■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

なぜ仕事ってあるんでしょうか・・・?
140727小咲
あ~~!一条君今笑ったでしょ~!?
も~も~も~も~!



仕事の疲れが吹き飛ぶ小咲のフルぽっこ!
いいなこれ、かなり受けてみたい!


学園祭でコスプレ喫茶ですか・・・
 ・千棘は不思議の国のアリス
 ・つぐみはくの一
 ・マリーはうさぎ
 ・小咲は天使

うむ、全ヒロインが全て揃って・・・いる?
羽姉さんが居なかった件。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

■■■食戟のソーマ■■■

正直なところ、展開を疑いました。


140727ソーマ
満場一致… …勝者は
…美作昴選手…!



え、タクミ負けた・・・?


ボスに新しい調味料の誕生とまで言わせたにもかかわらず
結局それも美作の想像通りというのは、出来すぎな気もしますが…
この結果は覆りそうにないです。


そうなると秋の選抜は、現在以下の4人が残っていることに。
 ・葉山アキラ(年増ロリコン)
 ・黒木場リョウ(ドS言葉責め)
 ・美作昴(ド変態ストーカー)
 ・幸平創真(脱がせ屋)


…変態だらけだった!


参考までに予選結果

●A会場
1 94 葉山 スープのパイ包み 香りの爆弾 ホーリーバジル ヨーグルト
2 93 ソーマ カレーリゾットオムライス 香りの誘爆 マンゴチャツネ
2 93 黒木場 伊勢エビのフレンチカレー コニャック 海老ミソ
4 91 美作

●B会場
1 95 アリス thermalsense(温度感の差)
2 92 新戸(秘書子) 羊肉四物湯カレー 「薬膳料理のエキスパート」
3 90 タクミ たまり醤油パルメザンチーズ三層パスタカレーソース 「味の地平を斬り拓く者」
4 88 田所 アンコウのどぶ汁カレー 肝カレー味噌

今残ってるのは全部A会場っていうね・・・




■■■僕のヒーローアカデミア■■■

3話目です、今のところ非常に良い感じです。


140727ヒーロー
スマッシュ!!!


なんというか、とにかくアツい展開を目指している感じが伝わってきます。
無理を通して通りを蹴っ飛ばす!とか
俺を誰だと思っている!とかいうセリフが聞こえてきそうです。


気合があれば、どんな強敵にも勝ってしまいそうな。
そんなこの作品が、これからも非常に楽しみです。


■■■トリコ■■■


トリコVSヘラクレスですが・・・


140727トリコ
フン


まさかの鼻息一発での決着…
ちょっとこれ、トリコ死んだんじゃないかと思う描写ですよ。


しかしちょっと思うのですが、そもそもトリコは闘う必要はなかったんじゃないかと。
というのも、確かヘラクレスはエアには近づけなかったはず。
つまりCarエルが抜けだした時点で小松さんはエアまでたどり着けるのでは・・・?


しかしこうなってしまったら仕方なく。
いつも通りの小松さんに希望を託すしか無い展開です。


■■■ニセコイ■■■

最近は小野寺姉妹が良く出てきて、自分としては至福の限りでござるの巻。
今号は春ちゃん回かと思いきや、完全に小咲のターン。


140727ニセコイ
あれ!? 春!?
どうしてここに…



なんという神々しさだ・・・
可愛かろう!とでも言いたそうな服が、全く打算なく可愛くみえるというか・・・
余計な言葉は不要ですね、ちょうかわいいです。


しかしこんにゃくの件ですが、食べ物としてというよりは存在が苦手とのこと。
きっとこれは何かあったんだろうと、その過去話を密かに期待。


さて次号は、春ちゃんのミスコンです。
つまり春ちゃんの水着やらコスプレやらが拝める回です。
なんとなく展開が読めるところもありますが、つまり今から頬が緩みっぱなしということなのです。


■■■HUNTER×HUNTER■■■

自分には中々に難しい展開でしたが…

140727ハンタ
でもここに来て最初にオレの口から出た言葉が
「オレも混ぜろ」だったのには自分でも少し驚いた


えーと、多分ですが・・・
ビヨンド側にジンが仲間入りということで落ち着いたのだと思います!


最後はジンの人徳というか、少年らしさというか。
ジンの気持ちをそのまま表現したストレートな話が出てきた。
そういうところにメンバーも感じるところがあったのではないでしょうか。


■■■■■■■

コンドルとヨアケモノが始まりました。
現状では両方共様子見です。
ただ、いずれも化ける可能性を十分に秘めた作品だと感じます。


コンドルは人情含めた良い話を作れるような構成に。
ヨアケモノは少年ジャンプをちょっと超えたような非情さを出すような作品に。
あくまで個人的な意見ですが、是非この希望通りに進めていって欲しいものです。


そういえば日ノ丸はかなり調子良いですね。
コマ割だとか、次号への引きだとか。
かなり漫画が上手い作者なのだと感じます。


ぜんぜん違う作品ですが、黒子のバスケの時も似たような感じを受けたものです。
1話毎に新しい話を展開し、引きには気になるものを置いておく。


漫画には絵やストーリーという要素もありますが・・・
いわゆる上手さ、というのも一つ重要な要素であると思うのです。
日ノ丸はまさにその上手さを備えていると感じるのです。

関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...