■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬらりひょんが方向転換?をし始めて、ラブ要素が入りました。

少し前からも入っていたような気もするのですが、今週ついに明らかなるラブ臭が描かれました。

オッケーイ。


この前はサムライうさぎが終わり、今回でも1つの作品が終わり・・・

ジャンプは今、転機を迎えているのでしょうか。



■■■■■■■

ぬらりひょんの孫

あなたのこと・・・
もっと・・・教えて下さい!!


なんと・・・?

どうやら方向転換を図っているような気がしないでもないです。


このまま行くと、軽くラブコメが入るわけですが・・・

全く、どこかの地獄先生の流れに似てる気がしてきました。

テンプレート的によくある流れなわけですよ。


ちなみに自分はこういう漫画は・・・

大好きなんですオッケーイ!

やっぱラブ要素ですよねラブ要素、ラブ臭とも言います。


しかし妖怪達が妖怪Verのリクオを名前で呼んでいるにも関わらず、人間Verのリクオに対して

おねがい~リクオく~ん
あの人のお名前は~?


というのはあまりにも鈍すぎというか、注意力が無さすぎなんじゃないでしょうか。


べ・・・別にい・・・いいじゃない
リクオ君には関係ないでしょ   ポウッ(頬を赤らめた音)


うん、まあなんだその・・・

オッケーイ!


■■■■■■■

トリコ

ちょ、トリコさんや。

アゲハコウモリって生で食べて美味しいんですか?

なんか鼻水たらしていて、凄く不味そうなんですけど・・・


って、デビル大蛇でけぇ!

捕獲レベル21やべぇ!

ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ロ゙

鳴声もやべぇ!


一応ココのフルコースメニューには捕獲レベル30のドムロムの実はありますが

爬虫獣類の捕獲レベル21はどうなんだろう・・・

とりあえずはコイツがこの洞窟のボスだと思っていいのでしょうか。


あ、そういえばココが小松さんの死相をめがっさ見ていた件ですが

小松さんがいきなり誘拐されましたね。

おとなしくしてな坊主
すぐ楽にしてやるぜ へへ・・・


誘拐した人の目的と、この台詞の意味不明さがアレですが、小松さんピンチです。


ちなみに、次号の予告のところには以下のように書かれていました。

次号、巻頭カラーでデビル大蛇と超バトル!!
そして小松、死す・・・!?


これはやべぇ!


■■■■■■■

ToLOVEる

けしからーん!

全く矢吹先生は実にけしからん!


お静の念力集中により、物理的にくっついたリトと春菜ですが・・・

ゆ・・・結城くん
手が・・・


なんとリトは、どさくさに紛れ春菜の浴衣の中に手をもぐりこませて春菜のオパーイに触れていた。

浴衣ってNoブラジャーでしたっけ教えてくださいエロい人ハァハァ・・・


■■■■■■■

ぼくのわたしの勇者学

ついに終ってしまいました。

ちょっと前から面白くなってきていたのですが、ジャンプはどうもそういった作品も遠慮なく切るようで

見事ばっさりと行かれてしまいました。


いやしかしそれにしても

タイトル:そして伝説へ・・・

あれからもう・・・
70年も経つんだもの・・・


色々と斬新過ぎました。


しかしそれにしても

最終話の中でさりげなくこんなことが書かれていました。

さらに翌年には漫画化
・・・これはあまり売れなかったらしいが・・・


ちょっと大人の事情を感じました。


■■■■■■■

さて次号は何故かキャプテン翼の読みきりがあるようですが・・・

一体どういう流れなんでしょうか。


そういえばデスノートの作者様が復活するという噂もあります。

水泳とかのスポーツ漫画だとか・・・

ラルグラドはどうにも失敗だったため、今回の作品には期待したいところです。





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします
スポンサーサイト

嬉しい苦渋の選択をしなければいけないという、けしからんハーレムにラブコメは陥りがちなのですが

実際ハヤテのごとくもそのような感じに陥っております。

この前発売された16巻に至るまでに主人公が陥落させてきたのは・・・

確定しているだけでも4人、未確定ですが怪しいのが4人ほどです。


そしてその中でも、ハヤテとしても心が揺らいでいるのが・・・4人ほど。

なんというけしからなさ!

自分だったら・・・

というか漢の9割であれば、そのうち誰か一人を本気で攻略にかかりゴールインするだろうという

まさに妄想にしかありえないシチュエーションなわけです、マンガだけに。


8巻で、ハヤテは一度苦渋の選択を迫られているのです。

3人のうち誰と・・・?
それじゃあ・・・
あの西沢さんって子と私とマリアさんの3人のうち、誰と一緒に入りたい?


誰とでもオッケーイ!

自分が思わず叫んでしまいそうな選択ですが、ハヤテは結局答えを濁すのみにとどまるのです。


そして今回出た16巻では

ヒナギクの手をつかむハヤテ
え?

オッケーイ!

自分が思わず叫んでしまいそうなシチュエーションですが、ハヤテは平謝りするにとどまるのです。

こういうコマだけ見てると、ヒナギクと付き合えばいいのに・・・とか思うのですけどね。


同じく16巻ですが

「泉父は、泉がハヤテのことを好きと勘違いしているんだぜ」的な発言に対して、泉は

泉、陥落す
ふぇ!?

オッケーイ!

自分が思わず叫んでしまったシチュエーションであり

このハヤテのごとくの世界に、また一つ新しいフラグが生まれたわけです。

全く・・・ハヤテも落とし神じゃないのか?


ラブコメの主人公は、鈍くてヘタレな必要があるというのは最近では常識になりつつあるようですが

それにせよハヤテの恋愛事情がまとまらな過ぎる流れで、16巻までは全然後が読めませんでした。


しかしそれも、16巻の発売により相当な前進を見せることになりました。

幼稚園の頃のハヤテの彼女として、そして物凄い女王的な存在として描かれてきたアーたん。

一体どういう女の子だったのかと泉に聞かれたハヤテは・・・

アーたんとの間の過ち
おかしいな・・・!!なんで・・・
涙なんか・・・!!


