■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

どうもです。
スキャナの調子が悪いとか言ってたら随分更新ふっとばしていました・・・
未だに調子が悪くて、画像が見づらいかもしれません。
その辺りはご了承いただけたらと思います。


さて早速
週中に更新できなかった7号のピックアップを。

■■■あねどきっ■■■

遂に終ってしまいました。
なんというか、最初からどうもキャラが馴染んでこないとは思っていました。

ヒロインにミステリアスな魅力を出そうという感じは伝わるのですが
それで逆にヒロインに感情移入しづらくなっている気がしました。
まあ、いちごの西野も最初はそんな感じでしたけどね。

しかし個人的に思うのは
もっとちあを出していればよかったんじゃないかと・・・
途中でちあのラブ臭が出たときはかなりのガッツポーズをしたものです。
ちあが一番人気あったんじゃないかな?とすら勝手に思っています。


最終話の話です。
なんというか、完全に放り投げられたような終り方でした。
なつきは洸太に恋愛感情を持っていたのか、そうでなかったのか。
断定できるだけの情報はなかったように思われます。

結構色々なピースが散りばめられては居ました。
しかしなつきの気持ちが一番描かれていたと思うのは、このコマです。

100130あねどき

正直、このコマがなければなつきに恋愛感情はなかったと断定していました。
洸太とは完全に姉と弟という関係のみであったと。

終ってしまった作品ですし、この続きが描かれることは中々ないとは思います。
ジャンプ系列の別の雑誌で描かれることはあるかも知れませんが。

なつきにはそれほど惹かれていなかったので、個人的にはコレで終りということで納得。
妄想は特にありません。
しかしちあは置いていって欲しかった・・・


■■■銀魂■■■

100130銀魂






そぉい!


■■■めだかボックス■■■

100130めだか

遂に来ましたラブ臭!
しかしそれが善吉の知らざるところでの話とは・・・
西尾先生はどうも、ラブコメに持っていくことを極力さけているように感じます。
スキャナの調子が悪くて、めだかの表情がつぶれているのが実に残念すぎます・・・

ただ、最後のコマで善吉が殺されかけているわけで・・・
次号が物凄く気になる展開です。


■■■HUNTER×HUNTER■■■

行方が分からなくなっていたパーム(?)が遂に登場しました。

100130ハンター

JOJO風だとツッコみを入れたのは自分だけではないはず。

現時点で分かっていることは
・パームの記憶らしきものを持っている
・パームの能力らしきものを持っている
・ゴンを探している
・キルアを殺したいと思っている

断定できる情報はこのくらいでしょうか。
まだ分からないことが多すぎます。


■■■バクマン。■■■

港浦さんの能力が低いという話がチラホラ出てきています。
実際その通りだとほぼ10割の読者が感じていたのではないでしょうか。

そこに

100130バクマン
自分の描きたいものが描かせてもらえない
これは自分に才能が無いと自ら認めている事だ


編集長の、力のこもった一言です。
ちょっと自分もドキッとしました。

前々から、亜城木2人の作品には弱点があるという話がありました。
作品は流石に読めないので、それが何であるかというのは分かりませんが
これが解決されてようやく、次の連載の獲得に至るのではないかと思います。


■■■■■■■

しかし最近のワンピの面白さはただ事ではありません。
少年漫画たるものこうであれ!という、正に理想を突き進んでいる感じです。
単行本も凄く売れているようですし、今後も実に楽しみな作品です。

そういえば今回はサイレンが巻頭でした。
そして表紙はぬらりひょんの孫。
前はスケサイぬらりという3強(打ち切りの)とまで言われていたのですが。
スケットダンスも第55回小学館漫画賞・少年向け部門を受賞してますし。
■参考記事:少年部門は「SKET DANCE」が受賞…第55回小学館漫画賞(プラティカルパ)
3作品とも本当に面白い作品になってきたものです。




■参考記事:
ハンタ復活しかも10号連続って書いてない! 2010年5・6号ジャンプ感想
再びあの作品が復活!? 2009年50号ジャンプ感想
腐女子サービス係が必要でござる 2009年47号ジャンプ感想


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...