■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

読みきりのときは、正直面白くないと思いました。


気づいたら連載が始まり、やはり期待はしていなかったのですが・・・

話が進んでいくなかで少しずつ、自分にとってジャンプになければならない存在となっていました。


少しずつ魅力的に感じられるようになってきたキャラたち。

地獄のような特訓を、逃げそうになりながらもこなしていくキャラたち。

そしてキャラの特性を見事に生かした戦略的な試合と、描写。


その圧倒的な存在感は神龍寺戦でピークを迎え

小学生以来だろうか、久々に月曜日が楽しみな毎日を過ごすようになりました。

日曜日が終るのが惜しくない。

正に、そんな感じ。


さて・・・

そんなアイシールド21ですが、ついに終わりが見えてきました。

ジャンプに光臨される、的中率99%はあろうかと言う予言者、いや預言者様が・・・

46号のジャンプにおいてアイシールド21がクライマックスを迎える、と仰いました。

910 名前: ◆EizHb38XPU [sage] 投稿日:2008/09/29(月) 01:04:13 ID:mmGUsMw/0
小ネタ
・45ドベ5 派遣、PSY、ネウロ、スケ、とら
・46巻頭@ C21<クライマックス

・49 ■の貧乏神が出張
某2chスレより引用



ただ、「クライマックス」とだけ書かれているため

そのクライマックスの意味するところは完全には判りませんが

普段のレスから考えて、これで完結という見解が強いようです。


さて今週の話では

先週ようやくセナが大和を抜き去った技が・・・

真っ向勝負
小細工はしない 退きもしない
真っ向勝負で君を打ち破る・・・!!


真っ向勝負で完璧なまでに打ち破られてしまいました。


早くも攻めの柱のうちの一つが揺らいできた泥門ですが、そこは流石ヒル魔です。

大和にしか止められないセナをあえてフリーにして、正面から裏をかいて突っ込んできた大和。

その大和にヒル魔は倒されたと思われたのですが、その瞬間帝黒の守備位置を完全に記憶し

大和に倒されている中で、何も見えない暗闇に向けてパスを放ちました。

雪光タッチダウン
雪光がいると-

必ずその地点に、雪光が居ると信じて。


さてこれでついに

残り時間は約3分。

点差は9点。

このボーナスを決めれば7点差となります。


クリスマスボウル制覇が、現実味を帯びてアイシールド21という作品にその姿を現してきました。

そしてそれは単純にこの試合の終わりを意味しているだけではなく

46号で作品が完結という流れが妥当である、と判断するだけに十分な意味を持ち合わせています。


これから46号まであと2回・・・

完全に眼が離せなくなりました。



関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

見逃せませぬな・w・
瑠璃 | URL | 2008/10/01/Wed 02:34 [編集]
■瑠璃さん
要チェックですぞー(゚ロ゚;)
さぎん | URL | 2008/10/01/Wed 06:49 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...