彼女との最高の思い出と、自分が至らなかったゆえに生じてしまった亀裂。

彼女を思う気持ちが強いほどその後悔は時と共に蓄積し

その後悔はハヤテの頬をつたう涙に、形を変えたわけです。


およそ10年経った今でも、ハヤテの心にはアーたんがいたわけです。

なるほどこれなら収束しない恋愛状況にも納得がいきます。

10年以上も前の恋心を忘れないハヤテ・・・

なかなかにダサく、カッコいいじゃないですか。


さてそのアーたんですが、17巻に大々的に取り上げられるようです。

16巻の巻末の作者コメントに

さてさて、そんなこんなでこれが発売される頃には連載の方ではおそらく決着がついていると思いますが次の巻からこの漫画は大きな転機を迎える事になります。アニメの1期目も終わり、そろそろ新しい展開を進めてもいいかな?と思い、この漫画の本質的な話をやろうと考えております。

なんていう記述がありました。

今のハヤテの土台を構成しているであろう、アーたんとの出会いや恋を書くということでしょう。

ブログ上ではすでに、何人かの人がウハウハしているので

アーたんとハヤテの話に萌だえること間違い無し、と今から踏んでいるのです。


アーたんの話がどのように終結するかによって、今後の恋愛情勢が決まるわけですが

一体どうなってくれるのやら・・・

とにかく、実に楽しみです。




このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

今更ながら一言物申したい!

おい、桂馬よ・・・

お前相当なスペックの持ち主じゃないか。

異論は認めません。


なんでこれほどのスペックの持ち主が2Dの世界にハマってしまったのか

それはもう言うまでも無く2Dの魅力のせいだとは思うのですが・・・

もう少し3Dの世界でも何かあっても良かったんじゃないでしょうか。

それどころか現実の女の子にはオタメガネと呼ばれる始末。

現実の女の子(注:マンガの女の子)は男を見る目がないです。


さて、桂馬がハイスペックなところをばしばしと挙げていこうと思います。

まず、桂馬は結構なイケメンだと思うのです。

表紙のイケメンな桂馬

如何でしょう。

これは表紙の桂馬ですが、何も知らなかったら普通のインテリイケメンに見えるような気がします。

いやしかしこの学校、制服がカッコよすぎるだろ・・・


また、青山美生の攻略最終日には

庶民にも衣装の桂馬
か・・・桂木?
か・・・かわいい・・・ 庶民にも衣装ね。


という感じに、美生を慌てさせるほどのイケメンのようです。


次に、桂馬は相当なたらし能力の持ち主だと思うのです。

高原歩美の攻略のときは

とっくに一番とってるよ
君はとっくに一番とってるよ。
ボクのなかで。


そのイケメンフェイスと、クサい台詞で歩美を陥落させたわけです。

この台詞・・・相当なたらし能力が無ければ出てこない台詞だと思います。

まあその台詞もおそらく、コレまでのギャルゲ経験からの産物なのでしょうが。


そして特筆すべきは、桂馬のツンデレ。

ツンデレな桂馬
そんなこと、知るか!!

と、冷たくエルシィを突き放したと思った次の瞬間

優しくエルシィを受け入れるという素でのツンデレっぷり。

これには現実の(マンガの)女の子も陥落するでしょう。


また、桂馬には物凄い特殊能力が備わっています。

落とし神の本当の姿
神様の・・・神様の腕が!!
あれが落とし神様の本当の姿!!


6つものギャルゲを同時プレイすることが可能!

このことを、キモいと華麗にスルーする無かれ。

6つの画面を見て、一瞬で話の流れを読み、一瞬で女の子の望む選択肢を決めるという

・判断力
・速読力
・他感力

などなど・・・

とにかく沢山の能力が備わってない限り不可能な特殊能力なわけです。

ああ、そういえば勉強が物凄い出来るというような記述もありました。

所謂学校の勉強というものは全て得意だそうです。


最後に、話の流れとはあまり関係が無いのですが・・・

桂馬さんは実は物凄いお金持ちです。

ギャルゲを買いに行ったところの描写では、同じソフトの限定版と通常版を買っていましたし

何より、桂馬のプレイしたことのあるゲーム数は実に5000を超えるわけです。


PSPやパソコンのギャルゲ1本の値段がいくらか、ということは知りませんが

安くても1本3000円くらいはするんじゃないでしょうか。

それを単純計算してみると、実に1500万円。

お小遣いってレベルじゃねーですよ。

最後に地力としてものを言う財力を、学生のときに既に相当に高いレベルで備えているのです。


21世紀のサンデーに突如現れた、地獄までその名をとどろかせている落とし神は

名実共にゲーム世界及び現実世界での落とし神だったようです。





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

まさか・・・暴走・・・?

エヴァの初号機よろしく暴走する矢吹先生を止める術はあるのか!?

今、彼はまさに暴れん坊将軍。

彼を止めるためには、相当な純度のA.T.フィールドを展開しないといけないような気がします。


■■■■■■■

トリコ

ちょっとこの洞窟・・・

気持ち悪い生物が居すぎです。

巨大なヤスデにサソリゴキブリ・・・だと・・・?

本気で入りたくないです。


さてそんな洞窟に同行している小松さんですが、全く死に対する緊張感がありません。

トリコとココから少し離れたところで、食材を探し回ってます。

小松くん・・・アンタはキンチョー感持って・・・
お願いだから・・・


ココも随分心配してくれているようです。


いやしかし

せっかくココが、危ないから止まれ、って言ってくれているのに

ダッシュして近づき、サソリゴキブリの巣に落ちかけるとか・・・

ココの見た死相は間違いなく小松さんを包んでいるとしか思えません。


さて、フグ鯨ですが

捕獲レベル29とか、どんだけ!

