■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

顔も分からない。

声も聞いたことがない。

そんな人たちが、本気で自分のことを助けてくれる。


時に無責任な彼らは、時に誰よりも自分のことを心配してくれ

見ず知らずの自分のために、本気で悩んだり祈ったりしてくれる。


現実に顔を合わせたことがない彼らの結びつきは、人によっては特異に感じられるかも知れません。

その絆は強く、現実でのつながり以上の団結力を示したりもします。

ですが中には、そういった人間関係に疑問を持つ人もいるかもしれません。


確かに現実で顔を合わせてのやりとりとは全く違った世界です。

しかしそのやりとりには確固とした価値、絆があります。

インターネットでチャットや掲示板でのやりとりをしたことがない人でも

この作品を読めば、少しでもネット上のやりとりを理解してもらえるのではないかと思います。


さて電車男ですが

多くの人は大雑把なストーリーは知っているかと思いますので、簡潔に書こうかと思います。


電車の中でヨッパライからエルメスを助けた(?)電車男に対して

ありがとうございました・・・
ぜひ今度お礼をさせてくださいね。


と言っていたエルメスから、カップのお礼が届く。


電車内でヨッパライと戦ったことを2chに書き込んでいた電車男は

興奮しながら再び2chへと書き込みを始める。

可愛らしい封筒&便箋&字ですよ!(;゚∀゚)=3ムッハー!!
なんかいい匂いもするような気がする(;´Д`)´`ァ´`ァ


その電車男に対して、2ch住人達がアドバイスやらツッコみやらをする。

卓球瓶ってことは・・・
電話番号もゲッツ?


伝票に電話番号が書いてあるわけで・・・

それを知った住人達はお礼の電話をかけるよう電車男に勧めまくる。

しかし、女の人に電話なんかかけられーんと言って戸惑う電車男。

そこに、神の一声が発される。

で、そのカップどこの?


HERMESって書いてあるけど。どこの食器メーカーだろ

自分がもし電車男の立場に居たら一言一句間違うことなく発したであろう言葉に

住民達はヒートうpしまくる。


HERMESとはもちろん、自分や電車男ですら聞いたことのある有名ブランドのエルメス。

こんなに良いものをもらってしまったからには、絶対にお礼をしなければ・・・

エルメスからの大きな感謝の気持ちと住民達の後押しもあり、電話することを決心した。

そして・・・

電車男が勇気を振り絞ってかけた電話に、留守電の機械的な音声が響いた。


結局エルメスとの電話がつながったのは、次の日の夜。

どうやらエルメスは、本気で電車男に感謝しているようだということが感じられる電話内容であった。



見ず知らずの電車男の頑張りに対して、本気で喜び・本気でアドバイスをしまくる住民達。

インターネット上のやり取りに慣れて居ない人たちから見ると特異に映るかもしれませんが

見ず知らずの人だから逆に純粋に応援できるというか、サポートできるというか・・・

うまく言い表せませんが、応援したくなるのではないでしょうか。


カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え



この助言に対してビビりまくる電車男をほったらかして、住民達は盛り上がりまくる。

誘うときの文面についての話や、お金はワリカンにするかどうか

あまり気を使わないでくださいという風に断られたらどうするか・・・?など

このスレを見ている100人だか1000人だか10000人だかのアイディアが集結するわけです。


そしてなんとか取り付けた初デートに対しても、アドバイスが飛び交うのです。

当日までに何を用意すれば良いのか、服装はどういったものにするのかなどなど・・・


住民達に支えられ、助けられての初デートにて


はい♪ちゃんと掴んでますから!

という名言。

エルメスのキャラと電車の一途さに住民達は骨抜きにされ、より一層の発展を願うわけです。


服装や髪型などをイケメン風にして初デートを終えた電車は、少しずつ成長していく。


2回目のデートでは、エルメスが友人を連れてきて良い雰囲気の中で無事に終了し

3回目のデートでは


大丈夫です・・・ ちゃんと掴んでますから・・・

このような行動をしてみたり。

うーん・・・実にけしからん。


年齢も性別も分からないネット上のやりとりでは



中学生>そこまで行かないと、逆に不自然じゃないか・・・?
中学生>中学生ならいざ知らず、二人とも大人なんだし・・・

じじい様>これはナイスな意見!

スキンヘッドおじ様>聞いたか電車!これが経験者の考えだ!



こんなこともあり得たりするわけです。


そして、5回目のデートのときについに・・・


大事な話があるんです・・・

最初は電話一本かけるのにすら戸惑っていた電車男が

ついにここまでたどり着きました。

住民達のアドバイスやエルメスの感謝の気持ち、そして何よりも電車男の頑張りが

この物語をある種の伝説まで昇華させたわけです。




この後のことは誰しもが知っている結末です。

ここではあえて書くようなことはしません。

物語としては結がないのかも知れませんが、電車男の成長を追う上ではこれ以上は蛇足なのです。


歴史上のすばらしい名画を目の前にして、額縁の汚れを指摘するようなものだ。

そういったのは金城一紀ですが、まさにこの言葉に尽きると思います。


さて・・・電車男の話はこれで終わりです。

結末が気になってしょうがない人は、電車男でググればまとめサイトが出てきます。

そこには2chに書かれたそのままの文章がまとめてあります。

当然この記事よりも詳細までハッキリと分かりますし、その後の話についても少し記述があります。


2chは非常に有用なものです。

一日何千万のアクセスがあるかは知りませんが、それだけの人の意見が集結しているわけです。

その中には、100万人に一人の経験をしている人も混じっているでしょう。


ただ、勘違いしてはいけないことがあります。

この物語は確かに2chで作られていった物語です。

しかしながら、今はもう2chには電車男は居ません。

中の人が同じだったとしても、同じ電車男として書き込みするなどということは99%ないでしょう。


この物語が流行った当初、電車男を目指した一般人が書き込みをしまくったそうです。

ネット上にもルールがあるということを知らずに。

半年ROMってろ

この言葉の意味が分かり納得してからでないと、2chに書き込みをするのは控えた方が無難でしょう。


電車男という物語の面白さ
ネットもとい2chの面白さ
ネットもとい2chのルール

この3点を何となく感じていただけたら幸いです。



関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...