■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

キャラが勝手に動く、というのはあまり難しい話でないと思っています。
結論から言ってしまえば

キャラが勝手に動く=性格・人格などが造りこまれたキャラの動きを想像してしまう

自分が思っている「キャラが勝手に動く」という現象は、上記の一文で説明できていると思います。
もしかしたら全然別の定義で考えている人もいるかも知れませんが。


んでは、実際にキャラが勝手に脳内で動く現象を体験していただこうかと思います。
恐らくコレを読んでいただけている人の脳内で、勝手にキャラが動くのではないかと思いますが…
残念ながら個人差が大きくありますので、出来る限り伝わりそうな例をいくつか挙げてみます。


続きは追記より


このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします いくつかの作品で例を挙げますので、知っているものだけ目を通してみてください。

■ケース1:けいおん

例えば、体育祭があったとしたら・・・
各キャラがどんな種目に出るのか、どのような会話があるのか
最終的な順位あたりまでは勝手に脳内で想像されないでしょうか。
全員がパン食い競争に出たらどうなるか、とか。



■ケース2:ワンピース

麦わらの一味全員で、夏休みに空島に遊びに行くとしたら・・・

各キャラが使いそうなダイアルだとか、乗り物だとか
ブルックの例のギャグだとか、勝手に想像されないでしょうか。
(水貝を使って)フランキー「見ろ!これがこの前実装したロボ放尿だ!」
ウソップ&チョッパー「スゲーーッ!」的な。



■ケース3:スラムダンク

安西先生「レイアップ1万本です」
桜木「   」

これはちょいとずるいでしょうか。

流川と仙道のタイマンでの練習などはどうでしょう。
なんかもう、1日中ずっと1ON1やってそうな気がしませんか?



■ケース4:ドラゴンボール

悟空とベジータの相撲。
やばいな、自分の中では腐女子ホイホイの気配しかしない・・・



■ケース5

ツンデレにこれって間接キスだよなって言ったら





個人的にはもう、全ケースでキャラが動きまくっているわけですが・・・
多分大きく個人差があるので、ピクリとも動かなかった人も居るかと思います。

とにかく、キャラが動くにはいくつか条件があるかと思います。
思いつくだけ羅列してみると

・そのキャラが完全に確立していること
・確立したキャラが上手いこと作中で描かれていること
・想像する側がそのキャラのことを良く知っている、イメージがあること
・ある一場面が与えられること


うーむ、コレくらいしか思いつかない…

また、キャラが動くと言っても誰の中でも同じように動くわけではないと思います。
キャラや場面設定などが細かに定められていれば別かも知れませんが。
例えばけいおんの例だと、自分の中では
 澪は100mに出てて取り巻きが沢山居て、ゴール手前で転ぶようなイメージ
 りっちゃんはリレーアンカーで、ごぼう抜きして一着のイメージ

恐らく、全然違うように動く人のほうが多いでしょう。




話が逸れるのですが…
キャラが動くというのは2次元キャラへの恋愛という話にもつながってきます。

自分ではという話ですが、現実の女性への恋愛感情では次の要素を重要視しているようです。

-人格
-容姿
-直感的な何か


で、これらの要素ってば2次元になっても何ら欠落しないのですよ。
自分の脳内で動くほどのキャラであれば特に。


好きになるところまでは一緒。
ただ、2次元キャラにはその続きが無いところが大きな違いですかね。

現実だったら
色々話してー、だとか 手つなぎてー、だとか
くすぐってみてー、だとか エロスワッショイ!だとかあるわけですが

2次元だったら
残念なことに会話も出来なければ触れることは当然出来ないわけで。
こればかりはどうしようもないですね・・・




色々とごちゃごちゃに書きましたが・・・

要するに、ある場面におかれたキャラの人格・性格が分かっていれば
大体の行動を予想することが出来る


キャラが動くというのを文章にすると、こんな感じなんじゃないでしょうか。


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...