まあ、毒化させずに捕獲するレベルが29で、毒化を無視した場合は捕獲レベル1以下だとか。

あと、フグ鯨のディテールが結構考えられていて、ちょっとそれっぽく感じてしまいました。


■■■■■■■

バリハケン

うん、まあ何でしょう。

90%くらいの人がわかっていたとは思いますけど、やっぱり誤解が元でしたね。

しかしだんごっちは一体どういう感覚で、あのような文字の区切りをしたのだ、と。

におう
   け
   ど
  あら
  いま
  せん


これはひどい罠・・・


いやーそれにしてもアレですね。

誤解が元で壊滅させられた3年生達はもう、不憫としか言いようがありません。


■■■■■■■

ダブルアーツ

これはキタ・・・

久々にダブルアーツキタ。

またキリがエルのことを名前で呼んでたことを、華麗にスルーしていたくらい来ました。


助かるわけ無いって思ってた・・・
夢や希望なんてないんやって・・・



ハイネが自ら捨ててしまった夢と希望と命を、エルとキリが拾い上げた。

そしてその拾い上げたものが、どうやら物語の名前を付ける元(の一部)となっているようです。


ああ・・・こんな気持ち久しぶり・・・!!ワクワクして早よ描きたくてたまらへん・・・!
何を描くかは・・・今日決めた・・・!
構図も、モチーフも・・・!



ハイネが心のキャンバスに焼き付けるために作った指のフレームの中には

エルとキリが手をつないでいる姿が映っていた。


■■■■■■■

ToLOVEる

もう何というか・・・

矢吹先生変態すぎます(相当な褒め言葉的な意味で)。


付けたら服や下着のみ透けて見えるって、どれだけ欲望が詰まったアイテムなんですか。

それでまあ、物凄い興奮するバカな話が展開されていくわけです。


で、一言モノ申したい!


ルンギリギリアウト
これ!私が選んだ眼鏡!
そんなダサイのよりこっちかけようよー!


・・・お?

ルンギリギリアウトの詳細

なん・・・だと・・・?

ちょwwww矢吹先生wwwやwwwりwwwすぎwwwwww

とかいうスレを作りたくなるようなこの描画。


さすがにこれは暴走しすぎじゃないのかな?

さてまあここでまた、単行本が気になるわけなのですが、自分としては・・・

矢吹先生のサイコキネシスでこの「リト視点」という文字が上に動くんじゃあないかと予想してみます。


■■■■■■■

今週は色々なマンガがかなりキてました。

ToLOVEるを筆頭に。

しかしあの作品・・・まさにトラブルも良いところです。

良く担当がOK出したなーと。

なんか担当の弱みでも握っているのでしょうか?


さて・・・

サイレンがまた面白くなってきそうです。

トリコもまた然り。

ワンピやブリーチもアツいですね。





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

ハヤテの16巻を読んで絶望した!

雪路が、昔はかわいかったことに絶望した!

これは薫先生が雪路に陥落することにも超うなずけます。


さて、薫先生を色々な意味で落としたという1コマです。

昔の雪路2
器用じゃん。かっこいいよ。

人差し指でビシッと指差されても、それが全く嫌味っぽく感じないほどのクオリティ。

このコマで、一体何人の雪路(昔の)ファンが登場したことか。

これがヒナギクと同スペックの身体の持ち主の力なのか・・・




この雪路が約10年後にどうなっているかというと・・・

ちょっと分かりやすいコマで比較してみました。

左が(おそらく)高校生の頃の雪路で、右が現在の雪路です。

昔の雪路  今の雪路
へぇ~ よくできてるじゃん。            ぷはぁ~

高校生の頃の雪路は、少し幼さの残る所謂かわいい童顔なのですが

三十路を直前にした今の雪路は、顔が微妙に緩みオヤジ臭さが漂っています。

とりあえず気になるのは服装と、髪型でしょうか。

制服を着なくなると、もう若くないと感じてしまうのは自分だけではないはず。

髪型は、自分的には活発なイメージのあるポニテから

ちょっとだらしない感じに外側に向いているショートヘアに変わっています。

あとは眉とかですかね?細かいところは分かりませんが。



こういった比較をして、一体何人の読者が絶望したことか・・・

その中の一人に、勿論自分が含まれるわけですが。


はー・・・
この当時のまま大人になってくれていれば・・・


薫先生のこのセリフにも物凄い共感がもてます。

正直、自分もこう思います。


さてこれが雪路だけの問題なら特に自分にとっては問題はないわけですが・・・

ヘタするとヒナギクが雪路と同じ道をたどる訳なのです。

それだけは勘弁してください畑先生・・・


今の雪路2
あれか!?妹からはフェロモンが出てるけど、私からは加齢臭が出ているのか!?
アホー!!加齢臭なんかまだ出てるかー!!!


頑張れ・・・雪路・・・





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

セミの鳴声が今年初めて聞こえてきた今日この頃

皆様元気にマンガをお読みになっているでしょうか?

