■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある意味、今までで一番つまらない話でした。

オニデレが如何にとんがっているマンガなのか、ということを身をもって体験しました。


いやもう

水曜日といえばサンデー、サンデーといえばオニデレが自分の中のデフォルトなのですが

今週のオニデレには絶望したっ。

ご飯に止めを刺すべく最後までとっておいた揚げ物が、実はカボチャだったときくらい絶望したっ。

クリリンに髪の毛が生えていたときくらい絶望したっ。

絶望のあまり初めて涙を流したときのベジータくらい絶望したっ。


チッス
チッス。
・・・ ん?


この反応に全俺が絶望したっ。


サヤ本物・・・?
サヤさんて可愛いね。
・・・あァうん・・・ ありがと。


この反応に全俺が絶望の淵に案内されたっ。


こんなのはオニデレではない。

ただの不良少女だ。


オニデレの定義とは・・・

オニのような少女がデレッとするその振る舞い、なわけですが

これを

オニデレ=オニのようにデレッとする少女

このように置き換えても良いくらい、このマンガはデレシーンが多いわけです。

そして自分のような読者はそれを望んでいるわけで・・・


自分達は正に声をかけられて気絶するサヤさんが見たいんだよ!


まあ、当然ながら多くのラブコメに一度は必ず出るという夢オチなわけですが。

本物のサヤ
あぁ!これ!!この反応!
これがサヤさんだよ!!


あぁ!これ!!この反応!

これが見たかったんだよ!!



ある意味、最後のこのシーンは今までで一番輝いて見えました。


■参考記事:
オニデレ ラブ臭でニヤリングがノンストップメガミックスな件

■関連商品のamazonへのリンク:
オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。