■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の地を去る時 人は聖地を胸に宿す
時に忘却の彼方 しかし誰もが持つ聖地
そこに-あなたは いた
確かにあなたはそこにいた



高校の頃に友達に教えてもらい、単行本を集めだした

多くの友達に貸し、その多くを筋トレへと導いた

自分の価値観に多大な影響を与え、今なお胸に大きな存在感を残している

ホーリーランドが・・・

ついに、終わりを迎えました。


キングとの戦いを経て、街を卒業するためにマサキと闘い、迎えた最終話では

ユウは正に生ける伝説の通り名にふさわしい風格を得ていました。


自分が変わりたいと願う人
傷から自由になりたいと願う人
強さを欲する人
居場所を欲する人
その人たちに”届け”と想って描いた。
それは”あなただ”という想いを込め、ユウ と名づけた。

(作者の巻末のコメント)


最初は引きこもりであったユウが、伝説まで登りつめたこの物語は

あなたも変われる、という作者のメッセージが隠されていたようです。


さて

この作品のタイトルともなっている”ホーリーランド”という言葉について少々触れてみます。

先日出版された第18巻には、”ホーリーランド”についての重要な記述があります。

・胸の中 同じ聖地を持つ 同士として
・いつも僕の・・・胸に 消えない聖地が・・・!
・大人世界と子供世界の間 ホーリーランドは存在する
・彼の地を去る時 人は聖地を胸に宿す
・時に忘却の彼方 しかし誰もが持つ聖地

などなど

この漫画を読んでいて、初めの頃に何となく感じていたのは

ホーリーランド=居場所ではないか?

ということでした。


なお、1巻の一番初めに作者はこう記述しています。

子供世界と大人世界の間 そこにホーリーランドは存在する
甘やかな法と 暴力のリアルが支配する 隔絶された世界


この記述だけだと

ホーリーランド=街

という風に解釈できるわけですが・・・


ここで、上記の記述を踏まえて改めて考察してみると

ホーリーランド=友人と過ごした青春の1コマであり、居場所+心の拠り所

などといった意味合いを含んでいると考えられます。


胸の中に化け物を飼い、時に暴走してしまうこともあるかもしれないけど

過ちを犯してしまうその度に、ユウは仲間に助けられるのです。

こういった仲間の大切さといったものが、ホーリーランドを構成する一つだったわけです。


この連載を通じて、作者もユウ達から多くのことを学び、成長していったのでしょうか。

作者の中でのホーリーランドという言葉の意味が、確実に変化していることが見て取れます。


連載が終了した今でも、自分の中に終らないユウ達の物語が形を成しています。

この物語から離れたとき、自分の胸には確かなホーリーランドが積み重なる気がします。

胸の底のほうにあり、時に大きな拠り所として重要な意味を持つであろうホーリーランドが。


君は変わる 変われる
また いつか街で会おう




関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。