自分は超読んでます。


電車内でニヤニヤしながら、おもにハヤテやら神のみやらを読んでます。

ハッ、そういえば両方ともサンデーだ。


最近なんでサンデーじゃなくてジャンプを買っているのかと疑問に思うこともあります。

しかし、やはりジャンプは面白いわけで。

今回レビューはしてませんが、アイシールドは終盤に差し掛かりアツい展開になっていますし

ワンピ、ナルト、ブリーチ、リボーンも面白くなってきた感じがします。

ToLOVEるは相変わらずの鉄板なエロですし

ダブルアーツも少し復活してきた感じがあります。

個人的にはサイレンが面白くなりそうです。


そして何より・・・

テニプリの作者の復活といちご100%の作者、エムゼロの作者など

ジャンプは多くの逸材を抱えているわけです。


■■■■■■■

トリコ

む・・・

トリコはフグ鯨の毒を取り除くのをココにやらせるつもりなのでしょうか。

先週の話では、毒を取り除くことが出来る料理人をココに占ってもらうという流れかと思ったのですが

どうやらココに毒を取り除かせるようです。

うーむ、ジジィ様が天才料理人説は崩れてしまったかな?


さて、それはそうと

それにしても・・・
死相・・・か


と、さり気なく小松さんを見たココは

ヤベ・・・
超見える・・・



Oh・・・

小松さん、死んじゃうの・・・?


■■■■■■■

ROOM303

第75回手塚賞準入選作品だそうです。

これは・・・面白い・・・

かも知れない・・・


こういうのをサスペンスって言うのでしょうか。

主人公の居る街は行方不明者の数が異常に多い。

主人公の周りでも、ついに5人目の行方不明者が出てしまった。


どうやら白屋敷という建物の、ある部屋に秘密があるようである。

その部屋には2つのルールがある。

1.この部屋では、自分が考えたことが他人に伝わってしまう
2.この部屋で得た情報は、外に持ち出すことが出来ない

この2つのルールが複雑に絡み、物語が進行していく。


いやしかし・・・

最後まで読んでも、結局オチが分からないというか

そもそも意味が分からない作品でした。


でも、何か面白い気がする作品なのです。

今後ジャンプで連載することがあったら、面白い作品を生み出してくれるかも知れません。


■■■■■■■

サムライうさぎ

バ・・・バカな・・・

サムライうさぎが終った・・・だと・・・?

しかも大量の伏線を残したまま・・・

というか、最終回である今週でさらに伏線を増やしているような感じでしたが

これは武装錬金のような感じで、別誌で連載を終らせるという寸法でしょうか。


「サムライうさぎ」特別編、夏の赤マルに掲載決定!!

だそうで、とりあえずはまだ終っていないということを念頭に

ジャンプから去ってしまうサムライうさぎに黙祷。


あー、しかしまだ何も解決しないまま終ってしまったことが非常に悔やまれます。

この作品を終了させて、一体何を始めるつもりなのか?てな感じです。


まあしょうがない・・・

これが・・・ジャンプのようです。

いずれにせよ、夏の赤マルは確実にチェックしなければ。


■■■■■■■

なんか週を追うごとに、レビューしたいマンガが減っているような気がします。

今回は3つのマンガについてしかレビューしていませんし

しかも、そのうちの1つは読みきりです。


これは・・・ヤバイ・・・のだろうか?

それとも自分の読みたいマンガが少なくなっているだけなのか。





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

色々なところで話題に上がっている「神のみぞ知るセカイ」が面白そうだったので、買ってみました。


発売日当日・・・

朝からやっているコンビニ+本屋のような店に行って見つからず

学校の近くのコンビニ2件でも当然のように見つからず

帰りに乗り換えの駅にある本屋に寄ったが見つからず

そして最寄り駅のデパートの本屋に寄ったが見つからず。

あまりにも発見が困難であったため、初日の購入は諦めました・・・

帰ってから発売日が延期していないかをチェックしたのですが、どうやら普通に発売されている様子。



発売日の次の日・・・

小学生くらいの頃に随分とお世話になった、家の近くの文房具屋に寄ったが見つからず。

次に寄った、最寄り駅の近くのデパート2の本屋にて・・・ついに発見しました。

置いてあった2冊のうち1冊を前に居た男が購入していたことに妙な共感を覚えつつ

まさに最後の1冊であったものを購入しました。

コンビニも合わせて実に7件目の店でようやく発見ですよ。


さてこの「神のみぞ知るセカイ」ですが

某ギャルゲを5分程度しかプレイしたことがない自分が見ても、間違いようのないギャルゲマンガです。

**********設定**********
主人公の下に、駆け魂討伐のために地獄から派遣されたエルシィという悪魔が来る。
主人公はエルシィと契約し、エルシィと共に駆け魂討伐をすることになる。
駆け魂は地獄から抜け出した悪人の霊魂で、女の子の心のスキマに隠れている。
その女の子を恋に落として心のスキマを埋めることで、駆け魂を討伐することが出来る。
駆け魂は、相当数を討伐する必要がある。
************************

要するに駆け魂が逃げ込んだ女の子を陥落させていくことが、マンガの中心に据えられていると言えます。


ここで書いておかなければいけないことは1つ。

主人公は、駆け魂が隠れている女の子を好きである必要はないということです。

駆け魂が逃げ込んだ女の子は、別に主人公が好きな女の子であるという制限はないですし

そもそも主人公は現実の女の子には全く興味をしめしていないわけです。


一方、ラブコメの定義なんてものがあるかどうか自分は知りませんが

確実にその前提条件となるであろうものは1つ挙げられます。

それは・・・

主人公とその相手が、互いに好き合っていること。

だって、これがないとお互いの心の動きとか苦悩とか動揺とか照れとかラブ臭とか告白とかその後の展開とかが面白くないじゃないですか。

すれ違っていた心がようやく重なったときの、超けしからん気持ちとかに共感できないじゃないですか。

そもそもラブに陥落することがありえないわけで。


この1点を無視している時点で

「神のみぞ知るセカイ」は、果たしてラブコメであるのか?

という疑問が沸くわけです。


現実なんてクソゲー
ボクが好きなのはゲーム女子だけさ!!
現実(リアル)なんてクソゲーだ!!


