■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

170912表紙
赤松先生の「UQ HOLDER」!の14巻が発売されました。


なんというか、感無量です。
自分をオタク堕ちさせた赤松先生が帰ってきた!という感じです。


赤松先生はバトルを描きたいようで、ネギまの中盤くらいからバトル要素多めでした。
赤松先生の画力は素晴らしいもので、バトルも楽しめるんですよ。
ですが・・・赤松先生の真髄はやはりラブ要素にあるのです!


それを久々に思い知らされた巻でした。
やはり赤松先生の作品はこうでないと!


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします


この14巻を3行でまとめると次のとおり。

 ・キリヱ、告白する
 ・キリヱ、かわいい
 ・キリヱ、かわいい



他にも色々と進みましたが、上の3つが重要な要素です。
赤松先生、ありがとうございます。
キリヱがかわいく、とてもかわいいです。


最初に登場したときは、これほどの破壊力を秘めているキャラだとは思いませんでした。
よくあるツンデレですな、程度の認識でした。
しかし赤松先生の手にかかれば、あら不思議。


170912好き
そ…そうよ
…………好き …悪い?



めっちゃかわいいっすわ!
キリヱというキャラを侮りすぎていました。
やはり赤松先生の赤面ラブ臭は超一級品です。


もう14巻はニヤリングの詰め放題ですよ。
キリヱがかわいすぎて、かわいすぎてもう…
なるほど、生きるのが辛いんじゃねーの!


170912ベタ惚れ
やばい… どうしよう嬉しい… 嬉しすぎる…
こっ…これって完全に ベタ惚れ…



なるほど、ベタ惚れじゃねーの!


170912芸術
何をやっとる?
いやっこいつはその なななななんでもないわよ



なるほど、ラブひな時代からの様式美じゃねーの!


勝手なことを言わせていただければ・・・
自分たちの赤松先生が帰ってきた!
本当に感無量です(2回目)。


これからもぜひラブコメ要素マシマシでお願いします。




■こぼれ話

刀太とキリヱは、両思いだということをお互い認識したんですが…
その後の展開が凄かった。
何故か一緒に風呂に入ることになる二人、そして・・・

刀太:最後まで行くぜ!
 →キス
 →以上



170912性教育
だからぁオシベとメシベがあるでしょ!
それが人間の場合はつまり、こーなってこう…


なんで性教育を施しているんですかねぇ(ゲス顔)



■Amazonの関連商品へのリンク




関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...