■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の保健室の頭の悪さは、目に余るものがあります(マンダムな意味で)。
なんというか、作者が開き直ったというか。
己をさらけ出している感じが伝わってきます。

今週出てきた、悪い頭の産物は「春酔(ヌーディズム)」。
こいつに当てられると、服を脱ぎたくなるという実にけしからんやつです。

テコ入れというか、作者本来の良さがようやく出てきたというか
今後ヘタするととらぶるの後継者になることも予想されます。


■■■メタリカメタルカ■■■

始まりました、メタリカメタルカ。
個人的に物凄く期待していた連載です。

とりあえずの感想としては「まあ、面白いかな・・・」といったものでした。
正直、自分の期待が大きすぎた感じが否めません。

・・・が
世界観としては、トリコやハンターに通じるものがあります。
個人的には大好きな設定であり、展開次第で面白くなるのではないかと。

100520メタリカ
メタリカ族・・・!!?

へヴィメタ好きがホイホイ釣れそうな件。


■■■バクマン。■■■

サイコーとシュージンの最高傑作が出来上がったようです。

・・・しかし正直なところ
あのネームを見るだけではあまり面白そうでないと感じました。
面白いということにされてしまえば、面白いマンガなのでしょうが。
あまり深く入り込まないようにしようと思います。

それより今回のキモは静河さんですよ!
彼自身は1コマも出ていないのですが

100520バクマン
なんで急にこんな明るい女の子キャラが静河くんから出てきたんだ?

読者の皆様は答えを知っています。
そう、キャバクラ。

引きこもりだった彼は、物凄い勢いで社会勉強をしているようです。


■■■LOCK ON!■■■

個人的に、将来が一番楽しみな作品となりました。

祭の登場により、メインとなるキャラが出揃ったという感じでしょうか。
これからはキャラを上手く動かしていけば、良い話が出来るのではないかと感じます。
そろそろキャラが勝手に動き出しそうな流れも出てきています。

今週は真田と大和の良さを存分に描いた話でした。

100520ロックオン
俺の目にウソをつく事は出来ない

今後も真田の観察眼が良い方向に発揮されることが期待されます。

創部のための5人がそろいましたが、今後の注目すべき点はラヴですよ!
まだ、大和と祭しかラヴ臭が出ていないのです。

雪はキャラの性質上、ラヴ臭を出さないように進められる気もします。
先週あたりに、実は物語の中心はラヴであるという描写がありました。
要するに真田は間違いなくどこかでニコに陥落するわけです。
まあそうすると、ニコもいつの間にかラヴ臭が出てくるわけですよ。

そうするとアラ不思議。
実にマンダムなツンデレが出来上がるって寸法なのですよ!


■■■トリコ■■■

与作が出てきました。
最初は随分と残念なキャラとして描かれてました。

・やっぱりか!!やっぱりショーウィンドーはもうダメだったか!!こりゃ爆笑!!
・なぬ!?セツ婆来てたのか!!?それはルール違反だろが!!ダメだろルール違反したら!!


しかしこういったキャラは味が出てくるのが定説です。

100520トリコ
そうだ!!そのくだらんルールを打ち破れ!!そうしなきゃ見えない明日がある!!見えない未来がある!!その未来の足跡が・・・!!新しい定説だ!!薬は持ってけ!金は要らん!!お前のその心意気で十分だ!

随分と格好良いところも描かれていました。
相変わらずしまぶーは良いキャラを出してくれます(満面の笑みで)

全く・・・ウホが増えすぎるんじゃないかと(苦い笑みで)


■■■HUNTER×HUNTER■■■

冨樫先生は本当にどうしようもない場面に追い込むのが好きなようです。

・圧倒的過ぎるメルエムのオーラ
・ナックルとメレオロンが捕獲される

もうこれは、コムギとの面談でどうにかするしかない状況です。

100520ハンター
そうだ…!! 余はピトーに何か頼んだ…!!

ピトーが出てくれば、何とかなるはず…!とか思ってたら
ピトーはゴンが既にやってしまっていました…

メルエムがコムギと会うと・・・どうなるんでしょう?

1.さっさと軍旗を始めるぞ!生物統一なんてどうでも良い!
2.コムギ、子供を作るぞ!

ダメだやはり全然予想が出来ない・・・


■■■PSYREN -サイレン-■■■

意外なところにフラグが出現した件。

100520サイレン
頼んだわよヘタレ

カブトっすかフレデリカ様!
いやぁコレは実に楽しみです。

まあ、個人的にはフレデリカもそのままアゲハに陥落でも良かったのですが。
これ以上雨宮をヤンデレにしてほしくないのです・・・


■■■■■■■

へたっぴがアウトでした。
アウトというものか微妙なものですが、個人的には色々と楽しめました。

作中の村田先生のセリフが、今の村田先生の大変さを切実に物語っていました。

連載してまで人に伝えたい何かを持ってないとプロになるのは難しいと思いますけど、その辺の事って本人にしかわからない事ですから、誰にも助言なんてできないはずなんですよね。その何かがハッキリする迄は本当に孤独な戦いですよ~
今の僕みたく



漫画家とは実にせつねぇもの也。

そういえば河下先生の3つ目の読み切りがSQ19に掲載されています。
ちなみにヒロインは、ある将来でエロ漫画家として名が売れている女の子でした。
これは果たして迷走なのか、名想なのか・・・




■参考記事:
予想だにしなかった作品がまさかのアウト! 2010年23号ジャンプ感想
冨樫先生が本気を出している件 2010年20・21号ジャンプ感想
久々に冨樫先生が凄かった 2010年20号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。