■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

          __、--..、、
       _<⌒ヽミヽ ヾ !'⌒≧_
        ,Z´r;=-‐- 、ヾ 〃′≦
      7,"/   __‐ 、`ー-'⌒ヾ.7
       ! l ー‐- 、ヽ._`ー'´, u !     r'⌒
       .l !!L、u __\  ̄ 〆"T   (  制
      l.r‐、ヽ 、‐。‐-、V/∠==、|    ) 裁
     ,' |.l´! | u`ミ≡7@ )゚=彡 !   (  っ
     /,' l.l_|⊥%ニニソ(@ *; )ー-*|    ) :
    ,/〃',ゝ|/>rーrーrゞr<二二フ  ∠、 !
  ∠ -:/ ト ヒ'土土土十┼┼ヲ;!     `ー-‐'´
 ̄:::l:::::::|、  !lヽ~U ~  __ ̄ ̄.ノl
::::::::l:::::::| \. ヽ.ll ヽ、 ___'/l/`iー-  今
::::::::l::::::::ト、. \ \. ll  ll  ll ll /:::::l:::::::  やる気なく「はあ……」と
:::::::::l::::::::| \ \ `ヽ、 ll ll/!:::::::!::::::  言ったおまえ………
::::::::::l::::::::|   \ \  /`ヽ'  |:::::::l::::::::  制裁……!
:::::::::::l::::::::|     \. `/  /   |:::::::l::::::::


AAにしやすいと、もっぱらの噂の福本先生が

マガジンで連載したが人気を得られずに失敗した「無頼伝 涯」のリベンジとしての作品である

「賭博覇王伝 ゼロ」の連載が、去年から開始されました。


銀と金やカイジ、アカギなどの様々な名作を生み出しているこの福本先生ですが

登場キャラのアゴや眼が、物凄い強烈であることで有名です。

カイジの眼
ロンッ・・・!

ご覧の通り、物凄くクセのある絵で

この絵がダメで福本作品を読めないという、実にもったいない人が5人に1人は居るわけです。

眼に宿る狂気が感じられるかと思いますが、どうでしょう。


毎作品ごとに、主人公の顔を見て

相変わらずの悪人面キタコレ!とか思って

だがそれがいい・・・!と内心ほくそ笑んでいたわけです。


フフ・・・

さて、今回の主人公はどんな激しい顔をしていることやら・・・


綺麗な眼のゼロ
返して貰うぜ!
仲間を・・・!



・・・ん?

なん・・・だと・・・?

この綺麗な瞳は何だと聞いているんだー!(JOJO風に


福本先生の作品を見慣れていない人にとっては

瞳とかよりもむしろツッコむところが色々とあるだろう、とおっしゃるかも知れません。

しかし既にこの絵に慣らされた、自分のようなジャンキーが見ると

瞳以外にツッコむところがないのです。


綺麗に整えられたまつ毛に、二重まぶた。

福本先生に一体何があったのか。

それを考えてしまうくらいの、実に予想外な主人公の外見だったわけです。


さて・・・

きれいなジャイアンを彷彿とさせる瞳を持つ主人公が、一体何をしてくれるのかというと

たった一人の王を決める
たった一人・・・!
たった一人の王を決めるこの闘いに・・・!


資産が1兆を超える富豪たちが集い、王を決めるための闘いが開催されるようで

その代打ちとなるべく様々なギャンブルをこなしていくようです。


集った富豪は52人。

そうなると、もし勝利した暁にはおよそ100兆円。

これが、たった一人の王の下に集結することになるのです。

代打ちとして勝利したときの報酬は・・・

もってけ1000億円
持ってけ・・・!このブロック分の万札・・・!
一千億だっ・・・!


もってけ!一千億

もう、100兆も1000億も、日本語でおkレベルにピンと来ない額です。

とにかく勝てば超大金が手に入るようで

要するに、いくら瞳が綺麗になろうともやることは同じであるということです。


勝負内において、当然のようにイカサマを使ってくる対戦相手。

サーモグラフのイカサマ
サーモグラフィー・・・!

やはり他の福本作品同様

あいてのイカサマを如何に見抜き、それを利用して如何に勝つか

ということが、一つの鍵となっているようです。


さて、去年に連載が開始されたこの作品ですが

最近の福本先生の良いところでもあり、悪いところでもあるところが改善されています。


最近の福本先生の漫画はどうも・・・

心理戦を描きたいという方向に行っているせいか、テンポが非常に遅いのです。

マージャンで一ハイ切るのに一体どれだけの時間をかけているのかと言いたくなるくらい

所謂スラムダンク現象が激化してきているのです。


さて、その中この作品はというと

「涯」の失敗要因は、展開が遅すぎたことと考え、「零」はカイジの10倍のスピードで展開
ギャンブルからギャンブルへのつなぎもできるだけ省いていく


とインタビューで言っていることもあり、かなりテンポ良く進んでいきます。


この作品が、週刊少年マガジンでどれだけ受け入れられるかは分かりませんが

久々に昔のテンポの福本作品を読むことが出来ているので、自分としては非常に楽しみです。

是非とも連載が続いてくれると良いのですが。




■これまでの関連記事
【腐女子にも】 銀と金 【読まれております】


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。