■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

141208トップ


ニセコイ3周年!


3周年を記念して、エピソード投票が行われます。
小咲好きとしては、喫茶店髪整えニコッ事件を推したいところです。
参考記事:ラブコメ黄金時代の到来っすかね! 2012年26号ジャンプ感想


あとは一般的に人気がありそうな回を挙げてみると…
  ・第1話
  ・文化祭ロミジュリラスト

特攻的に上位になりそうな回は…
  ・文化祭ミスコン小野寺姉妹丼
  ・つぐみ惚れ薬を飲む
  ・番外編フルカラー温泉祭り
  ・マリーがおっぱい揉んで大きくしていることが発覚した回

今回の投票もまた千葉県Yさんが頑張ってしまうのでしょうか。
周りにここ数日寝不足の人が居たら、千葉県であればYさんの可能性があります。
是非何も言わずに応援してあげてください。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

■■■ニセコイ■■■


自分が更新を休んでいる間に、なんと3周年です。
つまり自分が小咲と出会ってから、もう3年が経っているということで。
3年といえばJCがJKに進化するまでに要する時間ですが、ここでは関係ない話。


さて話ですが、高校生の中でも相当なビッグイベントの修学旅行です。
行き先は京都ですが、それはとりあえず置いておき・・・
この場で取り上げるべきはその班組みのメンツです。


楽さん、まさかの男オンリー班。
その結果に対して笑い転げるクラスメイト達。
彼らは読者の代弁者であろうか。


もし楽さんが縁結びの神社に行ったとしても、誰とだよって話です。
時々出てくるゴリ沢さんと愛をはぐくむのでしょうか。
まさかのホモコイ展開はやめて欲しいものです・・・


しかしながら出発の当日、キセキが起こるのです。
おばあさんを助けて遅刻する楽さん。
そして・・・


141208ニセコイ


なぜか遅刻している小咲の姿が!


皆様が思っている通り、これは相当な確率で「罠」でしょう。
だが、本気で釣られよう。
自分は本気で釣られて、最後の最後まで上手くいくと信じます。


■■■食戟のソーマ■■■


決勝の調理に入りました。
新鮮なサンマを用意した二人に対し、創真は熟成のアプローチ。
その結果は果たして・・・


さて決勝メンバーの3人ですが、それぞれパートナーのような存在が居ます。
創真は父、アキラはロリ教授、リョウはアリス。
創真さんだけホモ戟の流れが見えますが、多分気のせいかと。


141208ソーマ


今週はリョウとアリスの出会いが描かれました。
来週はアキラとロリ教授でしょうか。
勝負の行方は果たして。


■■■僕のヒーローアカデミア■■■


なんか物凄く人気が出てきました。
実は連載開始前はほとんど期待していなかったので、嬉しい誤算です。
1巻がナルトの新刊と同じくらい売れているとかいないとか。





さて話はというと、ヴィランの襲来を何とか乗り越えての・・・体育祭!
物凄く学生っぽいのキタコレかと思いきや、どうも相当重要なイベントのようで。
学生たちにとってはプロ入りチャンスのイベントのようです。


そして主人公にはもう一つ重要な任務が。


141208ヒーロー


君が来た!ってことを
世の中に知らしめてほしい!!



これもまたアツい展開!
このセリフはもちろん、オールマイトの「私が来た!」を変えたもの。
この体育祭で、デクはオールマイトにならなければいけないのです。


展開が早いのも非常に良いです。
今後も期待大の作品ですよ!


■■■トリコ■■■


圧倒的な強さのキン○マ。
今週はその強さが説明されたという感じの回でした。
捕獲レベル6,000…なんという強靭なキン○マなのだろうか。


141208トリコ


0.1秒で圧倒的な絶望に追い込まれたトリコたち。
しかもキン○マは戦ってすら居なかったというのですから…
力を無駄撃ちしないキン○マ、恐るべしです。


猿武を覚えれば、トリコたちでもキン○マと戦えるのでしょうか。
あと4日・・・
たったそれだけの時間で、果たしてトリコのキン○マはどれだけ強くなるのか。


実に楽しみな展開です。


■■■■■■■


新連載が2作品。
片方は露骨なエロス、もう片方は小畑先生の漫画です。


エロスの方は・・・これはもう完全に劣化ToLOVEると言って良い気がします。
ネタとしては面白いのですが、ジャンプを読む層には引っかからないような気がします。
ターゲットがイマイチ見えてきません。


小畑先生の方はというと、個人的にはあまり好きではありません。
人気は出るかもしれませんが、今のところは自分には合わない作品です。
これ・・・小学生に真似してほしくない内容です。


あとは読切「もめるひと」ですが…
設定はどこかで聞いたことあるのですが、内容も類似物でした。
特筆すべきは作者のコメント。


いやぁ~おっぱいって本当にいいものですね。それでは、さよなら、さよなら。
by 作者巻末コメント




実に好感が持てる作者だったのでした。

関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...