■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

120110まとめ


あの夏で待ってるが始まりました。
多くの方はお気づきのとおり、上の画像が第1話のまとめになるかな~と。

感想としては、多分自分は超好きですこの作品。
最後の超展開もそれほど気になりませんでしたし。
主にその後のワンシーンに気を取られていたためですが。
今後にも期待したいところです。

さて、とりあえず1話で気になったところを羅列していきます。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします まず、恐らくほとんどの方が気づいているであろう事実
貴月イチカが宇宙人だという裏づけをば。

まず地球における知識がないという箇所が露骨過ぎるほどに描かれていました。

120110赤い髪
なぜ・・・どうして・・・こんなに目立ってるの・・・何か・・・間違ってるのかしら
オッス!髪、赤いッス!


120110昼飯
な・・・何かおかしいかしら・・・炭水化物と水分、へ・・・平均的な組み合わせじゃない?
そなたさては甘いもの大好き星人でござるな!


そして極めつけ。

120110翻訳メガネ
入浴時のメガネを通した画像

120110翻訳メガーネ
上画像拡大
メガネを通して見える文字は・・・何語だろうか?


次に一番最初に堕ちてきた?ロケットにイチカが乗っていたであろう裏づけをば。

120110元気そうで
よかった。元気そうで。
巻き添えにしてしまった海人を心配していたの図。


120110握手
イチカと握手して何かに気づく海人
気づいた事は当然・・・

120110手
落ちる海人を助ける手
最初のロケットの衝撃で落ちたときに助けてくれた、あの手と同じだということでしょう。


で、ぶっちゃけのシーン。

120110セル治療
これは・・・セルの代謝が・・・!

セルという言葉から想像するに…治療のための細胞を埋め込んだというところでしょうか。
海人と一体化している治療細胞が活性化しすぎて暴れかけたとかでしょうかね。
まあ多分、この世界の地球には存在していない技術でしょう。


ちなみに超展開が全く気にならなくなったワンシーンですが。

120110ぱふぱふ

ボワ~ン

下半身に一瞬で血が行ったんだ…
それにしても良いチチをお持ちのようだ、これは間違いなく宇宙人。


あと気になった点といえば、貴月イチカという名前ですかね。
この作品の原作者がI*Chi*Ka。
流石にこれは偶然ではないと思いたい。


色々と書きましたが、とにかく今後も超期待したい作品だということなのです。


■■■■■■■

Amazonの関連商品へのリンク
  


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...