■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

「萌える」というのは超重要ですよ!

要するに上の一言が言いたいがための記事です、はい。

もしかしたら多くの人は本能的に理解しているのかも知れませんが…
以上、解散! というのも自分が寂しいので、色々書かせてください。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします 結論から言ってしまえば、萌えるキャラが居たほうが作品をより楽しめるんですよ。

面白い作品のストーリーを追うのもいいです。
しかし萌えるキャラがいれば、そのキャラが出てきたときの喜びといったら!

自分の場合は、脳内でドラクエのテーマソングが流れてきます。
それで心でつぶやくのです。
はじまったな!
ちなみに自分は1日に5回ははじまりを迎えます。

ちょっと自分の具体例を挙げてみます。

今やっているアニメで個人的に好きな「まじこい」を見ているときの自分の脳内
 ・おぉ、もも先輩がツンを貯めているこれは今後の破壊力に期待フヒヒwwww
 ・ワンコきたー!オウフwwwすごい良い子wwww
 ・みやこー!俺だ、とりあえず結婚しようコポォwwww
 ・まゆっちマジで困らせてみたいでござるwwwww
 ・クリス好きだーフォカヌポゥwwwww
 ■参考URL:まじこい公式サイトキャラ紹介



おぉ、自分この作品相当楽しんでるな。

だってすっげぇキモイよ自分、これ。
キモス100%。


自分のキモさを目の当たりにしましたが…凹まず続けます。

何故こんなキモイことになっているかというと

自分はある1つの作品に触れるにあたって、まず最初に自分の好きなキャラを探します。
男でも女でもいいです。
自分は女キャラ好きになることが多いですが、男キャラにも魅力的なキャラは当然居ます。
同性を好きになったら新世界の幕開けです。
どうもそういう目で見ることが多くなってきたという悲惨な状況。

そして好きなキャラが出てきたら叫びましょう。

ルイズー!

近所迷惑なので、皆様は心の中でのみにとどめてください。
これできっとアドレナリン大放出です。


まー、なんでしょう。
萌えることが出来るキャラというのは、魅力があるキャラと言って良いと思うんです。
魅力あるキャラの物語というのは、純粋に続きを見たいんです自分は。

逆に興味のないキャラの物語は、自分はあまり興味ないです。
もちろん例外はありますが。


色々書きましたが、要するにタイトルのとおりです。
真剣でキャラに萌えなさい!ってことです。
自然に萌えるのが良いですが、意図的でも全く問題ないです。

萌えるキャラがいれば作品がより楽しくなる。
ならば、萌えない理由などないのです(ドン!)


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...