■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

けしからん実に羨ましい!

「ラブひな」は上のような言葉が完全に当てはまります。

そんなけしからなさを、奥の奥まで読みすぎた感じで紹介します。


実はラブひなは・・・

温泉のぞきのぞかれマンガだったんだよ!

な・・・なんだtt(AA略


これは決して自分の深読みのしすぎとかではないです。

この変態は何を言っているんだ・・・?

とか思っているかもしれないであろう人も、この後の紹介を見れば

これ・・・温泉のぞきのぞかれマンガだ・・・

と、納得してくれるに相違ございません。


・まず、主人公とヒロインとの初対面のシーン。



ひなた荘に来て風呂に入っていた主人公のことを女友達と間違えて、風呂に一緒に入るヒロイン。

くそうなんて羨ましいけしからんシーン。


このあと、ヒロイン曰く少し大きくなったというチチを、主人公に御開帳します。

まず二人の出会いは温泉での裸の付き合いでした。


物語が進むにつれ、主人公の風呂のぞきが日常茶飯事になります。(全てタイミングが悪いだけ)

・物語の中盤では



風呂をのぞかれないことに、むしろ違和感を抱くヒロインたち。

Oh・・・けしからん。

実にけしからんよ主人公。

のぞくのが普通で、のぞかなかったら心配されるってどんだけ!

のぞかれることに一種の楽しみを感じるようになってきたようです。


・そして、物語が終盤に差し掛かると・・・



主人公が家の事情で1週間ほどひなた荘を離れていたときに

のぞかれないことに寂しさを感じていたヒロインが

バカ!!何やってんのよ帰ってくるなりーっ
このエロガッパーッ


の怒号とともに、のぞかれていたことを期待して開けたドアの前にカメが居たというシーン。


ここまで来ると・・・

のぞかれていなかったことに落胆の色を隠せていません。

のぞかれていないことに落胆して腰を落とすとか、どんだけ!


んー

ダーメ DE ショ。

いっぺん、BUCHIますよ!


・そして物語の最後では



何こののぞき公認宣言。

もうね、これはね・・・

どっちが変態だか、よう分からんわ。


いやしかし、ここで需要と供給のバランスを考えてみよう。

主人公:のぞきたい
ヒロイン:のぞかれたい


オーケーオーケー実にばっちりだ需要と供給が見事につりあっている。


初対面では風呂をのぞき(?)チカン扱いされ

そして最後には風呂のぞきをコミュニケーションの一種としてしまう主人公。

この手腕を見習いたいものです。


自分をオタ的な道に陥れてくれたラブひな。

この作品は20世紀末に現れたラブコメの中でも、実にけしからん作品であったようです。



関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...