■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近年実に素晴らしい方向に進んでいると自分の脳内でもっぱら評判のサンデーですが
その中でも「はじめてのあく」がこれまた実に素晴らしいのです。

はじめてのあくですが、藤木先生による所謂ラブコメです。

・・・表向きは。

こいつぁラブコメの皮をかぶった布教マンガですよ、間違いなく!
巧妙な手口でネタに昇華されている布教が
あたかもキャラが発したかのごとく語られる藤木先生の心の叫びが
何某の宝石箱のごとく詰まっております。


さてストーリーですが、ヒロインのキョーコの元に
悪の組織の天才科学者であるジローが転がり込むという話です。

第1話では、ジローが寝ているキョーコを改造しようとするシーンから始まります。

090523早速改造
マッドサイエンティストがジロー
両手両足を拘束されているのがキョーコ


ツッコみどころが満載ですが
その中で注目したいのが、キョーコの貧乳です。
これがこの物語の裏に隠された、一つのメッセージなのです。




ラブコメ的要素

これはかなりストレートな、教科書的な王道のラブコメです。

なんども書いているような気もしますが
自分、こういったテンプレートどおりのラブコメはいくつも見てきました。

要するに大好きなんです。

キョーコの気持ちに関しては、1巻ではそれほどあからさまな描写はありませんが
ジローに関しては、1巻から既にラブ臭MAXです。

090523密着
な、なんだ!?なぜか心拍数が・・・!
キョーコの特殊能力が!?お、落ちつけオレ!!


暗闇でキョーコが密着してくれば、己の心拍数を限界まで高めてきます。
近づくと相手の心拍数を高めることが出来る能力
一体誰が得する能力なのか、と。

そしてジローの本音が、既に1巻から描かれています。
キョーコに弱点を喋らせるためにジローが作った「ジハクシール」というアイテムがあります。
その名のとおり、貼られた人は思っていることをそのまま喋ってしまうというものなのですが

090523本音は
くっそう!!
かわいいではないかキョーコ!!


第2話にして、既にキョーコに骨抜きにされかけていることが発覚。
こいつぁきっと、一目ぼれっていうやつですよ!

しかも、その気持ちにジロー本人は全く気づいていないという設定が
これも王道ながらやはり実にマーベラス!

そしてジロー本人が自分の気持ちに気づいたとき
これがもう一つのニヤリングポイントです。
物語が進めば訪れるであろうその瞬間を、ハンターのように狙っていたいのです。




巨乳好きの主人公

主人公は、物凄くまっすぐな巨乳好きです。
今まであからさまな巨乳好きといえば某ジャンプマンガで紹介しました
ジローも、これに近いほどの巨乳派です。

(自分の中では既に)一目ぼれしたキョーコの胸が小さいのが気に食わないらしく

090523貧相な胸
この貧相な胸を、大きくすることも可能だぞ?

その胸を大きくする計画を企てています。
そのキョーコのおっぱい改造計画はもはや物語の最終目標として位置づけられ
ジローがどれほどの巨乳好きであるかが伺えます。

そして
そのおっぱい改造を必ず成功させなければならないという、ジローの気迫も垣間見えます。

090523実験台として

男を実験台にして、キョーコ巨乳化計画の予行演習を行おうとします。
素晴らしい!
実に抜け目の無い巨乳好きのようです。




貧乳布教マンガという話

さてようやく本題です。
物語の中で、キョーコはごく一部の男子から人気があり
それらの男子がキョーコファンクラブなるものを立ち上げています。

胸だ!胸をもっと大きくすれば完璧な・・・

巨乳派のジローが、キョーコを巨乳にする計画を語れば・・・

090523貧乳の教え

アホかきっさまァァアアアア!

小さいは正義!!大きくしてどーするかー!!
日本人ならその奥ゆかしさをわかろう!!
本人も気にしてるんだ、逆に傷つけてしまうぞ!
これだから素人はっ!!


貧乳の素晴らしさをコレでもか、というほどに突きつけてきます。
主人公を巨乳好きに設定することで、逆に貧乳の素晴らしさを伝えるという
実に巧みな手法が執られています。
ファンクラブの皆様は実に良く分かっていらっしゃる!


そしてファンクラブの皆様の必死の弁論の結果か、あるイベントをきっかけに
ジローにある変化が訪れます。

090523貧乳わしづかみ
あるイベント

なんとジローがキョーコの胸を鷲掴みにします。
けしからん!実にけしからん!

これは一見トラブルのようにも見えますが
藤木先生の深い計算の末に導かれた、計画通りの布教活動の一部なのです。

090524貧乳もおっぱい
小さくても・・・・・・おっぱい。

巨乳が大好きであったジローが、貧乳もおっぱいであると認識したのです。
むしろ貧乳の良さに目覚めつつあるのです。

ようこそ貧乳派の世界へ。


今現在の、はじめてのあくの表向きのストーリーは以下のとおりです。
 ジローが社会に溶け込むことが出来れば、キョーコのおっぱいを巨乳にすることができる

裏向きのストーリーは以下のとおりです。
 巨乳好きのジローが、如何にして貧乳好きに変わっていくか

この表向き及び裏向きのストーリーを、藤木先生が如何に調理してくれるのか。
今後も実にワクテカが止まらない作品なのです。




裏づけされた貧乳好き

これまで、自分の妄想をそのまま書き連ねてきたわけです。
自分の中では、藤木先生は間違いなく貧乳好きであると確信して。

そして先日
なんと意外なところから裏づけが取れました。
ヤマカムさんのところで「はじめてのあく」1巻がマーベラスですという記事を読んでいたところ・・・

090523藤木先生貧乳好き
藤木さんは無理して大きいおっぱい描く必要ないんですよ。
どーせ貧乳好きなんだから、小さいおっぱいを楽しんで描けばいいじゃないですか。


藤木先生の貧乳好き確定オッケーイ!




おまけ

藤木先生は、貧乳好きであるばかりか・・・

090523貧乳ぱふぱふ
まさかのぱふぱふ

貧乳によるぱふぱふも大好きであることが確定オッケーイ!


そしてもう一つネタをば。

キョーコを神と崇めるファンクラブの連中ですが

090523藤木先生の夢
キョーコくんの
うすい胸・・・ うすい腰・・・ うっすい尻・・・!
神の造形ですなァ・・・

ふまれたい!


連中の言葉は藤木先生の心の声であると考えられます。




■amazonの関連商品へのリンク



関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。