主人公は激しく逸脱した信念の持ち主のようであり

どう考えても、現実の恋とか出来そうにないタイプの人間なわけです。


実際

ゲームに失礼
現実(リアル)とゲームを一緒にするな。ゲームに失礼だろ。
あれが陸上部?ボクに言わせればあんな精度の低い陸上部はない!!


明らかに現実の女の子を、ゲームの女の子よりも低く見ています。

いや確かに共感するところも無くは無いのですが。


ラブコメの前提条件を無視しているように思われる「神のみぞ知るセカイ」ですが

なんだかんだ言って自分は、超面白くラブコメとして読んでいるわけです。


現実の女の子を見下すようなレベルで見ていた主人公ですが

実際1人目の女の子を恋に陥落させ、攻略したところで・・・

明日も応援に来てくれる?
明日も・・・応援に来てくれる?
う・・・うん・・・


自分が陥落させた現実の女の子の可愛さに陥落したと思われる主人公。

オッケーイこれを待っていたんだ。

お互いに恥らう表情のコレこそが、ラブコメの中核なわけです。


その後、主人公に対して話を振ってきた女の子に対して

おめでとう。

の一言。


今までの主人公なら確実に発さなかったであろうその一言に対して、一番驚いているのは主人公。

現実なんてほうっておけば良い
な、何を言ってるんだ、ボクは!?
もう無関係だろ!!現実(リアル)なんてほっとけばいい!!


だってこれまでの主人公の中では、現実の女の子になんて価値はないのだから。

現実の女の子に話しかけられたところで、必要最低限の会話しかしてこなかったはずです。


それが、わざわざ祝福の言葉を送るということは・・・

どうやらこの主人公、現実の女の子の価値を認め始めてきたようです。

ただ、それを本人は必死に否定しようとしているのですが。


そして2人目の女の子では

手くらいでドーヨーしないで
じゃ、はい。手 握って。

と、女の子に手を握られた主人公は

ビクッ

っと、緊張をあらわにするわけです。

超オッケーイ。


設定と最初の数ページを見る限りでは、ラブコメじゃないんじゃないか・・・?と思っていたのですが

「神のみぞ知るセカイ」はギャルゲマンガであり、異端ではありますが立派なラブコメであるようです。


「神のみぞ知るセカイ」

オススメです。(ギャルゲとラブコメ的な意味で)





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

諸君、私はハヤテのごとくが大好きだ。
特に、ヒナギクと西沢さんが大好きだ。

なんてことを自分の紹介のところに書いているわけですが

先日、ハヤテのごとく!の16巻が発売されました。


趣味:マンガとネトゲ(ネトゲは無料で遊べる)
お金:常時金欠

という2つの条件を持つ自分のお金の使い道といったら・・・

飯や移動などの必要経費と、マンガに限られるのです。

要するに、娯楽に使うお金の実に90%以上がマンガに当てられるわけです。


そうなるともう

楽しみなマンガの発売日の前日には、遠足を明日に控えた小学生よろしく早めに布団にもぐりこみ

そして中々眠れなくなるという自爆をかますわけです。


で、16巻なのですが

超オッケーイでした。

ガッツポーズとりまくりですよ。

Guts pose in my mind ですよ。だって電車の中だから。

英語の正誤は相当怪しいものですが・・・

最初の2話だけで、多分10ガッツくらいありました。

やはりハヤテとヒナギクのタイマンは、死亡フラグ溢れる緊張感の中にラブ臭が立ちこめていて

ハラハラしつつニヤニヤしつつ読めるという、なんとも不思議な雰囲気をかもし出します。


評論家的に言うと・・・
ツンデレが内包する恋心と鈍感な執事が有している緊張感と憧れによる時計の針のような行き違いながらも時に重なり合う二人の葛藤しつつも素直であるという複雑な心模様をダイナミックに表現することに成功している実に技量が高く評価されるべき2話である
とかそんな感じです。


さて、内容についてですが・・・

ようやくヒナギクが陥落ました!

前から自分の恋心には気づいていたわけですが

ヒナギク 負けた気がして・・・
自分からスキとか言うなんて・・・
なんか負けた気がして悔しいじゃない。


という

「ささやかに分からないでもない」

などの2重否定を使う程度に共感が出来るような出来ないようなことを言っていたヒナギクが

ハヤテに少しでも気づいてもらうために、素直になる。

というのが今回の話の中核だったわけですが。


しかし、ツンデレのキャラがそのツンをなくしたらどうなるか・・・

その行く先は決まっています。

バランスを崩したキャラは、笑顔が逆に恐いという一触即発的な地雷キャラへと変化するわけです。


ハヤテはその地雷を、ディ○ニーシーらしき遊園地の魔法で除去したのです。

何かのアトラクションのトロッコに乗っているときのヒナギクの目の光り具合は

虫捕りをしている少年達のような見事な輝きでした。


そして、ある予感をせざるを得ない発言が出ました。

少し素直なヒナギク
きょ・・・今日は・・・ハヤテ君と一緒だから・・・
より・・・楽しいわよ!!


普段素直じゃないキャラが素直になると

その破壊力はビックバンインパクト並に高いというのは国際標準のレベルで常識なわけですが

その国際標準を実に王道的に利用したこのコマの破壊力は、特筆すべきものがあります。


そして、その完全に成功を収めたといえるデートの帰り道にハヤテは

本当のことを言うと・・・
頼まれたんですよ・・・花菱さんたちに。


今日のデートは、最初から自分が望んだものではないということをヒナギクに告げる。

何かを期待して、ハヤテが自分をデートに誘ってくれた理由を聞いたヒナギクの思惑は見事に崩れ

ディ○ニーシーの魔法が脆くも消えかけたとき、ハヤテが2つのマジックフレーズを口にする。

・今日は僕も・・・ヒナギクさんと一緒でうれしかったです。
・帰りの電車賃・・・貸してくれませんか?


