■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

久々のジャンプ記事です。
しかも合併号であった間に、ジャンプNEXTとSQ19(2010夏)も出ました。
それらの感想は追記に入れておきました。

いつもの河下先生の連載(?)と、エムゼロの叶先生の読みきりがありました。
あとは迷い猫がどうもSQ19に移籍したようで、その挨拶代わりの表紙を載せてあります。


■■■トリコ■■■

小松さんが覚醒しつつあります。
フグ鯨のときにもなんとなく感じていたようですが、食材の声が聞こえてきたようです。
客や料理人に対し人見知りするような繊細な食材…それが特殊調理食材の特徴なんですよ
この後、オゾン草の声をしっかり聞けるようになったようです。

100827トリコ

そしてトリコが、交際パートナー申請を申し入れるのでしょうか。

しかしその前に、GTロボ(改)とのバトルが待っている予感もします。


■■■バクマン。■■■

5週のシリーズ物をやると決めた2人。
まあ、要するにシュージンの話作りにかかっているわけですが。

100827バクマン

ここで2重暗号(って言うのだろうか)が出てきました。
いわゆる「ヒントはたぬき」レベルのものかと思いきや、縦読みを使ってくるとは。
しかし果たしてこいつでエイジたちに・・・勝てるのか。


■■■PSYREN-サイレン-■■■

このサイトは「サイレン」「巨乳」「マリー」で検索して来る人が結構居ます。
まあ、理由ははっきりしているわけですが。
■参考記事:巨乳マリーによるぱふぱふ発動 2009年21号ジャンプ感想
こんな記事を書いちゃってるせいですね!

さてそれで

100827サイレン
囚われのマリー

エロすぎる件。
大体、顔とおっぱいが同じ大きさってどういうことなの!?
アゲハがぱふぱふ食らったときは、顔ふたつにはさまれていたってことですかい。

うん、まあなんだ。
アゲハけしからん。


■■■ピューと吹く!ジャガー■■■

ついに終わってしまいました。

いやぁ10年間ですか。
それだけ長い間、私たちの笑点をつついてきてくれた作品でした。

終わり方としては、ギャグマンガのノリでそのまま締めた感じでした。

100827ジャガー

己のマスクを脱ぎ去るジャガーさん。
実は物凄いゴリラ面だった、ということでしょうか。
めその中身よろしく、残念ながら中身は分からずじまいでした。

うすた先生の次回作を期待しつつ、うすた先生本当にお疲れ様でした。


■■■メタリカ・メタルカ(ジャンプNEXTより)■■■

このサイトは「メタリカ」「シノ」「エロ」で検索してたどり着く人が結構います。
こちらの方は理由があまり分からないのですが・・・

100827メタリカシノ

こんな画像があったので、とりあえず貼っておきます。
エロとらぶるを考え始めたら、相当頭が悪くなりますぞー!(個人的な褒め言葉)


■■■■■■■

ジャガーが終わってしまいました・・・
ジャンプの後ろ盾(意味が違う)であり我々の最後の砦だったわけですが
作者がやめたかったんじゃあしょうがないです。

ジャガーが終わり枠に行ったことで、メタリカか少年疾駆いずれかの生き残りが濃厚です。
うーむ、どっちだろう・・・

ジャンプNEXTとSQ19の感想は追記よりどうぞ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

■■■ゴースト・ジム■■■

あのエムゼロやらプリティフェイスやらを手がけた叶先生の読み切りです。
叶先生らしさがよく出ていて、非常に楽しめました。

ストーリーですが

超偉大な科学者かつ発明家のジム。
そのお手伝いをするエレナ。

エレナは1週間の帰省から帰ってきたら、ジムの館が火事で焼け落ちていた。
主であるジムは火事の犠牲となり、埋葬も終わってしまっていた。

・・・ところが、ジムは自分の魂を機械に移しており人格だけは助かっていた。
だが、自分の偉大な発明をしまっておいた金庫がなくなっていることに気づく。
その金庫の行方を、ジムとエレナは探し始めて・・・



という感じです。
個人的に面白かったのは以下のコマ。

100827ゴーストジム
ブスッ    あふぅ!!!
はんぐふっ んはぁ~… あぅ


実は充電のシーン。
差し込み口は尻ントコだ。思いっ切りかき回せ!!
・・・叶先生は天才だな。


■■■Gマルえでぃしょん■■■

河下先生の、一応連載ということになるのでしょうか。
掲載2回目です。

今回からなのか、河下先生が本気を出しつつあります。
前に、初恋限定はとらぶるのちくびに敗れたと書きました。
■参考記事:週間少年ジャンプ26号:初恋限定の打ち切りにジャンプの新潮流を見た

河下先生もおそらく、その辺りは感じていたところだったのでしょう。

100827ジーまる
や・・・
ちょっ…!!コレって触…っ


まさかの触手が出てきました。

はじまったな!
これなら本誌でチクビをだすこともありえるんじゃないでしょうか。

次のSQ19は・・・11月19日だと・・・?
待ち遠しすぎる件。


■■■迷い猫オーバーラン■■■

さて・・・
内容に関する感想はないわけですが。

移籍の挨拶代わりが恐らく表紙なわけです。
ということで、表紙を持ってきてみました。

100827SQ19夏表紙

ここで着目すべき点は、当然チクビです。
水着越しとはいえ、まさか表紙にてチクビを描いちゃうとは。
これは素晴らしい挨拶・・・

あとは肉体の描き方でしょうか。
体のラインを1本の線でなく肋骨の辺りとお腹のあたりと脚につながる辺りと
体の部位フェチの心をもれなくつかむようなこの描写。
さすが矢吹先生です。




■参考記事:
WJヒロイン百花繚乱ポスターが素晴らしい件 2010年36・37号ジャンプ感想
間違いなくボールな件 2010年35号ジャンプ感想
SQでToLOVEるが復活するらしい件 2010年34号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...