■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

ゆびさきミルクティーの宮野ともちか先生の新作です。
前作では「成長により得るものと失うもの」がテーマでした。
■参考記事:ゆびさきミルクティーの最終話を自分なりに考察してみた

今作ではなんでしょう・・・「背徳」あたりがテーマになっているように思えます。
いわゆるイケナイものを描きまくってやろう。
そんな宮野先生の意気込みが聞こえてくるというもの。

まず作品紹介からヒデーんですよ。

学校で一番脚が速い男・西沢和哉は中学2年生。家の中では品行方正、真面目な顔で通している。和哉のたった一つの楽しみは、妹・リカの着替えを覗くことだった。
By 裏表紙作品紹介




121028のぞき
見えたー、妹のおっぱい

もはや!

これまだ4ページ目ですからね。
この作品に一体どれだけのけしからんが詰まっているのか、想像に易いと思います。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

とりあえずコレを見てください。

121028女子オナピー
ねーねー初ー
オナピーってする?


これ、共学の学校の教室での女子の会話ですよ!
お年頃の男子たるもの、女子のオナピー事情は物凄く知りたいもの。
特に前振りもなくこんな会話が出てくるのです。
ちなみに初ちゃんはオナピーしているようです。


伏線の張り方も特筆すべきものがあります。
まずはリカの父親のセリフ

121028家族
家族の「好き」と恋人の「好き」は違うんだ

家族愛と恋愛の違いについて、ですね。
一言付け足すとすれば、家族愛には性欲は入ってこないというあたりでしょうか。


そして初ちゃんは知っていた、男子のオナピー事情。

121028男子オナピー
男は誰でもオナピーするから、どんなにカッコつけてるヤツでも
どんなに強がるヤツでもオナピーはするから


リカ「なるほど、お兄ちゃんもオナピーしてるんだ・・・」
兄にも性欲があることを知り


121028イグニッション(勃起)
妹の体温が身近に…
ってこの体勢やばい


リカ「お兄ちゃん…もしかしてイグニッション(点火)しちゃったの?」

兄のちんぽが自分の体で性的にイグニッション(点火)していることを知り


121028写真
これあたしじゃん!
何でお兄ちゃんこんな写真持ってるの!?


極めつけには、兄が自分のおっぱいの写真を隠し持っていることを知る。


家族愛に性欲が入るだろうか。
いや、入らない。
じゃあ兄が自分に向けている性欲はなんだろうか。
これは・・・恋愛ではないのか?


121028アリストテレス
凄い
私、今アリストテレスの気分



そして


121028兄妹恋愛
でも妹を好きだって気持ちは お兄ちゃんを好きだって気持ちは
確かにそこにあったんだと、そう思えるから


兄妹恋愛ですよ。
よく言われる義理の兄妹でなく、血のつながった兄妹の恋愛です。
義理の兄妹恋愛が軟弱だとしたら、血のつながった兄妹では硬派。
これはガチですよ、流石宮野先生です。
とにかく、物凄く背徳感が伝わってくるのです。



あとは、男性諸君に聞いておかなければならないことがあります。

121028ちんぽの皮
オマエちゃんとちんぽの皮、剥いてんのか?

※日常の家族の食事の会話
さすが宮野先生としか言いようがありません。


作品全体を通して、とにかくけしからんの一言に尽きるわけですが・・・
これが自分の魂を惹きつけてやまないのです。
1巻できれいにまとまっている気もしますが、2巻がとにかく待ち遠しいというもの。
どうなのだろう、もっと変態さに磨きがかかるのだろうか。



Amazonの関連商品へのリンク
  

関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...