■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

130606ニセコイアニメ
ニセコイ
TVアニメ化、偽恋物語!!


ニセコイついに来ましたテレビアニメ化、ですよ!
どうなるかはわかりませんが、物凄く期待しています。
ジャンプ作品でアニメを見ようと思うのは物凄く久々です。

色々と思うところはありますが…
とにかくキャラが可愛ければなんでもいいです。


しかしこの画像の小咲、実にエロい!
ヨコチチが完全に見えているじゃないか…
あとはるりちゃんが、ちゃっかり集さんの足踏んでるところもポイントです。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

■■■ニセコイ■■■

ニセコイもついにアニメ化ですよ。
古味先生の夢の一つだったということですから、全力で応援したいところです。

しかしながら…
ニセコイ好きとしては、うれしさと不安が同居している感じです。
良い出来だと嬉しいのですが、こればかりは見てみないと何とも。
変に作品の雰囲気を変えなければ、相当楽しめる作品になるとは思うのですが…


さて本編です。
小咲の妹の春ですが、登場2話目にしてニセコイに新しい要素をもたらしたのです。

そう、それはぱんつ。

登場1話目に加え今週もとなると、ぱんつキャラとして描かれていると断言するしかありません。
ニセコイでは入浴シーンはあっても下着の描写がほとんどありません。
旅行の際には小咲のブラ写真を、紳士な楽さんと我々が目撃していました。
実は自分、それ以外の下着シーンが全く記憶にないのです…

そんな下着描写の少ないニセコイに突如現れた春。
1話ごとに1回、楽さんにぱんつをさらしているのです。
しかも楽さんときたら、ご丁寧に感想を我々に伝えてくるのです!

これは「妄想せよ」という古味先生のメッセージです。
悔しいですが、これは従う以外の選択肢を持ち合わせていません。

ぱんつキャラとして一勢力を確立した春ですが、小咲も負けてはいません。

130606ニセコイ
…いつも人の事ばかり考えてて、困った人を見ると放っとけなくて
自分の事なんですぐどうでもよくなって、そしてその人が喜んでくれたら


好きな人の事を語る小咲が物凄くかわいいのです。

今週のニセコイをまとめると、小野寺姉妹最高そして今後のぱんつ柄に期待ということなのです。


■■■食戟のソーマ■■■

すごく、いいですね!
恵の、全力を出し切った感。
そしてそれでも届かない、卒業生の厚い壁。

創真と恵が笑顔を交わすシーン、これが物凄く胸を打ちました。
連載当初の露骨なエロスは影を潜め、本当にいい作品になったものです。

結局食戟には負けてしまっているのですが、一体どうなるのでしょうか。

 1.四宮さんデレ期到来、二人の退学をその手に握ることに(鉄板)
 2.二人共退学、第1部完! 第2部は食事処たどころ編(ダークホース)
 3.堂島「俺の票は108票まであるぞ」(帰れ)

続きが物凄く気になるところですが、わかったことがひとつあります。

130606ソーマ
あるいは…雪深き土地から野菜の恵を届けにやってきた
「レギュムの雪ん子」!!!

こいつはロリコンですね。


■■■トリコ■■■

ルーティーンが技の成功をイメージするものだとしたら

130606トリコ
相手が誰だろうが…お前は必ず勝てるんじゃない!! もうすでに…!!!
すでに勝っている!!! 確信しろ!!!! その結果は動かない!!!!


アルティメットルーティーンは勝つことをイメージするもの、ということでしょうか。

なかなかわかりづらいですが…
勝ちをイメージ→自分も相手も周りも信じ込む→勝つ
こんな感じでしょうか。

スターの目にも、自分が皿の上に乗っかっているのが見えているようです。
つまりこの時点で、アルティメットルーティーンは成功していることになります。

普通の敵が相手なら間違いなくトリコの勝利でしょうが、相手はスター。
もうひと波乱あるような気がします。


■■■磯部磯兵衛物語 ~浮世はぬるいよ~■■■

先週、衝撃の作品を世に送り出した仲間先生。
今週もまさかの掲載です。

130606磯部
あったかい…

う~む…
雰囲気は失われていないのですが、先週の方が圧倒的に面白かったです。

先週の気合の入り方と言ったら、魂込めてるレベルに感じました。
今週号は、一部センスが光るものの、普通のギャグに落ち着いたかなというところ。

しかしながら先週号は驚く程の完成度でしたし、今後にも期待したいところです。


■■■■■■

スモーキーは2話目になりました。
今後の展開次第ですが、これは面白くなりそうです。
主人公の毒を心地よく描ければ魅力的な作品になるのではないかと。

3話目の無刀ブラック。
どうも主人公のキャラがつかめません。
うまく言えないのですが、印象に残らないというか…

4話目のソウルキャッチャー。
感想こそ書いていませんが、これは自分結構好きです。
描写が凄すぎて自分が置いていかれることもありますが、何とか付いていこうと思います。

あとは磯部じゃないほうの読み切りですが…
これは掲載誌を間違えたんじゃないだろうか。
つまらなくはないのですが、完全にコロコロコミックのノリでした。

先週、今週と休んだワンピ。
来週は尾田先生が復活を遂げているようで、連載再開です。


おまけ
ニセコイVOMIC
関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

通りすがり失礼しますm(__)m
食戟のソーマで自分がかなり自信をもっている予想ですが、今回の食戟で四宮が作った料理はメインに近い料理に対して田所さんの料理は前菜でしかも課題になった料理と同じ料理だということがポイントで、田所のテリーヌは今回の食戟で四宮が作った料理には劣るし同じ土俵で勝てるわけないがですが、課題で出た四宮のテリーヌには勝るとも劣らないデキで、四宮と同じ前菜で同等以上の料理を作った田所を辞めさせるわけにはいかなくなるという展開になると思います(^-^)
だいまおー | URL | 2013/06/07/Fri 01:25 [編集]
■だいまおーさま
いつもありがとうございます~

なるほど、確かに物凄くありそうな展開ですね(゚ロ゚;)
いずれにせよ退学は回避する方向に向かうのかな~と。
さぎん | URL | 2013/06/07/Fri 22:59 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...