■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

ジャンプネクスト!2011WINTER 2011年2月8日号が出ました。
本誌連載陣の読みきりやら、個人的に楽しみにしていたニセコイやらが載っています。

まずニセコイですが、ちょっと前にダブルアーツを連載していた古味先生の作品です。
■参考記事:週刊少年ジャンプ ダブルアーツ

 ある年のクリスマス・イブ、オレ達はプレゼントの交換をした。当時は今のように仲が悪くなく、千棘は折り紙を、オレはペンダントをそれぞれ、ずっと大切にすると約束して交換した。
 すると次の日、あいつは風邪をひいていたせいか不機嫌で、オレの目の前であっけなくプレゼントを他人にゆずった。…まぁオレもはらいせに同じ事をしたのだが。



昔はプレゼント交換するほど仲が良かったが、こういったことがあって仲が悪い2人。
この2人が、ある事情のため恋人同士のフリをすることに…、といったストーリーです。

上のエピソードだけ見ると、千棘が悪いように思えますが
実はその折り紙が…!というストーリーです。

とりあえず

110110ニセコイ

はやくも今年のベスト5に入るであろうテレをいただきました。
これで今年も戦える…!

あ、感想ですが
・伏線の張り方が良かった
・随分とアツい展開も描けるのですな
・ツンデレは現時点では究極
・女の子もですが、やはり男も可愛くなければ

要するに面白かったです。


あとは随分と頭の悪い作品がありました。
ハチメガデスなる作品で、次のコマを見れば分かるのではないかと。

110110ハチメガデス
天然ロリ巨乳かつはいてない死神。

全く、実に頭が悪いな!(満面の笑み
まとめ方も良かったですし、個人的に今後に期待したい作品でした。

あ、ちなみになんではいてないのかについては作中では触れられませんでした。


■■■ONE PIECE■■■

自分、一応ジャンプ記事に対して色々なこだわりを持っていまして。
そのうち一つを紹介するときが来たようです。

110110ワンピ
サンジちゃん、じっと隠れててね…

そう、ぱふぱふは全て取り上げるというこだわりがあります。

これが元でサンジが死にそうになるのですが…
まあ、そこはチョッパー先生に任せておきましょう。


■■■バクマン。■■■

ようやく岩瀬が落ち着いてきた気がします。

110110バクマン
…そうですね。これからも互いを励みに頑張りましょう。
また上にいってみせます。


このセリフ、3回目くらいでしょうか。
今回のこのセリフには深い意味や裏などなく、そのままの意味に捉えられそうです。


さて服部さんたちが面白いといっていたトレジャーの作品。
確かにこれ、色々と影響を受けすぎな件。

エニグマ
もそうですが、バトルロワイアルだとかデスノートですかね。
ありがちすぎて、描かれた分だけでは面白いかどうか判断がつきませんでした。

シュージン>…お…俺がやりたかったのこういうのかもしれない

おい、これはアニメ化しないんじゃね…?


■■■トリコ■■■

今までトリコと小松さんのウホに気を取られていて気づきませんでしたが
どうやら小松さんとメルクの間にラブの香りが漂ってきたようです。

メルクさん…もう男みたいに振る舞わないで…普通に女の子っぽくしていいのにね…
なんか…、あんなにかわいらしいのに…


これはなにやらうまくいきそうな雰囲気でござるの巻き。
メルクも小松に惹かれていますし、カッポゥ誕生ですかね!?





110110トリコ

小松さん、かわいいと言っていたメルクにチンkを見せるでござるの巻き。

なんだろう、この漫画は何故かチンkがすごく気になる…
■参考記事:
2008年度45号ジャンプ感想 トリコのチンkが小さかったりアスクレがおっぱいだったり
予想だにしなかった作品がまさかのアウト! 2010年23号ジャンプ感想



■■■エニグマ■■■

110110エニグマ

エニグマの目的が一応書かれました。

私は強い者達を求めている…
誰一人欠けることなく全員でここへ来れるような人間達を…!!


正直、今まで以上にe-testの目的が分からなくなりました。
能力を使わせて進化させて、それを利用してやろう的なものをイメージしていたのですが…
見当違いな気がしてきました。

また、エニグマという人間がいる(組織のボス?)ことも分かりました。
バトルロワイアルをイメージして、裏に大きな組織があるかと思って居たわけです。
しかしこれ、下手したら2,3人、場合によっては単独犯でもありえるような…

そしてここでの生徒総会。
水沢アルの運命はいかに・・・?


■■■■■■■

ネクストの話ですが
四ッ谷先輩の怪談作者である古舘先生の作品も面白かったです。
怪談を描くくらいですから、間のとり方が実に上手かった。
これがまさか、スポーツ漫画で活きてくるとは。
本誌の復活を期待したいところです。

他にもラブコメとかラブコメとか、見所がたくさんある一冊でした。
440円とちょっと高いので、立ち読みでも如何か?(なにやら後ろめたい気分ですが…




■参考記事:
尾田先生はやっぱ巨乳好きっすよね 2011年3・4号ジャンプ感想
サンジが変態紳士だった件 2011年2号ジャンプ感想
フランキー、やはりお前がナンバーワンだ 2011年1号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...