゴンは1時間ここに居るつもりなのでしょうか。

主人公が働かないというのもアレですね・・・

少しずつ冷静になってきたゴンが、ピトーと対話をする流れを期待します。


■ウェルフィン

ウェルフィン
オレが・・・今やるべき事は
本当にビゼブを探すことか・・・!?


イカルゴのことを怪しく思いつつも、その警戒心の強さからイカルゴを追うことを躊躇しました。

王に疑惑を抱き始め、今後の動向が気になるところです。


■シュート

シュートリタイア
あの糞野郎に オレの分も・・・ッッ!!!

ユピーと対峙し、確かわずか10秒程度で瀕死の重傷を負いました。

この後は、ナックルに抱えられて少し安全な場所に避難させられました。

今後の動きは特にないかと思われます。


■シルバとゼノとヂートゥ

ヂートゥ死亡
生かしておいた方が良かったか?
ん ぜーんぜん


数週間前から「新必殺技を開発したっ」ともったいぶっていたヂートゥは

シルバによって即死させられました。

うーむ、敵ながら天晴れな切なさ・・・

龍頭戯画によって王とネテロのタイマンの場を作ったゼノは

全ての仕事が終ったらしく、シルバがお迎えにあがりご帰宅なさいました。

今後の動きは特にないかと思われます。


■モラウとプフ

モラウとプフ
外で・・・何が起こっていようと オレはこいつを拘束する!!
それでいいはずだ・・・!!!

約100兆匹
煙の粒子と粒子のすき間をすり抜ける程微小な生物群が

ゆっくりではあるが確実に
”監獄ロック”からの脱出を成し遂げつつあった


監獄ロックによりプフを拘束することに成功したモラウ。

その中でプフは繭のような姿になり、モスラ孵化キタコレかと思いきや

実は約100兆匹の微生物となり、モラウの監獄ロックからの脱出を遂げつつあったようです。

このまますんなりとプフは脱出するのか、モラウは途中で気づくのか

今後の動向に注目したいところです。

今攻撃すれば、プフは半身は外に出た状態だからもしかして弱いんじゃないか?と予想。


■パーム

パーム死亡?
亡き者として行動されたし

未だに姿が出てきていませんが、一体いつになったら活躍するのかというところです。

死亡フラグは出ていますが・・・やっぱり死んでいました!ということにはならないかと思います。


■イカルゴとブロヴーダ

イカルゴとブロヴーダ
コードナンバーを入力してください
チャンス!! 絶好の二者択一!!


イカルゴの抜け殻をロックバスターによって殺害したブロヴーダですが

どうやらエレベーターの仕組みを知らずに降りてきたようで、上に登れず困惑しています。

このエレベーターの仕組みを使って、イカルゴがどういった行動に出るのかに注目です。


■キルアとナックルとメレオロンとユピー

キルアとナックルとユピー
落雷!!!!

キルアは、ゴンの声を聞いて駆けつけたメレオロンの力を借り

ユピーに裏をかかれて走馬灯を見ていたナックルを助けるために、落雷!!!!

ナックルは渾身の一撃をユピーに食らわせることに成功する。

その一撃分の含めて、今ナックルがユピーに貸しているオーラは約8000ほど。

あと5分で14万、10分逃げれば240万ほどの量を貸すことになります。

ユピーのオーラ量は如何程であるかわかりませんが、そうなったら流石にユピーでも飛ぶでしょう。


■全体の総括

ネテロと王が完全に1:1になれる局面になりました。

この二人のやりとりで、このあとの全ての局面がどう動くのかが変わってきます。

考えられるパターンは以下の3つ。

1.王が負ける(これはありえないとは思います)
→この時点で蟻編終了。

2.ネテロが負ける(これは十二分にありえます)
→王を倒せるキャラが居ない。
  コムギに期待・・・?

3.話し合い(ありえるとは思うのですが、お互いの妥協点が見つかりません)
→この時点で蟻編終了。

なんというか、レベルEのカラーレンジャー編と重なる点が多い気がするのです。

あの時は部下がめちゃくちゃに強くて、実はボスが弱かったという流れだったのですが

今回はボスがさらに強い、というところが全く違っています。


しかしながら、カラーレンジャーのボスが人間の歴史について勉強していたことと

メルエムがコムギを通して人間の可能性を見つけていくことが、類似しているように思えるのです。


あ、そういえばもう一つパターンが存在しました。

4.あれから10年・・・
→ちょwwwww



うーむ、これが一番ありえるかもしれません。


■関連記事:
2008年度40号ジャンプ感想 ハンタ復活とかバクマン。が予言しすぎとか

■関連商品のamazonへのリンク:
HUNTER×HUNTER NO.26 (26) (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
など


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

これは何と言う・・・
すごく・・・ヲ(ry・・・です・・・

あっ!ううん、何でもないの^^ 
気にしないでね? never mindだよ?あはっ♪


・・・所でだ。私は零を愛読しているっ・・・
あれは・・・面白いっ!
ついでに言うと・・・アカギも・・・カイジも大好きだっ・・・!

ざわ・・・ざわ・・・


あん?ハンター×ハンター?レイガン撃つ奴ならFFにもいたわね。
円之丞 | URL | 2008/10/06/Mon 12:35 [編集]
■円さん
微妙に気になるけど、とりあえず放置します(゚ロ゚;)

・・・所でですよ。零はやっぱり面白いと思うんですよっ
更にいうなれば、銀と金が最高です。レビューも書いているので、気が向いたら見てください。

ざわ・・・ざわ・・・

ハンターは今のジャンプの中では相当に面白いですよw
さぎん | URL | 2008/10/06/Mon 15:47 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。