■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

120215千棘初デレかも
観測史上初かもしれんね。

千棘が楽さんに対してデレましたぞ!

今週はとにかくニセコイの展開がすごかったです。
小野寺の告白寸前と、千棘にも約束疑惑。
今から次号が楽しみすぎるってものです。


そういえばブリーチ最終章来ました。
相変わらずの括弧良い展開です。
なんだかんだで、とりあえず期待。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします ■■■トリコ■■■

今回の話は、意味深い伏線と小松さんの偉大さを描いた話でした。

120215トリコ
え?

四天王の6感まで全て形無し。
無事マダムフィッシュをゲット、これで恵方巻きの具を確保できたわけですな。

同じ食卓を囲む者たち。
何かこのキーワードを前面に押し出してきますね。


■■■バクマン。■■■

サイコーと亜豆の絆の強さに嫉妬しそうです・・・

120215バクマン
私達、何も悪い事してません

サイコーの対応と完全に一致。
そういえばそもそも、悪い事どころかほとんど何もしていないっていう。

しかし完全に存在が消えたと思っていた石沢がここでも登場するとは・・・
バクマンは本当にキャラを使い捨てないですね。


■■■ニセコイ■■■

わからなくなってきました!

わからないと言っているだけなのに盛り上がる何故だろう。
何というか、連載開始から一番の盛り上がりを見せています。

今週は怒涛の展開でしたね。
まずは一番上で取り上げた千棘のデレですよ。
これはもしや、観測史上初の楽に対するデレじゃないですかね。
今週は小野寺ターンだと思っていたので、完全にノーガードのところにかまされました。
コミィもまた、策士。

そしてさらに千棘の口から出た「ザクシャ イン ラブ」。
なにやら第1話目で聞いたことのあるセリフです。

約束の女の子、について自分は致命的な勘違いをしているかも知れません。
ザクシャインラブさんと鍵さんは同一人物かと思っていました。
しかしこれは、もしや2人とも楽の「約束の女の子」なんじゃね?
まあ読者的には一番けしからん素晴らしい展開なわけですが。

そんな流れで今週のメインディッシュ。

120215ニセコイ
私ずっと、一条君の事

自分の脳内でブヒが止まりません。
ポイントはスカートを握り締めているところですよ!
ここで一番恥ずかしさを表現しているのは手の握り締めかたですよ。
やばいなこれは、新しい扉が開いてしまった。

次号がすっげぇ気になる展開です。


■■■HUNTER×HUNTER■■■

結局清々しいくらいに予想を裏切ってくれる冨樫先生。

120215ハンタ
早速ですが重大発表です。私パリストンは副会長にチードルさんを指名し!!
この場で会長を辞する事といたします!!!


ムカつくほど予想の斜め上を行く展開です。

しかしここでジンのセリフ(だったと思う)がよみがえります。
パリストンが一番会長の意思を継いでいる、と。

今週の以下のパリストンのセリフ。
ボクはね、会長になりたくて副会長を引き受けたんじゃない。会長のジャマがしたかっただけ…ネテロさんはね、ボクが面白い茶々を入れると本当に嬉しそうに困ってた…。もっと会長と、遊びたかったなァ…

このあと見せたパリストンの切なげな表情。
これがもしかしたらパリストンが唯一見せた感情表現だったのではないでしょうか。


さて、キルアサイドも緊張感あふれる展開です。
ゴンを治したアルカ(ナニカ?)のもとに現れたミルキ。
これまた激アツな状況ですな。

一方レオリオは、ゴンたちが色々大変なときに女つれこんでズリセンこいていた。


■■■鏡の国の針栖川■■■

後日談と言いながら、いわゆる水着回だったでござるの巻き。

針栖川と真桜のラブがコメリングするかと思いきや

120215鏡の
ヤダ、針栖川くんが参加してどーするのよ、もー

清々しいまでのエロ用水着回。
今回の話は一体なんだったのか。
実は作者の心の叫びが色々と載っていました。

最後にこの男が登場する理由は謎であるが、この漫画をもっとバカバカしい漫画にしたかった作者の念が呼びよせたのかもしれない…
なるほど把握。

何はともあれ、今週で終わってしまいました。
松川は実に可愛かった!
真桜は不完全燃焼だった…
以上。


■■■■■■■

スターズが遂に宇宙人との遭遇を果たしました。
展開としてはかなり後半に当たるかと思われます。

そして次号は遂に掲載順ドベ。
これはもしかするかも知れません。


さてそして、新連載の画像があったので載せます。

120215パジャマな彼女

ダブルヒロインですかな。
両方とも強気な感じです。
しかし何故だろう、パジャマがけしからん言葉に聞こえてなりません。


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...