■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

130106小咲表紙
ぬくもりってこういうこと?

全力で「そうです!」と答えたい。
最近は千棘が多く出る傾向ですが、小咲も忘れられていないようで。
このあたりは作者が良く分かってくれていると感じるところなのです。

本編での出番が少なければ、表紙や4コマを描けばいいじゃない!
もしかしたら、作者のそんな粋な計らいがあったのかも知れません。


そして今週はいぬまるだしっの大石先生の読み切りが掲載されていました。
非常に良かったですが、感想は別記事にて書きます。
ちょっとツッコミ所が満載過ぎて、どうしようかと思ったほどでした。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

■■■トリコ■■■

もはや整理しきれません…

とりあえずクッキングフェスの本戦開始。
小松VSザウス、ですか。
今週の最後で、そのバトルも中断せざるを得ない状況でした。
小松がスタージュンに捕まっていました。

そして気になるのはユダシェフ。

130106トリコ

ここでトリコが明らかにユダシェフを警戒しています。
ちょっと前にもユダが怪しい描写がありました。

それ以外にも美食会側の人間が居そうです。
竹、梅、そして鉄平を殺しかけた謎の影。
一体美食会の人間はどれだけ居るのか・・・
このあたりを何とか整理していきたいところです。


■■■ニセコイ■■■

千棘の株が急上昇です。
これが恋するオナゴ=可愛いの方程式ということですね。
これまで楽さんに全く興味なかった分、今の頑張りが物凄く好感度が高いのです。

130106ニセコイ
…まぁ
かわいかったんじゃないですか、お嬢様


実は気づいてもらえていて、しかもかわいいと言ってもらった。
その時のこの笑顔、物凄く良いです。
これは千棘派にはたまらぬ回だったのではないでしょうか。


そういえばニセコイ5巻が出ました。
マリーが存在感を強め、ナイスタイミングの台風は魔球のごとく曲がる。
そして例の小咲のキスしてもいい?発言までが掲載されています。



そして予想外の作者のコメントが!

自分はそもそも女の子を描くのが苦手です。「ニセコイ」ではかわいい女の子をたくさん描かねばなりませんから、毎度思案に暮れる日々です。まぁ、描くのは好きですけどね。
by 古味直志(5巻内帯コメント)



なんということでしょう。
匠は女の子を描くのが苦手にもかかわらず、毎週かわいい女の子を届けてくれていたのです。
これはますます古味先生に頭が上がりません。


■■■食戟のソーマ■■■

今週はもうハラハラしっぱなしでした。

読んだ方であればわかるかと思いますが…
今回主人公が料理を食べさせたのがババァだったからですよ!

ババァが料理を口に運ぶたび、次のコマでババァが全裸になるんじゃないかと。
そんなスリルをたっぷりと味わったのです。

ババァ<旨いいいいいいッ!!肉を使ってると言われたら信じてしまいそうな肉厚感!

ヒィッ!

ババァ>なんという安らぐ味なんだ…まるで心も躰も温められている様…。鯖とイカ…海の幸同士が織りなすこの美しい潮の風味が


130106ソーマ
あたしのこと、あっためてほしい…

危ない、作者なんとかわかってた!
ここでババァの全裸が出てきたら、この作者病気じゃないかと本気で疑うところでした。
まぁ、現実では主人公がババァに抱きつかれていたんですけどね。


■■■新米婦警キルコさん■■■

130106キルコ
せ…先輩がそんな事まで考えてるなんてっ…!!
分かりました!任せて下さい先輩、私頑張りますっ!!


今週もキルコさんがチョロかわいかったです。


■■■■■■■

130106小咲4コマ

※クリックで拡大

とにかく小咲派の自分としてはこの4コマが最高でした。
表紙から繋がってる話だと気づくまでに3回読み返していたのは自分くらいで良い。

まず写真撮られているところ、これ超かわいい。
そして楽さんにギュッとしたところ、これ楽さんは死んで良い。
くしゃみ、ヘキチュ!!なにこれかわいいんだけど。
なおかつ、脱ぐ…
すなわち自分が萌だえ死んだわけです。


さて、来週は天野先生の読み切りが掲載されます。
天野先生は連載している頃は微妙に感じたですが、その後の読み切りが面白かった!
今回の読み切りも期待してしまうってなものです。


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...