■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

とりあえず取り上げなければいけないのが
我らが矢吹先生による迷い猫オーバーランのアニメ化です。

100425迷い猫アニメ化

アニメ化早いと思いつつも、深夜枠ということに非常に納得。
つまり深夜でしか出来ないことをやってくれるわけですね!

天才が・・・その才能の・・・使い道を決めた。
そう、つまりエロス。
全くもっていいぞもっとやれの世界です。


■■■銀魂■■■

100425銀魂
ハレルヤぁぁぁ!!




ハレルヤぁぁぁ!!




ハレルヤぁぁぁ!!




実にバカである(非の打ち所の無い褒め言葉のつもり)


■■■トリコ■■■

さて、前回リーガルマンモスではトリコたちの完全勝利でした。

しかし今回は美食会にもスープが行ってしまったわけです。
トリコたちと美食会はともに限界を打ち破ることでしょう。
まあつまり、勢力的には引き分けというところでしょうか。

そういえば鉄平が大きな気を2つほど感知していました。

100425トリコ

その片方が実にババァだった件。
やはりセツ婆は只者ではなかったようです。
流石あの次郎のパートナーを務めるだけあります。

8本腕のワリオ級のデカッパナを小童呼ばわりとは。
ババァが始まりそうな件。


■■■バクマン。■■■

今週の蒼樹紅先生ーっ
ジャ~ン♪

100425バクマン

なんと1コマ出ていたでござるの巻き。


■■■HUNTER×HUNTER■■■

久々に冨樫先生がすげぇと感じました。

100425ハンター

ここから最後までの6ページが凄い迫力でした。
しかし相変わらずゴンが主人公していないと感じるのは自分だけでしょうか。

このまま怒りに任せてしまうと流石に・・・
キルアが向かっているわけですが、それで果たしてゴンは正気に戻るのかと。
かなり気になる展開になってきました。


■■■■■■■

そういえば河下先生が再び読みきりを掲載されるようですね。
画像も出ていましたが、ちょっとこちらの事情で割愛・・・

河下先生の女の子は、キャラが定着してくるまでが違和感たっぷりでいけません。
いちごの西野がヒロインとしての魅力が凄かったように思いますが

初期の頃を見てみると、実は結構遺憾でござったの巻き。
「私可愛いでしょ?」という感じを受けるキャラになっている気がします。
まあ、このような段階が無いと終盤の可愛さが出てこなかったのかも知れませんが。




■参考記事:
ぱんつ神がぱんつ感を語ってくれたでござる 2010年19号ジャンプ感想
女のバトルは恐ろしい件(自分には縁が無い件) 2010年17号ジャンプ感想
おいおいハンターが11週目じゃないか 2010年16号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/04/27/Tue 10:48 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...