■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

ようやく合併号ラッシュが終わりました。
作者が休める唯一の機会だとは思うのですが、読者としては寂しいところでした。

さて、今週はカラーページにいいものが載っていました。
ニセコイと暗殺教室のカラーページができるまでの、一部テクの紹介です。

130122ニセコイ暗殺
※クリックで拡大

とりあえず一言。
千棘があててんのよ!しててけしからん件。

そして古味先生のこだわりが明らかになりました。
一番重要なのは肌の色。少しでも色ムラができると、最初からやり直すほどこだわっている。
なるほど、このようなこだわりを経て、我々の手元に可愛い小咲が届くということですね。

しかしこの構図から、何となくるりちゃんの立ち位置がわかります。
つぐみはいるけど、るりちゃんは居ない。
要するに、るりちゃんは楽さんの争奪戦には参加してこない立ち位置に思われます。
まぁ、ほぼ間違いなく集さんですよね。

なお、暗殺教室の殺せんせーは雲型定規にて描かれているもよう。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします ■■■トリコ■■■

美食会、かなりの数を揃えてきました。

130122トリコ

スタージュンに、グリンパーチ、トミーロッド、バイルでしょうか。
結構いいメンバーに思えますが、グルメ界に別のキャラを送ってなおこのメンツ。
美食会、おそるべしです。

しかしマンサム所長、筋肉凄すぎます。
なんというか、20頭身くらいになったんじゃないでしょうか。

そしてスタージュンの発言も気になりました。
  ・迎えにきたぞ、小僧
  ・待ってたぞ、トリコ

どんだけこのコンビのこと好きなんだよ!
確実に┌(┌^o^)┐ホモォのネタになりますね。

スタージュンの目的は、料理人小松の確保と、トリコとのバトルというところでしょうか。


■■■食戟のソーマ■■■

予想外に掲載順が上がってきました。
この変態エロスが少しずつ認められてきているということでしょうか。
少年ジャンプで男の裸描くとか、言葉だけ聞いたらとんでもねぇんですけどね。

そして今週は…

130122ソーマ
美味すぎるっ 他の寮生とはレベルが段違いだ…!
いくら二年生っていったって、それだけでここまでの品が作れるってのか?


主人公が初めて脱ぎました。
これまで数多の人間を男女問わず脱がせてきた主人公。
今週は逆に脱がされてしまいました。

これはもしかしたら、新しい料理漫画のバトルの方向が見えたかもしれません。
相手を脱がせたら勝ち。
そんな料理勝負が、今後たくさん出てくるような気がします。

全裸で決めポーズを作って勝負を挑んでくる先輩とか、すごい嫌だ・・・


■■■ニセコイ■■■

130122ニセコイ
恋愛とは、なんと面倒臭いものなのだろう。疑心暗鬼で一喜一憂
勇気を出して手を伸ばせばそれは手の届く所にあるというのに


とりあえず、この隠れる小咲が可愛い!
自分の中では今週のニセコイは、これが9割を占めています。


さて今週は、るりちゃんのおはなしです。

とりあえず速報。
るりちゃんに好きな人はいない。
集さんとフラグを随分建築していたようですが、ラブには至っていなかったようで。

しかし一方の集さんは「好きな人いるよ」発言がありました。
自分的にはこれがるりちゃんであって欲しい所存でございます。

そしてるりちゃんがラブに落ちたとき、コスモが誕生するのです。
今の無表情のるりちゃんが赤面悶えを見せたら、自分は生きている自身がないです。


どうでもいいですけど、メガネあった場所を考えてみました。
窓際においていた光り物、かつボロボロな二人。
メガネはカラスの巣にあったんじゃないかと予想!

答えは単行本にて、でしょうか。


■■■新米婦警キルコさん■■■

ちょっと掲載順位が下がってきました…
ギャグの芽が出はじめてきた気もしますが、果たして生き残れるのでしょうか。
このままキルコさんかわいいだけだと、ジャンプでは生き残れない気がします。

確かな言えることがあります。
バトル方向は間違いなく死臭がします。

130122キルコ
今度の日曜、子供達が私の家に遊びに来ることになったんです!
よかったら先輩も一緒に来ませんかぁ?



行きまーす!


■■■■■■■

今週は天野先生の読み切りがありました。
悪魔と契約してしまった少年の話で、ストーリーはありきたりです。

しかしそのありきたりのものを、うまく調理できていたと思います。
どうでもいい伏線を最後の最後に使ったり(1.5m飛べる屁の残弾が2あったこと)
主人公、ヒロインの心情もよく描かれていたと思います。

この作品が連載されるとは思いませんが、連載作品にも期待したいところです。


あとはいつもの自分主観の打ち切り候補でも挙げてみます。

【鉄板】
  ・クロス・マネジ
  ・ハングリージョーカー
  ・伊達先パイ


【十分ありえる】
  ・クロガネ
  ・キルコさん
  ・めだか
  ・ソーマ


おぉ、かなり多い…
しかしどの作品も、復活の芽は十分あると思っています。
クロスマネジはラブ臭をもうちっと入れて
ハングリーは読者がなるほどと思えるような頭脳戦をメインに
伊達は個人的には生きているのですが
キルコさんはキルコかわいく周りのキャラ充実させ
ソーマはもっと変態的に尖らせ
めだかは…いつもどおり頑張れ西尾先生!


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...