■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

新連載の情報が載っていました。

LOCK ON! 土田健太先生
詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。 古舘春一先生


おー、これ両方とも覚えています。

ロックオンの方は感想が見つからなかったですが・・・
小ならば 大きくしちゃおう そのおっぱい 2009年28号ジャンプ感想
四ッ谷先輩の方は感想がありました。
読み切り時は四ッ谷先生でしたが、今度は四ッ谷先輩になっています。
タイトルまで変えたということは、込められた思惑があるはず。
なんでしょう、ラブ臭でしょうか?(それしか頭に無い)


さて神のお戯れの時間です。
ちょっと予想外の、連続告知です。

49 名前: ◆EizHb38XPU [sage] 投稿日:2010/02/15(月) 01:38:54 ID:3e4vFUc/0
小ネタ
・彼方out
・12ドベ6彼方、めだか、PSY、保健、爆、犬
・13Cぬらり、LO  休OP



このままいくと時間の問題だと感じていた彼方に、予想以上に早い布告が来ました。
キャラがようやく立ってきたように思っていた矢先の、不慮の事故でした・・・


■■■ONE PIECE■■■

ここ10週くらい、とんでもないテンションで突っ走っている作品。
先生曰く「これで中盤の大盛り上がり」なのだから、ラストは一体どれほどのことになるのか。
ここまで連載が続いてなお、末恐ろしい作品です。

100216ワンピース
愛してくれて・・・ありがとう!!!

まさかここでエースの死(限りなく事実に近い)ものが描かれるとは思いませんでした。
確か先生はどこかで「主要キャラは殺さない」的な発言をしていました。
その発言をぶった切ってのこの展開でしょうか。
白ひげもかなり危なっかしく描かれていますし。


■■■バクマン。■■■

シュージンと見吉の結婚が決まりました。
19歳で結婚とか・・・その決断を出来ることが凄いです。
まー、自分はそもそも相手がゴニョゴニョゴニョ・・・

さてそれはそれとして

100216バクマン

もう完全に服部さんの思惑通りな件。


■■■べるぜバブ■■■

100216べるぜバブ

あれ今のジャンプにこんなに面白そうなラブコメありましたっけ?


■■■HUNTER×HUNTER■■■

ウェルフィンがハッタリのみだった件。
しかしまさかイカルゴが勝ってしまうとは・・・
これまた予想外の展開でした。

さてネテロと王はというと・・・

100216ハンタ

相変わらずの展開でした。
ただし王にはわずかではあるもののダメージが蓄えられつつあるようです。

・・・しかし
次の瞬間に、吹っ飛んだネテロの脚。
これで完全に王の優勢かと思われますが・・・
そういえば百式の零ってやつは?

この場面には、まだもう一展開ありそうです。
一展開だけで済むかどうかは分かりませんが。


■■■めだかボックス■■■

阿久根の過去が明らかになりました。
まさか球磨川の下で色々と動いていようとは。

100216めだか
だからお前が、俺の何かになってくれ

これで何も気づかないめだかもめだかです。

そして
間違った中学デビューの善吉が面白すぎる件。


■■■■■■■

保健室が進むべき方向を見つけたようです。
この方向のまま進んで欲しいところです。

しかしこれで、今回の打ち切り作品が2つ決まったわけですか。
新連載は2つ。
打ち切り祭りはコレで終了かと思われます。

次の打ち切り作品は・・・
まだまだ予想できない場面にあると思います。
現在の候補であるリリエンも保健室も、面白くなる可能性を秘めた作品に思われます。




■参考記事:
神様の御言葉にござる 2010年10号ジャンプ感想
男同士の抱き合いにシャボン玉的なトーン 2010年9号ジャンプ感想
銀魂で「そぉい!」 2010年8号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

よく誤解されますが・・・
「後味が悪くなるからなるべく死なせたくない」
「生き返らせるくらいなら最初から死なせなきゃいい」ってのが
尾田先生の考え方だそうです^^

ペルもイガラムさんも「生きてたよ」ってだけで
「生き返った」わけじゃないですしね

エースは元から死なせる予定だったそうで・・・

もしかすると2年後編前までは大きなくくりで考えて
「ルフィ」の過去編だったのかも知れません

過去編ではバシバシ死んでますからねえ;
確かに「死んだ」人が「生き返った」ことはワンピではないんですよね
さやか | URL | 2013/01/10/Thu 12:49 [編集]
■さやかさま
コメントありがとうございます~

なるほど…
話で聞いただけだったので、誤解していたっぽいです(゚ロ゚;)

しかし2Yearの前までが過去編というのは、面白いですね。
今後インタビューなどで明らかになっていくかもしれませんね。
さぎん | URL | 2013/01/12/Sat 19:55 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...