■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

171110表紙
赤松先生の「UQ HOLDER!」の15巻が発売されました。


この1冊はもう、完全にネギま!ですね。
ネギま!の読者であったならば、とにかく知りたかったネギの本命。
ネギま!内では描かれることのなかったネギの本命との行く末が、遂に描かれました。


ネギまの最終巻である38巻が発売されたのが2012年5月17日。
約5年半待ちました!
さぁ、一体どのような結末だったのでしょうか。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします


171110告白
好きです!!
!! 言った~~!?



本命はなんと長谷川千雨でした。


一応自分の予想が当たっていました。
■参考URL:魔法先生ネギま!最終回 ネギの本命が○○と思う物証を2つほど


それはおいておき、千雨でしたか。
ネットアイドルの「ちう」として活躍し、そういえばネギも実はファンでした。
クラスの中では相当な常識人であり、ネギのサポートという役割もありました。


ネギ曰く「理由は色々あるけど、よくわからない」とのこと。
自分の考察していた点が的を射ていたのかは、結局わからず仕舞いでした。


ただ、個人的には嬉しい事実がありました。
随分前なのですが、赤松先生のインタビュー記事がありました。
■参考サイト:「魔法先生ネギま!」のネギ先生が最後に選んだのは長谷川千雨だった(猫とネギま!と声優さん)


その中での赤松先生の発言を抜粋します。

赤松スタジオでは、ネギが選んだ人は千雨だと思って、終盤の展開は描いてました。




これは考察していた側としては、とても嬉しい事実です。
作者がネギの好きな人を決めずに描いていた場合
考察のほとんどが無意味ということにもなり得るわけで…


いやぁこれは本当に嬉しかった。


さて、この告白ですが、卒業式の日に行われました。
結果はと言うと…なんと玉砕。


171110どちらかというと
で、まあ… どっちかっつーと…


この反応やら、ネギと千雨とのやり取りを見ていると…
千雨は絶対ネギの事、この時既に好きだったとしか思えません。
となると、なぜフッたのかが気になります。


自分が考えたところ、フッた理由は主に以下の3点が読み取れました。
①千雨「ガキは趣味じゃない」
②ここでフることで、ネギは成長するだろうというネギを思っての行動
③ネギを評価していて自分を過小評価し、釣り合わないと思っている


①は年月が解決しました。
②はまさに思惑通りで、ネギは魔法世界を救いました。
③は…多分ネギがずっと頑張ってアタックしつづけた甲斐あって解決したんでしょう。


その結果



171110結婚
え…これ…祖父さんと…祖父さんフッた…ええと…
…千雨さん そう、それ!



結婚しとった!


ちょっと時系列を簡単にまとめてみます。

卒業式 ネギ11才 ネギ告白→玉砕 千雨「5年後に出直してきな」
5年後  ネギ16才 ラスボス倒す
2年後  ネギ18才 ナギ復活
5年後  ネギ23才 結婚




紆余曲折あったらしいですが、描かれることはなさそうな気がします。
今度こそ、赤松先生の言う「皆様のご想像におまかせします」ですかね。


なお、ストーリーは完全に忘れていました。


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。