■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ新連載の情報が出てこないようです。
しかしSWOTとサイレンの2OUTで、INがゼロはありえない気がするのですが…

ここはそう、ラブ臭などする作品なんぞはどうか?(主に自分特
読み切りをいくつか書いている叶先生(エムゼロ作者)やら河下先生(初恋限定)やら
まだジャンプには出せていない作品があるように思えるのですが。

まあ、まだ気が熟していないというところでしょうか。
古味先生(ダブルアーツ作者)も読切は随分と描いていますし、そろそろ出てきてもいいような…


■■■トリコ■■■

メルクの星屑を無事ゲットしたようです。
前回のオゾン草は、トリコの細胞が欲していた食材だったと記憶しています。
果たして、メルクの星屑でトリコの細胞レベルは上がるのでしょうか。

今週は、初期の頃からシルエットだけは出てきていたゼブラが出てきました。
とりあえず危険な生物だという認識しかなかったわけですが…

101226トリコ
ようやくオレを出所す気になったか…

相当危険な感じです。
勧誘に向かった人数は、どうやら2人。
トリコと…ココですかね、サニーは無い気がします。


■■■ONE PIECE■■■

2年間を経て、ついに魚人島にたどり着きました。
ここはルフィたちの当座の目的地であり、サンジにとっては夢でした。
ここで描かれる人魚は美しくないとだめで、みんなの夢が詰まってないと駄目なのです。

101226ワンピ
魚人島「人魚の入り江」

見事です尾田先生。
見事に美女だらけです。
実にすばらしい。

さてここで、自分としては抱いてしまう当然の疑問が。
なぜ全員(明らかな幼女を除く)巨乳なのか。
これは気になるところ、現代のトレンド(主に自分)を考えたら1人くらい貧乳がいてもいいはずです。

考察のキーとなるのはおそらく次の点です。
先ほども書いたように、ここはルフィたちの目的地かつサンジの夢の地です。
微妙なオチを付けて読者をガッカリはさせられない。

・尾田先生は、己の価値観を全て動員して素晴らしい地を描こうとした。
・その結果、巨乳だらけになった。

つまり・・・尾田先生は巨乳好きだったという解が導かれるのです。


■■■バクマン。■■■

いつの間にかフラグがたっていることになっている蒼樹さんですが。
今週はどうだったかというと…

101226バクマン
はい、私からもお願いします。今日とても楽しかったです。
また、今日みたいに会ってください。


マジで!?
なにやら無理やり持っていった感じもしますが、とりあえず平丸さんおめでとうです。
ハハハ何というリア充なのだコンチクショウが。

人気投票の結果を踏まえ、見事に作った話という感じでした。


■■■エニグマ■■■

またいろいろと設定の話が出てきました。
やはりe-testは過去にも行われていたようです。
そして会長は過去のe-testの合格者だったようです。

101226エニグマ
おめでとう祀木ジロウ…
君が初めての成功者だ…!!


会長が参加したのは第2回、その終了時点での合格者は1人。
随分な人数が失踪していることになります。

そしてエニグマの目的も分かってきました。
どうやら「才能」のテストをしているようです。

ここで1話で気になっていた話を持ってきます。
スミオの母は、どうやらe-testのことを知っているようでした。
また、スミオの才能のことを「魔物」というような表現をしていました。
その母は、「影」のみ残して消えてしまったわけですが…

これから考えると
エニグマは組織のようなもので、才能を悪用しようと考えている。
単純に考えるとこういうことになります。

さらに妄想を膨らませれば、第1回目のテストの参加者にスミオの父が居たと。
そして第1回は合格者ゼロですから、シャドーとして校舎に残っていることが考えられます。

会長のシャドーに対しての言葉が気になります。
最も受け入れたくない逆の性分を持つ!

クリスと会長は、深い絆があったように見えます。
シャドーのクリスは、逆に会長を嫌悪しているようです。
つまりスミオ父はスミオのことを嫌悪し、スミオを捕まえにくる可能性があるというわけです。

うーむ、妄想ばかりが膨らんでいくぜ…


■■■いぬまるだしっ■■■

アウトになったらズボンを脱ぐとか

101226いぬまる

なにこのマンガちょっと読んでみたい。


■■■■■■■

一番危なっかしいライトウィングが過去偏に入りました。
これは、ここ数週間は大丈夫だという事が明らかになったということでしょうか。
しかし依然として掲載順最下位は変わらず。

動物園も結局後ろのほうで落ち着いています。
しかしぬらりひょんも後ろのほうとか、なぜなのだ…




■参考記事:
サンジが変態紳士だった件 2011年2号ジャンプ感想
フランキー、やはりお前がナンバーワンだ 2011年1号ジャンプ感想
とらぶるもアニメ化できたわけで 2010年52号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。