FC2ブログ
■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180410表紙
仲谷 鳰(なかたに にお)先生の「やがて君になる」がとても良いです。


まずざっくり紹介すると、心理描写をしっかりやるタイプの百合漫画です。
キャラの思考回路には理由があり、それらは過去の経験に基づいているのです。
そういった心の動きが、ゆっくりと丁寧に描かれています。


あとは、珍しい設定だなと思いました。
特に中心となる二人の関係性に、すごくこだわりを感じます。
この関係性を中心に、物語が進んでいきます。


細かい話は追記より
↓↓↓↓↓↓↓



このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします


■ 七海 燈子(ななみ とうこ) 主人公の相手

180410表
今日は集まってくれてありがとう
明日からの選挙活動に向けて、今日は顔合わせと簡単に打ち合わせを



いわゆる完璧超人というやつですね。
生徒会長で勉強が出来、運動も出来、容姿端麗で周りから好かれまくる。
表向きはそんなキャラです。


ただ、素でそのような人間かというとそうではありません。


180410過去
必死で勉強して、どうやったら周りに好かれるか考え続けて
少しずつ少しずつ理想の自分に近づいて、今の私になった



過去にきっかけがあり、必死に努力した結果のようです。
本当は怖がりで、普通の女の子とのこと。
ちょっと大げさに言えば、無理して今の特別な自分を演じているという感じです。


■ 小糸 侑(こいと ゆう) 主人公

180410侑
少女漫画やラブソングのことばはキラキラしてて眩しくて
意味なら辞書を引かなくてもわかるけど
わたしのものになってはくれない



一方主人公は、なんというか凄く普通です。
恋をしてみたいと夢見る感じのキャラですね。
ただ、ちょっと普通と違うところがあります。


180410望み
わたしもそっちに行きたいのに


「恋」を実感したことがないようです。
中学3年間ずっと仲が良かった男子に告白されるも、何も感じなかった。
好きになろうと思ったけれども、好きにならなかった。


そのため、自分のことを「誰も特別に思えない」と思ってしまっています。


■ 物語の展開

180410好き
だって私、君のこと好きになりそう


燈子から侑に対し、告白同然のことをかまします。
実はこれ、二人の設定に立ち戻ると、結構自然な流れです。


無理して皆から特別に思われようとしている燈子。
その燈子に対し、誰も特別に思えない(特別でいる必要がない)と言う侑。
燈子だからこそ侑のことを凄く優しく感じ、好きになったという流れですね。


ただ、侑の気持ちを考えてみると、とても切ないことが分かります。
自分を好きと言ってくれる燈子のそばに居ることを決めたのですが…


180410展開
そのためにわたしが諦めなければいけないものに
このときはまだ気づかなかったんだ



燈子は、自分のことを特別に思わない侑が好き。
ということは、侑が諦めなければいけないこととは・・・


とまぁ、こんな感じですね!
この設定を中心に物語が、すごく丁寧に進んでいきます。
少しずつ動いていくキャラの心情を追うのが、とても心地よいのです。


あとはタイトル「やがて君になる」の意味。
これも、中心となる設定を掘り下げていくと、作者の意図が見えるかと思っています。


なお、特設サイトがあり、ここで試し読みが出来ます。
1話まるまるどころか、2巻以降の1話目も読めたり、インタビューなども掲載されています。


この百合を、ぜひ体験してみてください。

関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。