■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180508表紙
平尾アウリ先生の「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が発売されています。


一言で表そうとすると、ドルオタ百合漫画ですね。
ドルオタ(主人公)とアイドル(ヒロイン)の百合物語です。


この作品を紹介するに当たり重要なポイントが、ドルオタとアイドルの心理描写です。
どうやら平尾先生がドルオタのようで、オタ側の心理描写は本場仕込み。
一方アイドル側の心理描写もまた素晴らしい。
A応Pなるアイドルグループとの対談(音楽ナタリー)の中で、アイドル側が絶賛していました。


ドルオタとアイドルという関係性が、とても良い。
読み進むにつれ、これが互いにとって大きな障害なんだな、ということに気付かされます。
この関係を、ぜひ楽しんで下さい。


細かい話は追記より
↓↓↓↓↓↓↓



このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

■二人の気持ち

180508出会い


二人は、とあるライブにて出会います。
えりぴよ(主人公)に対して微笑みかける舞菜(ヒロイン)。
主人公は一発で堕とされた模様。


この日以降、えりぴよは熱狂的な舞菜ファンになるのです。
収入すべてを舞菜につぎ込み、自らの服はジャージのみという沼っぷり。
そしてとあるライブでは…


180508えりぴよ
まいな、あいしてる!!


興奮のあまり、鼻血を噴出して退場するほど。
他のドルオタから伝説扱いされるほどのオタっぷりです。


さて、一方舞菜の方はどうかというと


180508まいな
今のこの、毎日かわいい女の子に囲まれて笑って過ごせる
アイドルという状況は、はっきりいって天国…
この気持は悟られてはいけないの!!



どうやらガチ百合である模様。
しかも、えりぴよのことを好きということもほぼ確定です。
じゃあ話は早いかと言うと、全くそうではなく。


■えりぴよの立場


180508お金出してない
お金出してない!
お金出してないのに、舞菜と会話なんかできないよー!!



これはえりぴよがメイド喫茶で舞菜と出会ったシーンです。
いつもだったら1,000円の握手券で、舞菜と5秒だけ会話が出来るのです。
こんなシチュエーション、自分だったら超喜んでしまいそうですが…


こんな状況ですら、えりぴよは舞菜をアイドルとして捉えている感じです。
お金を出さないと会話してはいけないという、なるほどコレがドルオタ心理か・・・!


■舞菜の立場

じゃあ愛されまくっている舞菜は気楽かと言うと、全くそうではありません。
アイドルとしての立場が、舞菜を苦しめていたのです。


180508来て欲しい
積んでほしいわけじゃなくて、来てほしいだけなんです
えりぴよさんが来てくれないと会えないから



なるほど、確かに。
舞菜は実は、自分の意志ではえりぴよに会えないのですね。
えりぴよが来なくなったら会えない、会うためにはえりぴよに来てもらうしかないのです。


■進展しない二人の関係

ドルオタとアイドルという関係があるため、二人の関係が全く進展しません。
安西先生に言わせれば「まるで成長していない…」ですよ。


メイド喫茶で会ったら「お金払ってないから会話出来ない!」ですし
電車内で偶然出会ったときには


180508電車内
プライベートの舞菜!!


えりぴよは超興奮するのですが…
結局自ら車両を移動するという、ドルオタの鏡っぷり!
お金を払っていない時には舞菜と接触しない、という鉄の意志を感じます。


舞菜も舞菜で、引き止めないんですよ。
これはやはり、アイドルとしての正しい振る舞いということなのでしょうか。
かわいい女の子に囲まれていたいという動機は不純な気もしますが、天晴なり!


この作品ですが、現在3巻まで出ています。
ここまでの進捗状況を、改めて安西先生が一言で例えるならば。
「まるで…」


こちらで試し読みが出来ます。
ぜひ!





■こぼれ話

平尾アウリ先生を知っている人なら、先生の作品ですという紹介が一番分かりやすいかも。
先生独特のシュールなギャグが、スルメのように味わい深い。
登場キャラがほぼ全員超かわいい。

関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。