■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

ジャンプに転機が訪れているようです。

ビッグな作者様が一気に2人も連載を始めるようで、今から楽しみなのです。

さて、とりあえずは感想などから。


■■■■■■■

トリコ

うおお!デビル大蛇TUEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

トリコとココすら驚く伝説の魔獣は伊達ではないようです。

しかし、伝説の魔獣ですら捕獲レベル21ということは・・・

ココのフルコースメニューのドムロムの実(レベル30)は、相当に入手が困難ということでしょうか。


さてデビル大蛇ですが

・驚異的なスピードとパワー
・超強力な消化液による攻撃
・即時再生
・暗闇での熱センサーによる敵感知
・人間と遜色ないほどの学習能力
・毒による攻撃

などなど、ヤバすぎる能力を備えまくっています。


そういえば小松さんですが、どうやら猛獣の気を引くための囮として使われてしまうようです。

やはり先週の「すぐ楽にしてやるぜ」という表現は不適切な気がしますが

あまりツッコんではいけないところな気がします。


さて来週の予告ですが

次号、激闘ついに決着・・・
そして小松もついに死す!?


まずい、小松さんついに死んでしまうのか?

・・・と、まあジャンプ編集者に釣られてみます。


■■■■■■■

アイシールド21

ついに・・・

泥門タッチダウン!

試合時間の半分を犠牲にして仕込みを続けたヒル魔とモン太のプレーが炸裂しました。

気づいたら試合ももうラストクォーターなわけですが

これから一体どういう展開になっていくのかというのが、なかなかに気になってきました。


■■■■■■■

バリハケン

いくらエコが流行りだからといって、コレはやりすぎではないすかね・・・

江古呂農業高校とか、農村ならエコっていうのは確実に何かを間違えている気がします。

時代をさかのぼれば良いっていう問題じゃねーんですよ。


さて、それに対する首都高校は・・・

なんと原始時代にさかのぼったというバカ加減。


ンボッ!
ババンボ

バンボ
ババンボ


迷走していると断ずるに、いささかの躊躇すら要らないわけです。


■■■■■■■

ダブルアーツ

やばい、打ち切りルートに入った・・・

掲載順位がいきなり落ちました。

なんと後ろから2番目(ピューと吹く!ジャガーを除く)です。


この作者の古味先生は、この話の構想を小学校の頃から暖めていたと言いますが

その構想がジャンプ編集者によって壊されているのではないのか?

なんというか、まさにそう思うような話の展開です。


この物語のタイトル、ダブルアーツとは

自分はキリとエルーが紡いでいく物語だから、ダブルアーツかと思っていたのですが

どうやらキリとエルーだけの手をつないで戦う武術の名前がダブルアーツ(双戦舞)らしいです。


これ・・・完全に・・・

バトル漫画化→打ち切り

の流れを汲んでいます。

是非とも勘弁していただきたい流れなわけですが・・・

古味先生は長期連載には向かないのかもしれませんし

今のままだと順当な流れに見えてしまうことが寂しいのです。


■■■■■■■

さて

来週からジャンプに強い作者様が訪れます。

デスノートを書いた、大場つぐみ×小畑健がどうやら漫画マンガを描くようです。


そしてその次は

メゾン・ド・ペンギンの作者である大石先生の新連載が始まるようです。


コレはジャンプ来た・・・!


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...