この男、どうやら天才のようです。


そんな天才に呆れ、業を煮やしたヒナギクは

私はね・・・
観たい映画に誘われたからって・・・ そんなの・・・


ヒナギクが告白
好きな人とじゃなきゃ観に来ないわよ!!


オッケーイ!

超ガッツポーズをとる自分。

もちろん心の中で。だって、やっぱり電車の中だから。


まあ、ヒナギクの声は電車の音にかき消され、ハヤテにはほとんど届いていないのですが

これでヒナギクとハム沢さんがようやく同じ土俵に立ったというところでしょうか。


これで多分、ヒナギクとハム沢さんとハヤテの話はひと段落ついたという感じでしょう。

この話が次に進展するのは一体いつになることやら・・・


次巻ではハヤテの過去、つまりアーたんの話になるそうです。

これについては、多くの人がアーたんに対してニヤニヤしているようなので・・・

やっぱり実に楽しみなわけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

読んでみて、確実に印象に残るであろうものが2つほどありました。

読んでいる人は分かると思いますけど、PSYRENとサムライうさぎです。


電車内で読んでいて

これはキタ!

と、ガッツポーズをとりたくなるような、それほどのものです。


茶道では確か「結構なお手前で」という言葉が使われると思うのですが

「結構な破壊力で」

という表現はいかがでしょう。


■■■■■■■

アイシールド21


来たァアアアアアア!!



良く分からないですが、モン太が鷹に競り勝っていたようです。

アメフトでは普通、プレーをする前からどういったパスを投げるかが決まっているようです。

おそらく鷹は、選手の動きを見てどこにどういったパスが来るのかを完全に予測して

そのパスコースを潰しに行っていると思われます。

その中、ボールの支配権が交代しまくるというイレギュラーな事態が起こり

通常ではあり得ない、打ち合わせにないパスをモン太が求めたわけです。


捕れるのか君は・・・雷門
もし今のパスが投げられていたなら



そして帝国が大会初のタイムアウト。

ようやく、少しずつ試合が動いてきた感じがします。


■■■■■■■

トリコ

虹の実の話が完全に一段落し、次のターゲットはフグ鯨という生物のようです。

そしてその生物の名にふさわしく、随分とヘヴィな毒をお持ちのようで。

まずはその毒を取り除くことが出来る料理人を探すことが目標のようです。

それで先週号から出てきた、グルメ四天王の一人の占い師ココに占ってもらう流れみたいです。


でもその料理人って・・・

絶対、一緒に電車に乗ってたジジィじゃないか?

物凄い勝手な予想ですが、それくらいでないとジジィの伏線は回収できない気がします。


いやーしかし

ちょっと前にトリコの捕獲可能レベルを30程度かと予想してみたんですけど

ココのフルコースメニューを見ると

リードラゴンの涙 (捕獲レベル21)
ブレオカジキ    (捕獲レベル18)
G2フェニックス  (捕獲レベル25)
ネオトマト     (捕獲レベル12)
ドムロムの実   (捕獲レベル30)


レベルたかっ・・・

しかもコレで四天王一の優男というのだから、トリコの捕獲レベルは50はありそうです。


■■■■■■■

ToLOVEる

ヒロインが古手川に移りそうな件について。

最初はもうどう見ても春菜がヒロインだったわけですが・・・

最近は、人気が出てきたのか古手川がヒロインのような流れが続いております。


なんかこういう真面目な、確実に委員長キャラにカテゴライズされるようなキャラが

陥落るその流れが、見ていてこう・・・心躍るわけですよ。


■■■■■■■

PSYREN -サイレン-

サイの修行も中々にアツいのですが、今週で注目すべきコマは、間違いなくコレ。



土曜日の朝早く、望月により起こされた時の雨宮。

超寝ぼけまなこで

えくれあ・・・?
えくれあがわたし達に何の用なの?


これは陥落る・・・


■■■■■■■

サムライうさぎ

ごっちんの母さんが来てからというもの、家事のスキルレベルの差に驚いたためか

志乃が物凄い頑張りを見せるようになったようです。


しかし、夜遅くまで家事をやっているため朝寝坊をしてしまう。

朝寝坊をしてしまった志乃に対して

月を目指さずとも・・・ 懸命に跳ねずとも・・・ うさぎは・・・
一緒に居るだけで、気持ちがとても和む。


その背景には、結婚した当初のごっちんからの提案があった。

緊張しすぎて眠れなかったごっちんが、寝床を別にしようと言った、アレです。


そんなことを言われないように

ごっちんにふさわしい立派な妻になるように

志乃は懸命に頑張っていたようです。


そして、わだかまりが一つ消えた二人は・・・



けしからーん!

なことになりました。


■■■■■■■

今週号も色々な意味で心が躍りました。

サムライうさぎのインパクトは反則。

雨宮の寝ぼけ姿はチート。

古手川の委員長ツンデレは超王道。


結構な破壊力が、ジャンプにはあるじゃないか・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

顔も分からない。

声も聞いたことがない。

そんな人たちが、本気で自分のことを助けてくれる。


時に無責任な彼らは、時に誰よりも自分のことを心配してくれ

見ず知らずの自分のために、本気で悩んだり祈ったりしてくれる。


現実に顔を合わせたことがない彼らの結びつきは、人によっては特異に感じられるかも知れません。

その絆は強く、現実でのつながり以上の団結力を示したりもします。

ですが中には、そういった人間関係に疑問を持つ人もいるかもしれません。


確かに現実で顔を合わせてのやりとりとは全く違った世界です。

しかしそのやりとりには確固とした価値、絆があります。

インターネットでチャットや掲示板でのやりとりをしたことがない人でも

この作品を読めば、少しでもネット上のやりとりを理解してもらえるのではないかと思います。


さて電車男ですが

多くの人は大雑把なストーリーは知っているかと思いますので、簡潔に書こうかと思います。


電車の中でヨッパライからエルメスを助けた(?)電車男に対して

ありがとうございました・・・
ぜひ今度お礼をさせてくださいね。


と言っていたエルメスから、カップのお礼が届く。


電車内でヨッパライと戦ったことを2chに書き込んでいた電車男は

興奮しながら再び2chへと書き込みを始める。

可愛らしい封筒&便箋&字ですよ!(;゚∀゚)=3ムッハー!!
なんかいい匂いもするような気がする(;´Д`)´`ァ´`ァ


その電車男に対して、2ch住人達がアドバイスやらツッコみやらをする。

卓球瓶ってことは・・・
電話番号もゲッツ?


