FC2ブログ
■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

180517表紙
紺野あずれ先生の「ノブナガ先生の幼な妻」が発売されています。


紺野先生の作品は、前作の私立はかない学園から入りました。
はかない学園は、ぱんつ着用禁止の学校におけるラブコメです。
読んだ感想は、紺野先生は天才だな(変態方向に)というものでした。
「No Pants, No Problem!(ノーパンツ、ノープロブレム)」という表記も天才の所業ですな。


さて、今作はどのような作品かと言うと…
エロゲ大好きな主人公に、14歳のロリが子作りを迫るという作品です。
紺野先生にしては、ちょっと変態度が控えめな印象ですね。


前作のときは
ぱんつ無くして女の子の赤面を描きたい!
が出発点でした。


今作は以下のとおりです。


180517紺野先生
そういや戦国時代って12歳とかで結婚してたよな。
合法ロリ天国じゃないか



やはり先生は天才でした。


細かい話は追記より
↓↓↓↓↓↓↓


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします
スポンサーサイト




180508表紙
平尾アウリ先生の「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が発売されています。


一言で表そうとすると、ドルオタ百合漫画ですね。
ドルオタ(主人公)とアイドル(ヒロイン)の百合物語です。


この作品を紹介するに当たり重要なポイントが、ドルオタとアイドルの心理描写です。
どうやら平尾先生がドルオタのようで、オタ側の心理描写は本場仕込み。
一方アイドル側の心理描写もまた素晴らしい。
A応Pなるアイドルグループとの対談(音楽ナタリー)の中で、アイドル側が絶賛していました。


ドルオタとアイドルという関係性が、とても良い。
読み進むにつれ、これが互いにとって大きな障害なんだな、ということに気付かされます。
この関係を、ぜひ楽しんで下さい。


細かい話は追記より
↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします
Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...