■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某スレの神の、的中率99%の予言のとおり、ダブルアーツが終ってしまいました。

古味先生の読みきり作品であるIslandの評価も高かったこともあり

相当数の方は、このダブルアーツに期待していたのではないでしょうか。


確かに最初の頃は物凄い面白かったのです。

いつでも手をつないで居なければいけないという設定や

トロイの悲惨さ、それゆえのシスターの苦悩。

上手く書ききることが出来れば、相当楽しいマンガになると期待しました。

・・・期待しすぎてしまいました。


古味先生は読み切りをまとめる力はありましたが、連載を続ける力が圧倒的に欠けていました。

期待を膨らませるほどのレベルの話の滑り出し、それに加えIslandの高評価。

期待が高すぎたゆえ、連載が進むが盛り上がらないストーリーに疑問を抱く人が多かったのでしょう。


ダブルアーツの最終回の評価は、大抵の人は以下の二つのどちらかに分かれます。

一つは、全く伏線を回収してない最悪の最終回だった、というもの。

二つ目は、伏線は回収されていないがむしろ自分はこういう物語の流れを期待した、というもの。


確かに伏線は残されすぎています。

話の中核を担うほどの伏線すら回収されていません。


しかしこうも思うのです。

最初からラブ臭を出していれば人気が出て、打ち切られずに最後まで書ききれたのではないかと。


いずれにせよもう終ってしまったものですし・・・

古味先生には劇的な復活を遂げてもらうことを期待したいと思います。


■■■■■■■

いぬまるだしっ

ダメだこいつ・・・早く・・・なんとかしないと・・・

相変わらず地雷です。

主人公は何とかならないもんでしょうか。

ギャグは個人的には好きなのですが、愛着をもてない主人公は致命的です・・・


さて、今週の一コマは・・・

変態仮面いぬまる
むしろパワーアップし失敗!!

いや、これは成功でいいんじゃないかな?


■■■■■■■

バクマン。

4話にして早くも、亜豆の母=サイコーのおじさんの好きだった人、という設定が明らかになりました。
参考記事:2008年度37・38合併号ジャンプ感想 バクマン。が期待できそうな件

自分のほかにも結構この予想をしていた人もいらっしゃったようですが

それにしても予想以上に早いネタバレでした。


さてこの原作者の大場つぐみですが、厳密なところでは正体が分かっていないようです。

ネット内では、とっても!ラッキーマンの作者のガモウひろしであるというのが通説のようですが。

それで、今回の話でラッキーマンに出てくる男のロ・マンも登場しました。


サイコーのおじさんである川口たろうはギャグヒーローマンガを描いているマンガ家であるということ。

それに追加して

男のロ・マンが登場するマンガを描いていたこと。

散々言われていますが、川口たろう=ガモウひろしをモデルにした人物という説が濃厚のようです。


■■■■■■■

トリコ

流石便利キャラのココ。

早速1匹捕まえてくれました。


そしてそれを見たトリコは・・・

トリコも消命
うおぉ!?

早速自らも消命を習得して、フグ鯨の捕獲にチャレンジしていました。

まあ1回目は、完璧なノッキングにもかかわらず、運が悪く毒化させてしまったようですが。


その後、1時間でフグ鯨を10匹ほど捕まえることに成功。

時給にして、5億円なわけですが。

この10匹全てが毒化してしまうと・・・とても残念なことになるそうです。


そういえば、ここの洞窟のボスはデビル大蛇かと思っていたのですが・・・

深海より真のラスボスが登場してきました。

まだ正体は分かりませんが、どうも人型のようです。


■■■■■■■

ダブルアーツ

オワタ・・・

サムライうさぎに続くショックです・・・


まあ、確かに客観的に見ると打ち切りも止む無し、という感じだとは思うのですが

自分は期待が大きかっただけに、非常に残念でした。


ダブルアーツの打ち切りについては、いつか必ず考察を書こうと思います。

出来ればこの1週間のうちにでも。


■■■■■■■

先週のどがしかでんに続くように、ダブルアーツも終ってしまいました。

そして来週からは、ボーボボの作者が新連載を開始するようです。

ボーボボはキャラの魅力が全く分からずに、ほとんど面白いとも感じたことはなかったのですが

その作者の新連載ですか・・・


再来週からは内水先生という、自分の記憶には全く残っていない人の連載が開始するようです。

絵は中々綺麗な感じがします。

とりあえず、この作品についても様子見というスタンスで行こうと思います。



■参考記事
2008年度40号ジャンプ感想 ハンタ復活とかバクマン。が予言しすぎとか
2008年度37・38合併号ジャンプ感想 バクマン。が期待できそうな件
2008年度36号ジャンプ感想 ジャンプに大きな転機?
など


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

噴出しの位置が紛らわしいけど、
「オレもネーム(ry」のセリフはシュージンじゃね?
ケンタさん | URL | 2008/09/11/Thu 01:18 [編集]
■ケンタ氏
うお確かに(゚ロ゚;)
「オレも」ってのに釣られたぜ・・・

とりあえず、その部分全部削除しますた(゚ロ゚;)
さぎん | URL | 2008/09/11/Thu 06:51 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。