伝票に電話番号が書いてあるわけで・・・

それを知った住人達はお礼の電話をかけるよう電車男に勧めまくる。

しかし、女の人に電話なんかかけられーんと言って戸惑う電車男。

そこに、神の一声が発される。

で、そのカップどこの?


HERMESって書いてあるけど。どこの食器メーカーだろ

自分がもし電車男の立場に居たら一言一句間違うことなく発したであろう言葉に

住民達はヒートうpしまくる。


HERMESとはもちろん、自分や電車男ですら聞いたことのある有名ブランドのエルメス。

こんなに良いものをもらってしまったからには、絶対にお礼をしなければ・・・

エルメスからの大きな感謝の気持ちと住民達の後押しもあり、電話することを決心した。

そして・・・

電車男が勇気を振り絞ってかけた電話に、留守電の機械的な音声が響いた。


結局エルメスとの電話がつながったのは、次の日の夜。

どうやらエルメスは、本気で電車男に感謝しているようだということが感じられる電話内容であった。



見ず知らずの電車男の頑張りに対して、本気で喜び・本気でアドバイスをしまくる住民達。

インターネット上のやり取りに慣れて居ない人たちから見ると特異に映るかもしれませんが

見ず知らずの人だから逆に純粋に応援できるというか、サポートできるというか・・・

うまく言い表せませんが、応援したくなるのではないでしょうか。


カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え
カップのお礼に食事に誘え



この助言に対してビビりまくる電車男をほったらかして、住民達は盛り上がりまくる。

誘うときの文面についての話や、お金はワリカンにするかどうか

あまり気を使わないでくださいという風に断られたらどうするか・・・?など

このスレを見ている100人だか1000人だか10000人だかのアイディアが集結するわけです。


そしてなんとか取り付けた初デートに対しても、アドバイスが飛び交うのです。

当日までに何を用意すれば良いのか、服装はどういったものにするのかなどなど・・・


住民達に支えられ、助けられての初デートにて


はい♪ちゃんと掴んでますから!

という名言。

エルメスのキャラと電車の一途さに住民達は骨抜きにされ、より一層の発展を願うわけです。


服装や髪型などをイケメン風にして初デートを終えた電車は、少しずつ成長していく。


2回目のデートでは、エルメスが友人を連れてきて良い雰囲気の中で無事に終了し

3回目のデートでは


大丈夫です・・・ ちゃんと掴んでますから・・・

このような行動をしてみたり。

うーん・・・実にけしからん。


年齢も性別も分からないネット上のやりとりでは



中学生>そこまで行かないと、逆に不自然じゃないか・・・?
中学生>中学生ならいざ知らず、二人とも大人なんだし・・・

じじい様>これはナイスな意見!

スキンヘッドおじ様>聞いたか電車!これが経験者の考えだ!



こんなこともあり得たりするわけです。


そして、5回目のデートのときについに・・・


大事な話があるんです・・・

最初は電話一本かけるのにすら戸惑っていた電車男が

ついにここまでたどり着きました。

住民達のアドバイスやエルメスの感謝の気持ち、そして何よりも電車男の頑張りが

この物語をある種の伝説まで昇華させたわけです。




この後のことは誰しもが知っている結末です。

ここではあえて書くようなことはしません。

物語としては結がないのかも知れませんが、電車男の成長を追う上ではこれ以上は蛇足なのです。


歴史上のすばらしい名画を目の前にして、額縁の汚れを指摘するようなものだ。

そういったのは金城一紀ですが、まさにこの言葉に尽きると思います。


さて・・・電車男の話はこれで終わりです。

結末が気になってしょうがない人は、電車男でググればまとめサイトが出てきます。

そこには2chに書かれたそのままの文章がまとめてあります。

当然この記事よりも詳細までハッキリと分かりますし、その後の話についても少し記述があります。


2chは非常に有用なものです。

一日何千万のアクセスがあるかは知りませんが、それだけの人の意見が集結しているわけです。

その中には、100万人に一人の経験をしている人も混じっているでしょう。


ただ、勘違いしてはいけないことがあります。

この物語は確かに2chで作られていった物語です。

しかしながら、今はもう2chには電車男は居ません。

中の人が同じだったとしても、同じ電車男として書き込みするなどということは99%ないでしょう。


この物語が流行った当初、電車男を目指した一般人が書き込みをしまくったそうです。

ネット上にもルールがあるということを知らずに。

半年ROMってろ

この言葉の意味が分かり納得してからでないと、2chに書き込みをするのは控えた方が無難でしょう。


電車男という物語の面白さ
ネットもとい2chの面白さ
ネットもとい2chのルール

この3点を何となく感じていただけたら幸いです。





このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

学会の概要×2

ゼミの発表

親父が講演に来るからその準備


なんてことをやっていたら、全く更新できませんでした・・・

Myライフのネトゲも全然出来ず、下手すると1週間くらいのブランクが出来てしまったかもです。


ただ、忙しい中でも電車の移動中だけは何とかマンガを読んでいるので

これからは何とか普通の更新が出来そうです。


さて今週のジャンプは結構面白かったです。

まあ

GAG祭という企画では、一つを除いて完全に読む気をなくしてしまうような代物でしたが・・・

でも、綴じ込み付録のマンガは面白かったです。



■■■■■■■

トリコ

やはりトリコは化け物でした。

虹の実を持ち帰ったトリコは今宵、虹の実を味わうべく小松さんのレストランを貸切り夕飯を食っていました。

100㎡くらいあるテーブルに溢れんばかりに盛られた料理がことごとく食われていました。

い・・・一体何十人分食べたんだ?
いや、何百だろ 3桁は軽く超えてる・・・!


