■■ジャンプやアニメ・漫画などの感想・考察■■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/12(火) 10:28:57.11 ID:mSvnUuDQ0
ソース
http://dbcp.jp/products/ministop.html




変なのもあるけど、普通においしそうな件。

130313ピザ玉
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします
スポンサーサイト

漫画アニメゲームじゃありがちだけど
 
現実には無いもの挙げてけ





真っ先に思い浮かんだのがラッキースケベでした・・・


120902恋染紅葉


一体どうなればこういう体勢になるのかと・・・


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします

毎年の12月に刊行されているこのマンガがすごい!シリーズですが…
名前は良く聞くのですが、内容を全く知らなかったのでとりあえず調べてみました。

【概要】
もともとは『別冊宝島 いきなり最終回』などの流れをくむ別冊宝島シリーズとして、1996年と2004年に刊行された。2005年より「このミステリーがすごい!」「このライトノベルがすごい!」などと同様のスタイルで年度版化(毎年12月に刊行)。

大学の漫画研究会、書店員、ライター、イラストレーター、編集者、評論家、俳優、声優、放送作家、お笑い芸人、ミュージシャン、スポーツ選手、アイドル、小中学生、マンガ系の専門学校生など、有名無名問わず、70~150名前後のアンケート参加者が、前年10月1日から発行年9月30日までに単行本が発刊されたタイトルの中から、最も面白かった5作品をランク付けし、1位10点、2位9点、3位8点、4位7点、5位6点として計算し、総合順位を決定する(2009年版までは6作品を選び、6位作品を5点としていたが、2010年版より5位作品までに変更)。ただし、小中学生やマンガ系の専門学校生に関しては、1票1点で集計。

2006年度版、2007年度版はオトコ版、オンナ版に分割して刊行されていたが、2008年度版(2007年12月5日発売)より1冊にまとまった。また、2008年8月には、漫画家インタビューをメインに据えた別冊『このマンガがすごい! SIDE-B』も刊行した。
by Wikipedia(このマンガがすごい!)



なるほど、偏りの無いように幅広い参加者からアンケートをとって決めているもののようです。



ただ、何というのでしょう。
個人的には、有名すぎずマイナーすぎず、かつ無難な作品が選ばれるイメージがあったのです。
そこで、思いっきり偏りはあるでしょうけども、2chにスレがたっていたので紹介を。


続きは追記より
↓↓↓↓↓↓↓
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
←よろしければポチッとお願いします
Copyright © アスまんが. all rights reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。