■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121230のぞむのぞみ
のぞむのぞみ 1巻表紙
長月みそか


のぞむのぞみ、なる作品を読みました。
なんだろうこれ…
描写はそれほどでもないのですけどすっごくエロいです。
いや、エロいというか官能的という方がニュアンスが近い気がします。
とにかく作者の欲望というか願望が、ビンビン伝わってくるのです。

表紙でピンと来る人もいるかと思いますが、性転換モノです。

自分はあまりこのジャンルの作品に触れてこなかったのですが
性転換モノのイメージはというと…
男が女になって、男とニャンニャン出来るウホか?という葛藤のみかと思っていたのです。

このジャンルにも色々な方向性があるということを教えてくれた作品だったのです。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします


【あらすじ】 

中学1年生の野球少年、田尾のぞむは、コールド負けした試合の罰ゲームがきっかけで女装癖にめざめてしまう。 しかし、父親の男らしく育って欲しいという期待を裏切 れないことから、女装に対する興味を捨てようと決意した矢先のある日、突然何の前触れもなく女の子になってしまっていた・・・・。
幸い胸はでていなかったので、女の子になってしまった事実を隠して今まで通りの生活をしようとするが、妹の香苗に女装癖はバレてしまっていた。 
理解のある妹の計らいで女装(?)したまま街へ買い物に出かけた先で憧れのマネージャー井出さんと鉢合わせ。 いとこの「のぞみ」といつわって難を逃れるものの、女の子の世界を実感したことにより、より女の子の世界へのめりこみそうになる・・・。
by作者ブログ




1話目にて女装癖に目覚め
2話目でチンコ喪失に気づきます。

121230チンコ消えた
…って、あれ? え?
な…ない!?


このシーンは何やらこだわりを感じます。
おそらく大抵の男は、家でも立ちションスタイルだと思うのです。
そこをわざわざ、立ちション禁止ルールを設けることにより、主人公を座らせています。
そして便器の中から覗き込むようなアングルでのチンコ喪失の描写。

・・・確かに立ちションスタイルだと描写がイマイチ分かりづらい気がします。
立った状態だと、男性のブツは描きやすいですが、無くなったことが伝わりづらい。
そういったことを踏まえての立ちション禁止ルールなのだと思います。
うーむ、色々と考えられているようです。


そして、はじめてのぱんつ。
女装したことのない自分の勝手な想像なのですが…
女性ものの下着を履くというのは、何か一線を超える気がするのですよ。

121230はじめてのぱんつ
やっぱり履きやすいんだなあ…
これが… …僕?


一線を超えた先に待っていたのは、僕かわいい!という新しい世界。
自分に見蕩れるなんていう体験、なかなかないでしょうからね。
こうして主人公は女装にハマりこんでいくわけです。

まったくだらしねぇ、それでもチンコついてんのか。
いやついてない。


121230揉まれる
のぞむは随分体できてきたって親父から聞いてたんだけど…
まだまだ全然だなあ


周りにはチンコ喪失はバレていないので、こんなことも。
身体が女になったことを知らない先輩が、筋肉を確かめる意味で全身をまさぐる!
うーむ、これはエロい…

この描写なんかは、作者の欲望がそのまま出ている描写だと思います。

【作者コメント引用】

ですから、僕にとって生まれてはじめておぼえた性的な興奮というのは、女の子そのものに対しでではなく、自分が女の子になってしまったら?という妄想だったことになります。
巻末より



作者の欲望がそのまま伝わってくるため、余計にエロい!


さてそして、心の問題ですよ。
性転換モノというと、一番知られているのはらんま1/2でしょうか。
主人公のらんまが、水かぶると女に・お湯かぶると男になるという設定のキャラでした。
らんま1/2では、女になった時でも心は男のままでしたが…

121230濡れた
い…いいなあ ちんこ…
じゅん


この主人公は心までも女になっていきます。
このシーンなんかは直接的ですね。
隣でしごきだされたブツを見て、濡れる。


・・・このジャンルの難しさは、男性でも女性でも描けないということでしょうか。
男性では、チンコない気持ちがわからない。
女性では、チンコある気持ちがわからない。

そして当然、チンコの有無以外にもお互い理解し合えない事が多いはずです。

この作者は性別は男のようですが、女性の文化に興味があると本人が記述しています。
その興味が良いこと作用してこの作品が生み出されていると、しみじみ感じるのです。
そしてその世界観を、今後も見ていきたいと思っている自分が居るわけです。


■Amazonの関連商品へのリンク



関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。