■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

ふと・・・

打ち切りラインが見えた。

これ以降のマンガはここ数週間で打ち切られる運命にある、と。

MP3プレイヤーをランダム再生しているときに、次にかかる曲が何故か分かってしまった時のように

はっきりとそれを意識したのです。


今までいくつかのマンガが打ち切られるのは感じることが出来ていたが

これ以降のマンガは全て終ってしまうだろうという打ち切りラインが見えたのは初めてでした。


・バリハケン
 これは面白いのですが、イマイチキャラを使いきれていないというか
 ネタ切れというか・・・

・SKET DANCE
 これ・・・打ち切られるの?
 これは打ち切りラインに入っていないんじゃないかという気がします。

・サムライうさぎ
 これが終ってしまうとなると、物凄い残念なのですが・・・
 ほぼ完全にバトル漫画に移行してしまっていることと、終ってしまう要素が盛りだくさんであること。
 うーむ・・・厳しいか・・・

・ぼくのわたしの勇者学
 これは最初は正直すぐに終るだろうと思っていたのですが
 予想に反して少しずつ面白くなってきたマンガです。
 いやしかし・・・ついに終ってしまう予感。


こうしてみると、個人的には終ってしまうのが惜しいマンガが多いです。

しかしサムライうさぎは・・・バトル要素を上手く取り除かないと復活は厳しい・・・かな。


□□□□□□□

トリコですが

お菓子の家にしまぶーのセンスを感じました。

住みたくはないけど、一度お邪魔したいぜ・・・

家の柱がチョコレートだったり壁からソフトクリームが突き出ていたり

家を出るときにドアノブを折って、それを食べるとか。

いやホント良いセンスしてます。


そして、早速も力のインフレが起こってます。

一両20億の戦車を軽々ひっくりかえすようなゴリーラが群れを成しているところに攻め入るそうです。


だが、それがいい。

トリコはもう、完全にバトル漫画としての期待で一杯です。

トリコもその一人であるという四天王の存在が明らかになりましたし、とりあえず今後の展開に期待です。



□□□□□□□

PSYREN-サイレン-は面白い。

みえるひと、のときは正直微妙だったのですが、今作で化けた気がします。

ちょっとヲタ向けの要素(ヤンデレやらウホやら)が多いのですが、むしろ望むところにございます。


夜科と言い争うのは好きじゃない
バカだから通じないのだ
気持ちとか、その他いろいろ



ん・・・?

これは

フラグ、ですか?



□□□□□□□

ジャガーが久々に面白かった。

ショックを受ける効果音が、徐々にこみ上げてくるものがありました。


・ハンサメーン

・ハンサムーン

・ハンサムーン

・ハンサムーン

・ハンサムーン

・ハムーン

・ハサーム

・ガムーン


うん、やっぱ流石です。



□□□□□□□

初恋限定とエム×ゼロが終ってしまったわけですが、ジャンプが物凄くさびしくなった印象をうけました。

特別好きなマンガだったというわけではないのですが

なんというか、こう・・・

ビタミンのバランスが崩れたような、そんな感じ。

雑誌でも、作品のバランスが大切だと思うのです。

全てバトル漫画だったら、すぐにおなか一杯になるだろうし

全てが推理マンガだったら、脳みそが発芽しそうな勢いですし

全てがラブコメだったら、それはもう少女マンガで良くないか?


やはりバランスなのですよ。

マンガの系統のバランスも意識した編集であって欲しいのです。




関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...