小松さんのレストランの食材を全て食い尽くしたトリコは


腹一分目ってとこか・・・

だそうです。


ん・・・?

ちょっと待った。



!!

このHIGE面は・・・

間違いない、たけしだ。


週間少年ジャンプだけを読んでいる自分にとっては、作者突然のタイーホにより

物語の佳境に入ってここからが面白いところだ!というところでいきなり謝罪文が載ったという

なんとも生殺しな感じのする、あのね商法を遥か凌駕する悲惨な結果を迎えたマンガなわけですが。


このキャラがまたジャンプに載る日が来るとは思いもよりませんでした。

まあ、今週の綴じ込み付録?の中にも懐かしきたけしのキャラが数名出ていたわけですが。


さて、虹の実ですが

・・・おいおいジョーダンだろ・・・果汁が蒸発して”虹”が出来てやがる・・!!

と、まさにこの言葉がジョーダンだろ、とツッコミたくなるような形容詞で現されていました。


生唾をダラダラゴクゴクしながら小松さんが持ってきた虹の実・・・

スプーンで口に入れて、口からスプーンを引き抜くまでに

マジかよ 口の中でもう、味が4回も変化したぞ!!

そして糖度が物凄い高いらしいです。

完熟マンゴーがどれほどに甘いか知りませんが、それを数百個凝縮したような甘さだそうです。

自分は某マッ○のオレンジジュースの原液(確か200倍に薄めたものを販売している)を

飲んだというかなめたことがあるのですが、正直味覚がおかしくなりそうでした。


まあそれはそれとして

あ・・・ 味のデパートかよ!!!

これもジワジワきますね。

自分としてはトランクスの親父の言葉がよみがえりました。

「まるでスーパーサイヤ人のバーゲンセールだぜ・・・」


こうして、トリコ フルコースメニューのデザートが決定したのです。


■■■■■■■

ダブルアーツ

スイが一瞬で負けた・・・

ファラン超ツエェ・・・


さて、キリとエルーですが

けしからん位のノロケっぷりなのですよコレが。

これまでスイが最強だと思っていたキリでしたが、そのスイがファランに一瞬で負けたところを見て

強さの上限が分からなくなり、自信を失いかけていたわけです。

そしてそのキリを励ますエルーに対して

ありがとなエルー いっちょう頑張ってみるよ

初めてエルーのことを名前で呼びました。

このあとはもう、ケシカラーンの連発でした。


■■■■■■■

メイド in Cat

少し前に終ってしまったメゾン・ド・ペンギンの作者が読みきりで復活しました。

この作者は久々にセンスの光るギャグマンガを読ませてくれました。

ただ、後半はどうにもネタ切れ感が否めず、あえなく脱落してしまったという感じでしょうか。


さて、今回の作品は・・・

昼間は猫だけど、月の光を浴びると人間になるという半獣たちが

昼間は猫カフェで、夜はメイドカフェで働くという物凄い設定でした。


いやしかし相変わらずセンスが光ってます。

連載当初と比べて線が随分太くなっていて、最初はこの作者だと分からなかったのですが

全体を通して読んでみると、やはりこの作者の味が出ているな、と思います。


ただ、オチはヒドかったです。

個人的には良い意味で。

カフェで働いている半獣の一人が泣きながら帰ってきて、半獣の彼氏と別れたことを話すのですが

相手の別れる理由が・・・

男として・・・キミを愛し続ける自信がなくなったんだ
オレ・・・昼は飼い猫として暮らしてるだろ・・・そいつらに
去勢された。


思わず股間を押さえました。


■■■■■■■

バリハケン

なにやら主人公の、小学生の頃に一緒にいじめられていた友達が出てきたようです。

完全なるラスボスのような感じで。


敵の投げるクナイを

秘技 同人誌返しでなんとかかわしたり

全身に青空スクリーントーンを貼って青空柄の壁に擬態したり



ただこれは、股間の部分にモザイクトーンを貼ってしまって結局バレてしまいましたが。

そして走りながら3コマで番長コスを施したりと

もう完全に忍者でした。


そしてついに追い詰められた主人公の前に

カシュとモンブランが登場。

そしてここはオタクの戦場ゆえに、間違いなく女番長もいるでしょう。


さて・・・

終るためのパーツは全てそろってしまったわけですね、わかります。


■■■■■■■

さて今週のジャンプは・・・

中々面白かった気がします。

特に、レビューはあまり多くは行っていないのですが

メイド in Catは久々にギャグ方向でのヒットでした。

うーむ、連載復活してくれないだろうか・・・


あとはサイレンもアツくなってきました。

望月のライズがカッコいい。

キャラごとにそれぞれ特性が出ていて

水見式みたいな方法や、性格判断で特性を把握できそうな予感もしますが。


あとはアイシールドも終盤に差し掛かり

本物のアイシールド21が出てきて、今まさに戦っているわけですが

まだまだボコボコにされそうな予感がします。

そういえばアイシールド21の謎について何も触れられていないのですが、これは特に何も無いのでしょうか。


自分が散々危ないんじゃないかと言っているジャンプですが

意外とまだまだ面白い作品が残されているようです。

これからも購読は続きそうです。




このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします
Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。